結婚式場ならマイナビウエディング > 結婚式準備最強ノウハウ > 結婚前コラム > イマドキ男女の結婚観 > 一緒に飲みたい!? 酔っぱらいは嫌!? 結婚相手はお酒が飲める人がいいですか?

カップル応援キャンペーン

ファミリーウエディングフォトアワード

イマドキ男女の結婚観
2014年9月07日

一緒に飲みたい!? 酔っぱらいは嫌!? 結婚相手はお酒が飲める人がいいですか?


お酒を飲む人・飲まない人では、時間やお金の使い方が結構違いますよね。また、酔っている人としらふの人ではコミュニケーションがきちんと成り立たない場面もあり、結婚生活において「相手がお酒を飲むかどうか」が及ぼす影響はそれなりにあるようです。そこでマイナビウエディング編集部では、「結婚相手は、お酒は飲める人がいいか」について男女にアンケートを実施しました!

■ 結果は真っ二つ! 強いこだわりがある人も

Q.結婚相手は、お酒は飲める人がいいですか?
・はい(51%)
・いいえ(49%)

飲める相手がいい、飲めなくていいという意見が、ほぼ真っ二つに割れる結果に。「全く飲めないよりは飲めたほうがいい程度」「飲めない人なら送り迎えをしてもらえるし、飲める人なら一緒に楽しめるのでどちらでも」といった寛容な意見もあり、強いこだわりがない人も少なからずいましたが、一方で「お酒を飲む女性は好まない」「たくさん飲む男性には嫌悪感を抱いてしまう」「絶対に一緒に飲める妻がいい」「下戸の男性は無理」などと明確に主張している人もおり、“お酒”が結婚相手の重要な条件と感じている方は、男女とも一定数いることがわかりました。

■ 話し相手が欲しい!? 人間関係が豊かに!? 「飲めたほうがいい」派の意見

<お酒を飲める相手がいい理由・男性編>
1位) 一緒に飲みたいから
2位) 話し相手になってもらえるから

飲める相手がいい理由、男性の1位は圧倒的に「一緒に飲みたいから」。「飲めると外食の幅も広がる」「酒飲みの気持ちもわかってくれそう」といった意見が目立ちました。2位は「話し相手になってもらえるから」。「飲むと本音の部分で話せる」なんて意見もあり、夫婦で飲んで話す時間を持ちたい、という男性も少なからずいるようです。ただ、「たしなむ程度で。呑兵衛は×」など酒量を気にする声もあり、中には「祝いの日に、コップ1杯位付き合える人が理想」など具体的な目安を挙げる人も。「酔うと色っぽくなるから」なんて男性らしい視点の意見もありました。

<お酒を飲める相手がいい理由・女性編>
1位) 一緒に飲みたいから
2位) 多少飲めたほうが本人にとってよさそうだから

女性側も1位は「一緒に飲みたいから」。「休日前にワインを飲みながらDVD鑑賞をしたい」と、かなり具体的なプランを挙げてくれた人もいました。次に多かったのが、「お付き合い程度に飲めると外で安心」「本人の人間関係が豊かになりそう」など、男性の健康や社会的立場を配慮しての愛情深い意見でした。そのほか、「一緒に晩酌したいけど呑兵衛は嫌。お金がかかる」と経済面を気にする意見や、「私が飲めないから、楽しそうに飲む姿を見ていたい」といった微笑ましい意見も挙っていました。

■ お金がかかる!? 苦労が多くなりそう!? 「飲めなくていい」派の意見

<お酒を飲めない相手でいい理由・男性編>
1位:自分が飲めないから
2位:お金がかかるから

続いて、飲めなくていい派の意見。「自分が飲めないから」が大多数でしたが、「お金がかかる」という理由も多く、やはり飲まない人にとって“酒代”は結構気になる点のようです。「お酒より、おいしいものにお金を使いたい」「ひとりの晩酌で満足できる」という人も。また、一部には「体を気遣う」などの優しい意見も見られましたが、「ふたりで飲むと金がかかるし、誰が帰りの車を運転するの?」「自分が酒豪なので、止めてくれる環境がほしい」など、妻となる女性が苦労しそうな(!?)意見も見られました。

<お酒を飲めない相手でいい理由・女性編>
1位:自分が飲めないから
2位:酔っぱらいが嫌いだから

1位は女性も同様でしたが、次に多かったのが、酔っぱらいを嫌う意見。「酔っぱらいは面倒くさい」「飲めないほうが、揉め事がなさそう」「飲んでいるときは本当のことを言っているかわからなくて嫌」など、辛辣な意見が多数。「飲む家庭に育っていないから」「親戚に酒乱がいて、いいイメージがない」など家庭環境を挙げる人も複数いました。

また、お酒を飲む女性の中にも、「飲めなくても晩酌に付き合ってくれたらいい」「運転でケンカにならずに済む」など、相手には飲酒を求めない人もいました。そのほか、「飲み会が多くて、帰宅が遅そうだから」と結婚生活を想像しての意見や、「酔った後の世話、飲み会やお酒にお金をつぎ込むなど、苦労が多くなりそうなので絶対に結婚したくない」といった、かなり厳しい意見までありました。

(まとめ)
自分がお酒を飲むかどうかで、相手への希望も変わってくることがやはり多いようです。ただ、どちらの立場からも、「少量・適量ならOK」といった意見は多く見られました。恋愛を始めるにあたっては“お酒の力”を借りたい瞬間もあるものですが、やはり結婚となると、男女とも、生活に影響が出るほど大量に飲む人はあまり好まれない傾向にあるようです。皆さんは結婚するとしたら、お酒が飲める相手がいいと思いますか?


※アンケート対象
調査時期:2014年8月6日~2014年8月10日
調査対象:マイナビニュース会員
調査数: 20~50代の男女500名
調査方法:インターネットアンケート

(文/外山ゆひら)

< "気遣い"と"言葉遣い"が超重要! 親に好かれそうな男性の特徴は?  |  一覧へ戻る  |  酔ったときが狙い目!? 奥さま・旦那さまに対してストレスを感じたときの対処法 >