結婚式場ならマイナビウエディング > 結婚式準備最強ノウハウ > 結婚前コラム > イマドキ男女の腹のソコ > 安心安全の国内が意外と健闘! 今ドキの新婚旅行、人気の行き先は?

男女の結婚・恋愛観はこんなに違う! いまドキ独身男女の腹のソコ!
2014年1月29日

安心安全の国内が意外と健闘! 今ドキの新婚旅行、人気の行き先は?


結婚式に次ぐビッグイベント、新婚旅行。最近では挙式直後の出発にこだわらないカップルも増え、行き先やスタイルも多種多様になってきていますね。そこで今回マイナビウエディング編集部では、「今ドキの新婚旅行事情」についてアンケート調査してみました。

■全体の4分の1が新婚旅行に「行きたくない派」 がんばって思い出作りしたくない??

まず、新婚旅行自体に行きたいという人がどれくらいいるのか調べてみました。

Q. 新婚旅行に行きたいと思いますか?
 はい…74.5%
 いいえ…25.5%

やはり「行きたい派」が主流のようですが、「行きたくない派」も意外と多いですね。「行きたい派」の理由としては、「一生に一度の記念だから」「ふたりでゆっくり旅行ができるのも今だけ」「そんなときじゃないと長期休暇が取れない」といった回答が多数を占めました。

反対に気になるのは、「行きたくない派」の主張。「お金がもったいない」「面倒くさい」なんて理由も多かったのですが、「結婚式直後の忙しい時期に無理に行って、いい思い出になるか疑問。落ち着いてから行きたいときに行けばいい」(男性/33歳/自営業)、「がんばって思い出作りしたくない」(男性/29歳/運輸・倉庫)など、「形式的に旅行することへの意味をあまり感じない」という回答が多数寄せられました。確かに、それも一理ありますね!

では、「行きたい派」のみなさんに、どんな所に行きたいのかも聞いてみましょう。

■一番人気は定番のヨーロッパとビーチリゾート でも国内も意外と健闘!

Q. 行き先はどんなところがいいですか?  ※複数回答可
 ヨーロッパ(フランス・イタリア・スペインなど)…49.3%%
 ビーチリゾート(ハワイ・タヒチ・モルディブ・ニューカレドニアなど)…46.9%
 国内旅行(熱海などの温泉地、沖縄・北海道・軽井沢などのリゾート地)…26.7%
 歴史遺産を巡る旅(エジプトのピラミッド、マチュピチュ遺跡、万里の長城など)…17.0%
 大自然の中でアウトドア(オーストラリア・カナダなど)…12.1%
 アメリカでエンターテイメントを満喫(ロサンゼルス・ラスベガス・NYなど)…11.6%
 秘境でアドベンチャー(南米のジャングルやアフリカの砂漠、少数民族の村など)…5.4%
 気軽にアジア旅行(韓国・台湾・香港・タイ・インドネシアなど)…3.8%

ダントツの人気は、やっぱり定番のヨーロッパとビーチリゾート! 
次いで、意外と健闘したのが3位につけた国内旅行です。「新婚旅行と言えば今や海外が定番??」と思っていましたが、なかなかの票を集めました。その理由とは一体なんなのでしょうか?
「新婚旅行はトラブルなしにしたいので、安全性の高い国内がいい」(男性/34歳/情報・IT)
「海外だと言葉の壁という問題もあるので、気軽な国内がいい」(男性/30歳/小売店)
最も多かったのが、安心安全を重視する声。新婚旅行は、余計な心配やストレスに煩わされず、落ち着いて過ごしたいという人がずいぶん多く見られました。

「海外に行くより、その分国内で豪勢に遊んだほうがいい」(女性/27歳/学校・教育関連)という考えも。普段なかなか行けない高級宿に泊まったり、豪華な食事を楽しむのもいいかもしれないですね! そして「温泉でゆったり過ごしたい」(男性/26歳/無職)と、温泉人気がけっこう高かったのも印象的です。

また、「国内にもまだ行ったことのないステキなところがたくさんあるので」(女性/30歳/不動産)など、「日本の良さを再発見したい」という意見も目立ちました。

その他の行き先については、みなさんそれぞれの希望や事情があるようです。
「普段なかなか行けないところがいい。マチュピチュは移動距離が長く、行くだけで疲れそうだから若いうちに行っておきたい」(女性/27歳/生保・損保)
「アメリカでエンターテインメント! 会話に事欠かなそう」(41歳/男性/機械・精密機器)
「老後には行けなそうなところでアクティブに過ごしたいから秘境!」(女性/29歳/学校・教育関連)
「自分の収入も低いので、現実的に行けるところとなるとアジア」(33歳/女性/小売店)

一生に一度の新婚旅行、行き先はどこであれ、ふたりだけの最高の思い出を作りたいものですね。

※アンケート対象
調査時期:2013年11月26日~2013年12月16日
調査対象:マイナビニュース会員
調査数: 20〜50代の男女500名
調査方法:インターネットアンケート

(文/杉田裕実)

< 「子ども」への理想で相手と意見が違ったら......結婚はあきらめるべき?  |  一覧へ戻る  |  友だちから言われた、自分の恋人についての「うれしかったセリフ」 >