結婚生活のホンネを男女それぞれの目線で激白潜入!いまドキ夫婦生活“ホントのところ”

カップル応援キャンペーン

ファミリーウエディングフォトアワード

2013年9月20日

夫婦で1〜2万円が相場!? みんなの保険料事情を聞いてみた


結婚後に新規加入する場合も多い、夫婦ふたりの保険。そこで気になるのが保険料の相場。先輩夫婦のみなさんは、毎月どれくらいの保険料を払っているのでしょうか? そこでマイナビウエディング編集部では「保険にかけている金額」についてアンケートを実施しました。

■約6割の夫婦が「1〜3万円未満」を払っている
まず、月々の夫婦ふたり分の保険料について、聞いてみました。

Q.夫婦でかけている保険の総額は、月々いくらくらいですか?
1万円以上2万円未満(35.2%)
2万円以上3万円未満(21.1%)
3万円以上4万円未満(14.5%)
1万円未満(14.1%)
4万円以上5万円未満(7.5%)
5万円以上(7.5%)

一番多かったのが「1万円以上2万円未満」でした。また、およそ6割近くが「1万円以上3万円未満」という結果に。ふたり分だと考えると、納得の金額かも。

■「1〜3万円未満」派は、生命保険と医療保険がメイン
次に、総額ごとにどんな保険に加入しているのか見てみましょう。

「1万円以上2万円未満」と答えた夫婦は、主にお互いの生命保険に加入しているようです。「何か病気になったとき困るから」(女性/36歳/電機)と、もしものことを考えている人が目立ちました。なかには「子供の貯蓄が必要だから」(女性/34歳/情報・IT)というように、将来のことを見据えて、生命保険に加えて学資保険に入っている人も。

「2万円以上3万円未満」と答えた夫婦は、ふたりの生命保険だけでなく、お互いの医療保険に加入している場合も。生命保険と医療保険に加入している女性は「将来の不安を少しでも取り除きたかったので(女性/31歳/金属・鉄鋼・化学)と回答しています。保険にかける予算を1万円上乗せするだけで、入れる保険の種類が増えることがわかります。

■「3万円以上4万円未満」派は、がん保険や学資保険加入者も
「3万円以上4万円未満」と答えた夫婦は、複数の保険に入っている傾向が強いようです。生命保険に医療保険、さらに学資保険にも加入している男性は、「保険ぐらい入るものと思っていた」(男性/50歳以上/情報・IT)と回答。同じく生命保険に医療保険、がん保険にも加入している女性は、「元気なうちしか保険は入れないし、主人は体を壊しそうだから」(女性/29歳/ホテル・旅行・アミューズメント)と答えています。保険料はかさむものの、万一のことがあっても、安心できる保障を受けたいと願う人が目立ちます。

気になるのが「5万円以上」と答えた夫婦。月5万円の出費はかなり高額なせいか、30代後半〜の人が目立ちますが、なかには20代後半の人もいました。生命保険や医療保険、がん保険などにフルに加入している人も多いなか、「貯蓄型保険でよいものがあったから」(女性/30歳/商社・卸)と「養老保険」に加入する女性も。このように、将来安心できる貯蓄を意識している人も少なくありません。

結婚後に月々払う保険料は、年齢によっても変わりますが、ひとつの目安として参考にしてみてはいかがですか。

※アンケート対象
調査時期:2013年8月23日~2013年8月30日
調査対象:マイナビニュース会員
調査数: 22歳以上の既婚男女479名
調査方法:インターネットアンケート

(文/池田園子)

< 若いから不要!? 結婚後に保険に加入した夫婦は半数以下  |  一覧へ戻る  |  意外と現実的? いまどき夫婦が婚約前に同棲をした理由 >