結婚式の二次会 会費の相場を徹底調査! | パーティ婚・1.5次会特集

結婚式の二次会会場が決まったら、次に決めるのがゲストの会費。集める金額によって、料理・飲物のコース内容や景品・演出内容が変わってくるから、慎重に検討する必要がある項目のひとつ。「一体、いくらくらいの会費設定が相場なの?」「男性ゲストと女性ゲストって、会費の額に差をつけるもの?」そんな、みんなが気になる二次会会費の相場について、先輩カップルにアンケートで聞いてみたよ。是非、ふたりの二次会の参考にしてね!
※調査概要:マイナビウーマン会員161名インターネット調査(2015年6月11日~23日)

「会費制」が7割。男女会費差アリ・ナシは半々

二次会を実施した先輩カップルのうち、会費制は全体の7割。会費金額の決め方はさまざまで、「食事代と景品代から逆算した費用を割った」「1回の飲み会程度の金額に設定した」「会場費と景品代は新郎新婦の負担にして、料理と飲み物代を会費にした」「幹事さんが決めた金額で設定した」など。披露宴から参加するゲストの負担や、ふたりの予算を考慮して会費金額を決める傾向にあるみたい。

また、二次会会費について、男女で額を分けたかどうかについては『分けた』『分けなかった』がそれぞれ半々。『分けた』という人の理由は「男性のほうが多く飲んだり食べたりするから」「友達の二次会でもそうだったから」といったものが多く、『分けなかった』人は「一律にしたほうがお釣りや計算が楽」「料理や飲み物など出されるものは同じだから」というもの。男女比率や会費設定のおおよその金額によって、男女の会費を分けるか検討する人も多いよう。

会費が男女同額の場合、5,000円前後が相場

会費は支払いやすい5,000円前後の設定が最も多く、そもそものゲスト一人あたりの金額がそこまで高すぎない場合に、男女の会費を同額にする傾向にあるみたい。また、先輩カップルのアンケートから見た男女同額の会費にした理由としては、「負担の少ない金額にしたから」「招待したゲストがみんな同世代だったから」「男女に差をつけた場合、男性側から不満の声を聞いたことがあるから」「切りのいい金額にしたかったから」など。

男女で会費を分けた場合、1,000円~2,000円の差額

会費を男女で分けた場合のそれぞれの額を聞いてみたところ、男性会費の6割以上が7,000円台~8,000円台女性会費は5,000円前後が最も多いという結果。男女それぞれの会費額を分けた理由としては、「男性はよく食べるし飲むから」「女性はアルコールを飲む人が少ないから」「女性は参加するための服装などにお金がかかるから」「男性ゲストのほうが年上の人が多かったから」など。男女で会費を分ける場合は、だいたい1,000~2,000円の差額で設定する人が多いみたい。

まとめ

二次会の会費の設定は、参加するゲストの人数や顔ぶれ、披露宴から参加してもらっているかなどによって考え方は色いろ。ふたりの門出をお祝いする二次会でだからこそ、ゲストもふたりも笑顔いっぱいのパーティになるように、先輩たちの相場を参考に幹事と相談しながら進めてね!

>二次会会場探し&二次会準備をはじめよう!

二次会会場探しに迷ったらマイナビウエディングサロンに無料相談!

二次会会場は半年~3カ月以内から予約開始の場合が多いため、結婚式の準備を進めながらぴったりの会場を探すのは至難の業。マイナビウエディングサロンなら、希望エリア・日時・予算などから空き状況も含めて二次会会場をご提案します!

>>マイナビウエディングサロンに相談する