結婚式場ならマイナビウエディング > マイナビウエディングPRESS > ご祝儀 記事一覧 > ご祝儀袋に入れるお札の向き・包み方・注意点

シェア
ご祝儀 ゲスト向け マナー

ご祝儀袋に入れるお札の向き・包み方・注意点

pixta_19568353_S.jpg

ご祝儀とは、結婚式に呼ばれたときに、新郎新婦へのお祝いの気持ちを込めて包むお金のこと。いくら包むかというだけでなく、新札を用意しなければならなかったり、お札の向きやご祝儀袋の包み方、折り方などのマナーに配慮しなければならなかったり・・・・・・。さらには、ご祝儀袋を包む袱紗(ふくさ)の正しい選び方などなど、意外と気をつけるべきことがたくさんあるので、本記事でチェックしてみましょう。

>>ご祝儀袋の書き方~表書きと中袋の名前・金額を解説

ご祝儀は「新札」を用意するのがマナー

ご祝儀袋には新札を包みます。おめでたい席なので、新しいお札を使うほうがお互いに気分がいいというのもありますが「結婚式を心待ちにしていました」という気持ちを表すためにも、新札を用意しましょう。

新札を用意する方法はいくつかあります。

●銀行で両替
両替時に記入する用紙の備考欄に「新札」と記入します

●郵便局で両替
窓口で「新券に両替してください」と伝えます

●銀行にある両替専用ATM
銀行によっては新札に両替できるATMもあります

新札を用意できなかったとき・・・・・・
新札が用意できなかった場合、結婚式場によっては、フロントで両替に応じてくれるところもあります。ただし、事前に電話などで確認しておくほうがよいでしょう。また、直前になって慌てることがないよう、日頃から1万円の新札を3枚ほど保管しておくと、ご祝儀以外でも役立つことがあるかもしれません。

新札とピン札って違うの?
新札とは、発行されてから未使用の新券のこと。ピン札とは、使用されているものの折り目のないお札のこと。新札が用意できなかった場合、きれいなピン札を包んでも、さほど気にならないでしょう。少し波打っている程度なら、布の上からアイロンがけをするというのも一案です。ただし、焦がさないよう注意しましょう。

>>関係性で金額が変わる!?【結婚式のご祝儀相場】いとこ・兄弟・友人など関係性や年代別の目安とは

ご祝儀袋に入れるお札の向きにも注意

さぁ、新札も用意したし、「あとはご祝儀袋に入れて持っていくだけ!」と無作為に入れてしまってはいませんか? ご祝儀袋に入れるお札の向きにもマナーがあるのです。ご祝儀袋の内袋の表とお札の(肖像画が描かれている)表を合わせ、肖像画が最初に出る向きにして入れるのがマナー。実際に入れるときは、中袋を裏返して入れることが多いため、最後にもう一度チェックしましょう。


中袋(中包み)の折り方にも気を配って

市販のご祝儀袋には中包みや封筒式の中袋が付いていて、既に折られていることがほとんど。お札を入れたら、もともと折られていたとおりに戻すだけで大丈夫です。そのため、中袋(中包み)がどのように入っていたか、折られていたかなど忘れないためにも、丁寧に扱いたいですね。

あってはならない“お金の入れ忘れ”

ついうっかり……なんてことが許されないのがご祝儀の入れ忘れです。

会費制の結婚式でないかぎり、ご祝儀は強制されない善意のお祝いであることが一般的。だからこそ、招待した側は、もしお金が入っていなかったとしても言いづらいものです。めでたい会のあとで“入れた・入ってなかった”なんてトラブルがあっては、その後の付き合いにも影響を及ぼしかねないので、入れ忘れがないように念入りにチェックを。もし、列席者のなかに親しい友人がいたら、ご祝儀を入れ忘れていないか・中袋に書いた金額と間違っていないかなどお互いにチェックし合ってみては? のちのトラブルを防ぐという意味でも、ダブルチェックは有効かもしれません。


ご祝儀袋の包み方・折り方を間違えると大変!

上包みの折り方には特に注意する必要があります。なぜなら、重ね方を逆にすると「不祝儀袋」になってしまうからです。ご祝儀袋は、袋の上の折り返しに下の折り返しを重ねますが、不祝儀袋の場合は、その逆となります。結婚式などおめでたいことは「上を向いて万歳」の姿勢と関連づけて覚えましょう。

>>ご祝儀袋の選び方~包む金額別で解説


袱紗(ふくさ)の上手なたたみ方

ご祝儀袋は、バッグやポケットに入れてそのまま持っていくより、袱紗(ふくさ)に包んで持参するのがスマート。持参する途中で水引きが崩れたり、袋がしわになることを防ぐことはもとより、「ご祝儀袋が汚れないように大切に持ってきました」というていねいな気持ちを表すものです。

袱紗は、図のように、左・上・下・右の順に、中央に向かって折っていきます。受付で袱紗を開き、ご祝儀袋の文字が相手から正しく読める向きに整えて渡し、両手で差し出します。このとき「本日はおめでとうございます」などお祝いの言葉も忘れずに。


袱紗の色の向き・不向き……紫色は万能カラー

袱紗を利用するシーンは主に、お祝いごととお悔やみごとですが、袱紗の色について知っておくと良いポイントがあります。

紫色は性別を選ばず使えるうえ、お祝いごと・お悔やみごとの両方に使用できる便利なカラー。ちなみにお祝いごとだけに使用するなら赤系、お悔やみごとには緑色・藍色・グレーとされているよう。間違ってもお祝いの席に、お悔やみカラーの袱紗は使わないようご注意を!

マナーを守って、気持ちを伝えよう!

新郎新婦へのお祝いの気持ちを込めたご祝儀。でも、せっかくの気持ちが、マナーを知らなかったことで失礼な渡し方になってしまったら残念ですよね。特に注意したいのが、ご祝儀袋の折り方。ちょっとしたことで、まるで反対の意味になってしまうので注意が必要です。お祝いしたい気持ちが確実に届くよう、基本的なマナーは頭に叩き込んでおきましょう。

>>結婚式のお呼ばれ服装マナー&NGポイント【女性ゲスト向け】

>>結婚式二次会で使える! チェキのキレイな撮り方を調べてみた

< 親族や親兄弟への引き出物は必要? 贈る基準や相場を解説  |  一覧へ戻る  |  【結婚式のご祝儀相場】いとこ・兄弟・友人など関係性や年代別の目安 >