結婚式場ならマイナビウエディング > 海外リゾート婚TOP > 海外リゾート Trend & News > フォトスポットが満載♪ 750年以上の歴史を受け継ぐパリ「シャリス・ロワイヤル・チャペル」でのウエディングプランが登場

カップル応援キャンペーン

ファミリーウエディングフォトアワード

マイナビウエディング編集部が集めた 最新トレンド&ニュース

2017.3.13

フォトスポットが満載♪ 750年以上の歴史を受け継ぐパリ「シャリス・ロワイヤル・チャペル」でのウエディングプランが登場

結婚式のプロデュースを手がけるワタベウェディングが、フランス・パリ郊外のチャペル「シャリス・ロワイヤル・チャペル」でのウエディングプランを2017年3月1日から販売を開始しました。

フォトスポットが満載♪ 750年以上の歴史を受け継ぐパリ「シャリス・ロワイヤル・チャペル」でのウエディングプランが登場

「シャリス・ロワイヤル・チャペル」の内観


>>ワタベウェディングの詳細を見る

「シャリス・ロワイヤル・チャペル」は、フランス国王ルイ6世により創立されたシャリス大修道院跡の敷地内にある、13世紀半ばに建てられた歴史あるチャペル。フレスコ画やステンドグラス、モザイク柄のバージンロード、高い天井など伝統的な内観が特徴です。

また、チャペル周辺には、13世紀初頭に建てられたノートルダム寺院と肩を並べる存在であった初代の教会遺跡や、ロマンティックで美しいバラ園、現在は美術館として使用されている旧修道院など、フランスの歴史と魅力が存分に味わえるドラマティックなロケーションがそこここに点在。いずれもフォトスポットとして、この地でしかかなわない特別なウエディングフォトを残すことができます。


教会遺跡

初代の教会遺跡


バラ園

バラ園


修道院

現在は美術館として使用されている旧修道院


>>海外フォトウエディングの基礎知識&ハワイ・バリ島・ヨーロッパなど写真のみプラン特集


歴史や伝統がある"本物の"教会や美しい町並みが魅力のヨーロッパでのウエディングは、フォトジェニックなウエディングフォトを希望する新郎新婦に選ばれています。今回、「シャリス・ロワイヤル・チャペル」が加わることで、ワタベウェディングのパリでの取扱会場は全5会場に! 今後ますますパリはもちろん、ヨーロッパや海外でのウエディングから目が離せなくなりそう♪


「シャリス・ロワイヤル・チャペル(Chaalis Royal Chapel)」概要
チャペル

■所在地:Abbye royal de chaalis 60300 Fontaine-Chaalis
■販売開始日:2017年3月1日(水)
■バージンロード:8m、モザイク柄
■収容人数:40名
■販売価格:ライトプラン/\488,000~
<上記プランに含まれる内容>
教会(または施設)使用料、セレモニーマスターへの謝礼、音楽奏者への謝礼、通訳兼介添え(挙式場にて)、結婚証明書(法的な効力はありません)、生花ブーケ&ブートニア、挙式の支度場所から挙式会場間のカップル送迎

※上記販売価格は2017年12月の挙式までとなります。
※教会遺跡での撮影は、データ納品数20枚以上のアルバム商品のお申込が必要です。
 バラ園・旧修道院周辺での撮影は、データ納品数150枚以上のアルバム商品のお申込が別途必要です。
 アルバム商品の詳細はワタベウェディング各店にお問い合わせください。
※その他プランはワタベウェディング各店にお問い合わせください。


▼こちらもチェック!
>>海外ウエディングTOPはこちら
>>ヨーロッパのチャペルを探す
>>フランスのチャペルを探す
>>ワタベウェディングの詳細はこちら
ワタベウェディングの国内の会場はこちら



ふたりらしい結婚式を「マイナビウエディング」TOP

このカテゴリの最新トレンド&ニュース一覧を見る
<< すべての最新トレンド&ニュースを見る