結婚式場ならマイナビウエディング > リゾート婚 > 海外挙式・海外ウエディング > ヨーロッパ結婚式 > ヨーロッパの古城であこがれのウエディングを! 結婚式の魅力や費用を解説 

ヨーロッパの古城であこがれのウエディングを! 結婚式の魅力や費用を解説 

ハワイガーデンウエディング

アフターパーティ・帰国後パーティ

もはやオシャレ花嫁の常識!?ハワイでタウンフォトをやるべき理由

世界遺産ウエディング

新婚旅行を兼ねた海外挙式がポピュラーになるなか、ヨーロッパ挙式では「古城ウエディング」が人気を集めつつあります。ヨーロッパでの「古城ウエディング」とは文字通り、歴史あるお城で結婚式を挙げること。そんなロマンティックな古城ウエディングについて、海外挙式の専門家のアドバイスをもとに日程や費用、挙式当日の流れなどを解説します♪

ヨーロッパ古城ウエディング ▲フランス・パリ郊外に位置する「シャンティイ城」


ヨーロッパの古城ってどんなところ?

ヨーロッパでは長きにわたり、木よりも耐久性の高い石造りの建築が主流だったため、石で造られた「城」が国をまたいで各地に点在しています。よい状態で保存されている城は、ホテルとして宿泊できたり、結婚式ができることも♪ そんな古城のほとんどは風光明媚な景勝地に建っているため、非日常感が味わえるうえ、見所も豊富、ステキなフォトスポットがたくさんあるので写真映えも抜群なんです。

ヨーロッパでの「古城ウエディング」気になるポイントをQ&Aでご紹介

そんなヨーロッパでの「古城ウエディング」。気になるけれど、なんとなく準備が大変そう……と躊躇してしまう人も多いのでは? そこで、古城での結婚式の魅力や費用、準備方法、現地でのスケジュールなどについて、気になるポイントや結婚式ができる古城/シャトーをご紹介。解説いただくのは、海外挙式手配会社「リージェンシー・グループ」のウエディング・コンシェルジュという現地を熟知した専門家です! ぜひプロのアドバイスを参考にヨーロッパでの古城ウエディングを満喫して♪

<お話を伺った方>
リージェンシー・グループ ウエディング・コンシェルジュ 長谷川清美さん


>>ヨーロッパで結婚式ができる古城を探す
>>ヨーロッパの古城で結婚式ができるパッケージプランを探す

Q.ヨーロッパ古城ウエディングの魅力とは?

A.ヨーロッパの古城は、何百年、何千年も前から存在する本物のお城なので、歴史的価値のある調度品や“本物だけが持つ空気感”の中で結婚式を挙げられることが最大の魅力です。

たとえばフランスのシャトー(城)は、まさに何千年もの間フランスの地で息づいている本物の城です。そのほとんどが歴史的建築物であり、歴史と伝統を受け継いできた趣のある城と広大な庭園は、そこに佇んだ瞬間、中世へタイムトリップしてしまうような感覚を味わうことができます。

歴史的価値の高い調度品にかこまれたサロンでのひととき、ピカピカに磨かれた年代物の家具のある広い部屋、その寝室には天蓋付のベッド。そこで宿泊した翌朝(挙式当日)、窓からのフレッシュなそよ風で目覚め、広大な庭園を眺めながらの朝食。歴史あるチャペルでの挙式のあとは、優雅なシャンデリアの下でのお食事会など、まさに非日常な時間を味わうことこそが、シャトー(城)ウエディングの魅力だと思います。


シャリス・ロワイヤル・チャペル
シャリス・ロワイヤル・チャペル/フランス(写真提供:ワタベウェディング



また、ドイツの古城は、多くが監視や通行税税金徴収所のような役割を担っていたため、山や崖の上などの高い場所にあることがほとんど。そのためライン川のほとりなど、風光明媚な川沿いの美しい町に点在しています。自然の風景と中世の古城が織り成す風景は、まるでおとぎ話の1ページのようです。

ホーエンツォレルン城
ホーエンツォレルン城/ドイツ(写真提供:エス・ティー・ワールド ムーンシェル

ヨーロッパのシャトーや古城はみな、郊外の緑豊かなエリアにあるので、自然に恵まれた素晴らしい環境で過ごすという特別な体験もすることができます。

Q.新婚旅行+挙式の場合の日程や費用の目安は?

A.日程は、「9日間」で行かれるケースが多いですね。土曜日に日本を出発し、翌週の日曜日に帰国するスケジュールならお休みを取りやすいという理由からのようです。さらに観光などを楽しみたいという場合には、連休なども合わせて数日の日程をプラスするのがオススメです。

費用については、挙式を含め2人で150万円前後が一般的な金額です。ただ、挙式の時期がベストシーズン(6月~10月)か、それ以外のオフシーズンにするかによっても異なりますし、さらに、出発日(平日or週末or大型連休期間)や航空会社、座席シートのクラス、利用ホテルなどの組み合わせにより料金に差が生じます。

リージェンシー・グループでは、往復の飛行機を単純往復と同じような費用で、離発着地を別々の都市にして直行便を利用したり(例:フランス・パリ着、ドイツ・フランクフルト発のような)、ホテルなら客室のアップグレードなど、パッケージツアーにはない個別の対応が可能です。

Q.空港から現地(古城)までの移動手段や宿泊は?

A.古城の多くは郊外にあり、公共交通機関では行きづらいなどの理由から、一般的には海外挙式の手配会社が送迎の専用車を用意します。ただし、新郎新婦おふたりだけの場合や、そのご家族も一緒の場合、お子さまやお体の不自由な方がいらっしゃるなどの状況により、車種や移動手段は変わる場合があります。

宿泊先は、予算や挙式前後のスケジュール、旅に慣れているかなどによっても異なるので、リージェンシー・グループでは詳細を伺ったうえで宿泊先を案内しております。また、宿泊できるお城もあるので、宿泊ができるお城で挙式をするのもオススメです。フランスのシャトーやドイツの古城など、ヨーロッパの城は泊まってこそ、その良さが分かるものなのでぜひ検討してみては。

Q. 挙式当日の流れは?


A.希望や予算、その後のハネムーンのスケジュール、気候やゲスト人数によって挙式当日の流れはさまざまですが、一般的な例をご紹介します。

<1日1組限定の城/シャトーが挙式会場の場合>
起床 ⇒ 朝食 ⇒ お城にあるブライズルームで準備(ヘアセット&メイクアップ) ⇒ 午前中に挙式 ⇒ お城やお庭でのフォトセッション ⇒ (ゲストが居る場合は)シャンパンレセプション ⇒ (ゲストと一緒、あるいはふたりで)ウエディングランチ ⇒ 自由時間/休憩⇒(ゲストと一緒、あるいはふたりで)ウエディングデイナー、という流れが一般的です。

ゲストがいらして、挙式当日にあまり時間がない場合は、シャンパンレセプションでフィンガーフードをご用意し、そこでケーキカットを行うこともあります。お時間がある場合やゲストもそのあと滞在されるようなら、ウエディングランチやデイナー時に、最後のデザートをウエデイングケーキに変更してケーキカットをすることも。

※上記の一日の流れは例のひとつです。新郎新婦の希望や挙式前後・当日のスケジュール、人数などによって異なります。

ヨーロッパ各地にある! 結婚式ができる古城・シャトーを紹介します♪

シャトー・デスクリモン(フランス)
フランス・パリから車で1時間半ほど、イル・ド・フランス地域圏の豊かな自然に囲まれたシャトー「シャトー・デスクリモン」。ここでの挙式は、1543年に建設されたルネッサンス様式の城内にある、絢爛豪華なサロン「ルイ16世の間」で執り行われます。
シャトー・デスクリモン
(写真提供:ワタベウェディング

>>シャトー・デスクリモンの写真・手配会社・パッケージプランなど詳細を見る


>>フランスのシャトーで結婚式ができるパッケージプランを探す


ハイデルベルク城(ドイツ)
ドイツ中南部のハイデルベルク市の旧市街地に位置する古城「ハイデルベルク城」。ドイツ3大名城のひとつであり、また、ハイデルベルク市のシンボルとして存在感を放ち、ゲーテをはじめ多くの芸術家から愛された歴史を持っています。ここでの挙式は、城内にあるチャペルで執り行われます。
ハイデルベルク城
(写真提供:エス・ティー・ワールド ムーンシェル

>>ハイデルベルク城の写真・手配会社・パッケージプランなど詳細を見る


ホーエンツォレルン城(ドイツ)
11世紀に建てられたとされる「ホーエンツォレルン城」は、「ノイシュバンシュタイン城」「ハイデルベルク城」と並ぶドイツ3大名城のひとつ。ここでの挙式は、10mの真っ赤なバージンロードや、ステンドグラスの輝きが印象的な城内のチャペルで執り行われます。
ホーエンツォレルン城
(写真提供:エス・ティー・ワールド ムーンシェル

>>ホーエンツォレルン城の写真・手配会社・パッケージプランなど詳細を見る

>>ドイツの古城で結婚式ができるパッケージプランを探す



メッケンホルン城(スイス)
アルプスの山並みに囲まれた古都・ルツェルン湖畔の、小高い丘に位置する「メッケンホルン城」は、天に向かって真っすぐ伸びた塔のチャペルが特徴。ここでの挙式は、こじんまりしたプライベート感抜群のチャペルで執り行われ、挙式をしたカップルは城のゲストブック「ゴールデンブック」に記帳し、写真と共に城内に永久保存されます。
メッケンホルン城
(写真提供:エス・ティー・ワールド ムーンシェル

>>メッケンホルン城の写真・手配会社・パッケージプランなど詳細を見る

>>ヨーロッパで結婚式ができる古城を探す

>>ヨーロッパの古城で結婚式ができるパッケージプランを探す



<お話を伺った方>
リージェンシー・グループ ウエディング・コンシェルジュ 長谷川清美さん

オーストリア、イタリア、フランス、モナコ、イギリス、スペイン、ドイツ、スイス、ベルギー、ギリシャ、マルタ、チェコ、クロアチア、スロベニアなど、ヨーロッパを中心に挙式のプランニング・コーディネートを手がける海外挙式の専門家。お客さまの興味や海外旅行経験度を伺い、それぞれのご希望に沿ったコースをコーディネートしてくれるそう。

ヨーロッパでの古城ウエディングにオススメの手配会社

60万組以上の実績! 挙式やパーティ、旅行手配までトータルプロデュース
ワタベウェディング

事前にドレスの試着ができる&当日は日本人スタッフが対応♪ 
エス・ティー・ワールド ムーンシェル

>>すべての手配会社を見る

他のエリア情報もチェック!

ヨーロッパの新婚旅行・ハネムーン情報
アフターパーティ・帰国後パーティ
海外挙式のノウハウトップへ