結婚式場ならマイナビウエディング > マイナビウエディングPRESS > 結婚式準備 記事一覧 > 結婚式のメニュー表手作りアイデア&準備の仕方

シェア
ペーパーアイテム マナー 結婚式準備

結婚式のメニュー表手作りアイデア&準備の仕方

menu_main.jpg

結婚式の披露宴でゲストがテーブルに着席して、まず目に入るのが席札とメニュー表。最近では、メニュー表は料理のメニューを伝えるだけでなくドリンクのメニューを記載したり、オシャレなデザインやスタイルにして卓上のコーディネートに華を添えたり、メニュー表の活躍の場は広がるばかり。そんな結婚式・披露宴のメニュー表の基礎知識と、手作りする場合のアイデア、準備の仕方などをご紹介します!

結婚式のメニュー表の基礎知識

メニュー表とは、披露宴当日の婚礼料理の料理名などを記したもののこと。料理の内容が分かれば、ゲストもより食事をおいしくいただけるはず。料理名だけではなく、どんな食材を使っているかなど料理のこだわりなどを添えても面白いでしょう。事前に披露宴会場のテーブルの上にセッティングしておくものなので、席札と同様テーブルコーディネートとの調和を考えて。また、いくつものペーパーアイテムでテーブル上が乱雑にならないように、席次表などと一緒にひとつにまとめしまうこともあります。

メニュー表のスタイル・こだわりどころ

結婚式のメニュー表の形は長方形のカード型が一般的ですが、紙を2枚重ねにしたり、ドライフラワーや木の実などをあしらったり、くるっと巻いてリボンで留めたりするとオシャレな雰囲気のメニュー表になります。また、立体的な造りにしたり、ハート型などふたりの好きなモチーフに切り抜くのも面白いアイデア。披露宴の料理に使われている素材や調理のこだわりを書き添えたり、絵心があるふたりなら料理の絵を描いたりしてもステキです。結婚式のテーマや披露宴会場の雰囲気、料理などに合わせて、オリジナリティが感じられるメニュー表にするとよいでしょう。

The Knotさん(@theknot)が投稿した写真 -












メニュー表は手作りする? オーダー? それぞれのメリット・デメリット

メニュー表などの結婚式のペーパーアイテムを用意する場合、手作りをするか、結婚式場や専門店へオーダーすることがほとんど。ここでは、手作りした場合とオーダーした場合、それぞれのメリット・デメリットを比較してみました。手作りとオーダー迷っている人はぜひ参考にして。

●メニュー表を手作りする場合
【メリット】
デザインや素材だけでなく、アイデア次第で披露宴の料理やドリンクメニューの書き方などにもふたりらしさを加えることができ、オリジナリティあふれるメニュー表ができあがります。また、材料をうまく選べば費用節約にもなります。
【デメリット】
こだわればこだわるほど、手間と時間がかかります。結婚式で使用する他のペーパーアイテムも手作りする場合は、全体のスケジュールを決めて直前になって慌てないようにしましょう。また、使用する素材によっては高価なものもあり、それほど節約にならないことも。

●メニュー表をオーダーする場合
【メリット】
打ち合わせのみで、センスのよいメニュー表が簡単にでき上がります。結婚式場に頼めば、披露宴で出される料理メニューの内容のチェックなども含め全て行ってくれるので、ストレス知らず。披露宴会場のテーブルコーディネートとのバランスも考えられたメニュー表が手配できます。
【デメリット】
凝ったデザインにしたり、思い描いているデザインアイデアをたくさん依頼すると費用はそれなりにかかります。また、既存のデザインに中に好みのデザインがなかったり、オリジナリティに少し欠けることも。

メニュー表の手作りアイデア

結婚式のメニュー表を自分らしくステキに、しかも簡単に作るための手作りアイデアをご紹介! ぜひ参考にしてみて。

★手作りアイデア1
ナチュラルなペーパーを使ってメニュー表を作り、それをくるくると巻いてリボンでとめるだけ! オシャレなだけでなく、開くワクワクの楽しめるメニュー表に。




★手作りアイデア2
メニュー表にお花やグリーンを添えるだけで、とびきりオシャレな雰囲気に!




★手作りアイデア3
ゲストのお子さまがいる場合は、キッズ用にカワイく手作りするとキュート♪




▼こちらも参考に
>>人にも環境にも優しい、エシカルウエディングのアイデア

メニュー表の制作スケジュールの目安

実際に制作に入るのは、披露宴の料理のメニューが確定してからになりますが、その前から手作りするのかオーダーにするのか決めたり、どんなデザインにするかなどを考えておきましょう。メニュー表だけではなく、結婚式のペーパーアイテム全体で同じテイストにすると統一感が出るため、一番最初に用意する招待状の制作をスタートするときにメニュー表など他のペーパーアイテムのことも一緒に考えておくのがオススメです。とくに、手作りする場合は早めに準備を始めると結婚式の直前になって慌てることがないので安心です。

最後に

披露宴の料理を楽しんでもらうだけでなく、全体のコーディネートとしても大事な役割を持つアイテム、メニュー表。手作りでもオーダーでも、ふたりのおもてなしの気持ちを込めて作れば、ゲストにしっかり伝わるはず。スタイルのアイデアや手作りアイデアを活用して、ふたりらしいメニュー表で結婚式をより華やかに彩って。

>>ペーパーアイテムの記事一覧

< 結婚式の席札の準備の仕方&メッセージ文例  |  一覧へ戻る  |  結婚式の仮予約は3割が利用! 仕組みからキャンセル・本契約まで >