結婚式場ならマイナビウエディング > リゾート婚 > 海外リゾート結婚式 > アメリカ・カリブ等のチャペルから探す > メキシコのチャペルから探す > カンクン・カリブ海の新婚旅行におすすめのホテル・観光・費用を徹底ガイド

カンクン・カリブ海の新婚旅行におすすめのホテル・観光・費用を徹底ガイド

ハワイガーデンウエディング

アフターパーティ・帰国後パーティ

もはやオシャレ花嫁の常識!?ハワイでタウンフォトをやるべき理由

世界遺産ウエディング

メキシコの南東部、ユカタン半島に位置するカンクン。カリブ海に面する美しいビーチには、ラグジュアリーなリゾートホテルが建ち並ぶ、世界中のセレブリティを魅了する高級リゾート地です。メキシコという場所柄、欧米では新婚旅行・ハネムーンで人気のカンクンですが、近年では日本からの旅行者も増えてきています。そこで、結婚式や新婚旅行・ハネムーンで、カリブ海に囲まれたカンクンを満喫するために、カンクンのホテルや観光にオススメのスポット、費用・予算の相場や観光、過ごし方などを解説します♪

カンクン新婚旅行

カリブ海に面したカンクンってどんなところ? 魅力は? カンクンの基本情報をチェック!

カリブ海に囲まれたメキシコのリゾート・カンクン。ビーチにはエメラルドグリーンの海と白い砂浜が広がり、泳いでいる魚を間近に見ることができるほど海水がきれいなことでも有名な、世界的に人気のある高級リゾートエリアです。美しいカリブ海でのダイビングはもちろん、イルカと一緒に泳ぐ「ドルフィンスイム」や、ジェットスキー、パラセイリングなど幅広いマリンスポーツを楽しむことができます。
また、メキシコ東南部・グアテマラ・ベリーズなどの“マヤ地域”を中心に栄えた「マヤ文明後古典期」の遺跡も数多く残っているため、ビーチから少し足を伸ばせば神秘的な遺跡めぐりも可能。日本とは自然も文化も異なるため“ビーチリゾートだけでは物足りない”というカップルにもオススメのエリアです。

●気候と服装
地域によって異なりますが、年間の平均気温が約27℃と比較的温暖な気候のカンクン(メキシコ)。1年のうちに雨季と乾季があり、乾季にあたる12~4月は晴れの日が多く、旅行者には人気がある時期です。雨季にあたる5~10月は雨や曇りの日が多めです。雨季のなかでも9月前後はハリケーンの多い時期でもあり、注意が必要です。せっかくのカリブ海を満喫するならハリケーンの時期は避けたいところ。

カリブ海に面したカンクンでの服装は、日本の夏をイメージしたカジュアルな夏服でOKですが、ホテル内などの高級レストランでディナーをする場合は、ビーチサンダルや短パンはNGの場合も。男性ならジャケットに長ズボン、スリッポンやローファー、女性ならワンピースを持参しておくと安心です。また、朝夕の気温差が激しいため、薄手でコンパクトにたためるダウンジャケットをとりあえず用意しておくことをオススメします。

●結婚式、新婚旅行・ハネムーンにオススメのシーズン
年末年始から春先までがカンクン(メキシコ)では乾季にあたり、この時期は湿度も低めで新婚旅行・ハネムーンにはオススメのタイミング。とはいえ、この時期は欧米各地から避寒目的の旅行者も増えるため旅行費用も高くなりがちです。前述のとおり、9月前後のハリケーンのリスクを考慮して、日程と費用・予算など総合的に判断し、結婚式、新婚旅行・ハネムーンの時期を決定するのがよいでしょう。

>>カンクン(メキシコ)挙式がかなう手配会社【エス・ティー・ワールド ムーンシェル】の情報を見る


カンクンサンセット
新婚旅行ならサンセットのビーチをのんびり散歩するのもステキ♪


●フライト情報
日本国内からの直行便はないので、メキシコ・カンクンへはロサンゼルスなどアメリカ各都市を経由する便が主流です。
たとえば成田空港や羽田空港から、ロサンゼルス国際空港までは約10時間、トランジット(乗り継ぎ)に2~3時間、ロサンゼルスからカンクンへは4時間半~5時間程度。移動にはトランジットも含めて17~18時間程度を見ておくのがよさそう。

●日本との時差
日本時間マイナス14時間。例:日本が夜10時(22時)に、カンクンは朝8時。

●新婚旅行・ハネムーンにオススメの日程
日本からメキシコ・カンクンへの移動時間がほぼ1日かかることや、時差を考慮しつつ、しっかりビーチリゾートやカリブ海でのマリンスポーツ、遺跡観光などを楽しむなら6泊8日は欲しいところ。さらにカンクンで結婚式を挙げるなら、プラス1~2日程度余裕を見ておくのがオススメ。費用・予算や日程と相談して決めてみては。

●通貨
ペソ(N$)。現地で両替する際、日本円からペソへのレートはかなり悪いので、日本国内で日本円から米ドルに両替し、米ドルからは現地でペソに両替するのがオススメ。また、メキシコ・カンクンのスーパーマーケットは換金レートがよいので、買物する際に米ドルで支払って、おつりをペソでもらうという方法も。ただ、治安面での不安から現金を持ち歩きたくない場合や、両替をする場所によって換金レートが異なるリスクもあるため、小額の支払いはペソで、そうでない場合はクレジットカードで現地滞在費用を支払うのがよいでしょう。

●言語
メキシコの公用語はスペイン語ですが、観光地やホテルでは英語が通じる場所も。基本的に日本人よりも欧米の旅行者が圧倒的に多いカンクンでは、日本語は通じないと覚悟しておいたほうがよさそう。とはいえ、日本人コンシェルジュが常駐する、カリブ海を一望できる高級ホテルも少なからず点在しているので、語学に不安がある場合はそんなホテルを選ぶと安心です。

>>当日は日本人スタッフが対応! 手配会社【エス・ティー・ワールド ムーンシェル】の情報を見る

>>アメリカ・カリブ等のチャペル・教会一覧
>>アメリカ・カリブ等の手配会社一覧

カンクンでの挙式&新婚旅行・ハネムーンにかかる費用・予算は?

カリブ海に囲まれた、カンクンでのウエディング&新婚旅行・ハネムーンにかかる費用・予算の相場は、旅費(航空券代)がふたり往復約30~50万円、5泊6日ほどのホテル宿泊費が約20~30万円、挙式やパーティなどを含めた結婚式の総費用はおよそ40万〜150万円ほどが相場のよう。それに、食事代などの現地での滞在費15~40万円(ふたり分)程度が加わるため、総額105万円~270万円程度を想定しおくとよさそう。

ただし、時期によって旅費は変わり、円安・円高など円と米ドル、米ドルとペソの為替の相場に影響されることも多いので注意。また、現地の物価は高く、ホテルやレストラン、タクシーなどでサービスを受けるたびにチップを渡す習慣があることも踏まえて費用・予算を立てておくことをオススメします。
 
●カンクン挙式の費用の相場
挙式だけなら費用は40万円程度から可能。パーティやオプションなども含めるとおよそ100~150万円が費用・予算の相場。

>>内訳など詳細をもっと読む「海外での結婚式にかかる費用」
>>費用やメリットなど! 海外VS国内の挙式を徹底比較

●旅費(航空券+ホテル)の相場
時期や泊まるホテル、航空会社にもよりますが、だいたいふたりで50~80万円程度。パッケージツアーを利用すれば、費用・予算はもっとリーズナブルな場合も。

●現地の滞在費用の相場
アクティビティ:ふたりで5~15万円
お土産・ショッピング:5~20万円
現地での食費など滞在費:ふたりで5~10万円
滞在費合計:15~45万円

>>アメリカ・カリブ等の挙式がかなう手配会社を探す

新婚旅行・ハネムーン、海外挙式にオススメのカンクン(メキシコ)のホテル・宿泊施設は?

カンクン(メキシコ)には、カリブ海を一望でき、宿泊費に食事や飲物代などが含まれるオールインクルーシブタイプのリゾートホテルをはじめ、世界的に評価が高いホテル、アダルトオンリー(18歳以上)、日本人コンシェルジュが常駐しているホテルなど、ラグジュアリーで人気のあるホテルがたくさん♪ エリアやサービス内容、費用・予算でホテルを選んで。

●新婚旅行・ハネムーンに人気のラグジュアリーホテルの一例
ハイアット・ジーバ・カンクン
フィエスタ アメリカーナ グランド コーラル ビーチ
シークレッツ・ザ・バイン・カンクン
ル・ブラン・スパ・リゾートカンクン
ハイアット・ジラーラ・カンクン
ザ・リッツ カールトン カンクン
ニズック・リゾート&スパ
ライブ・アクア・カンクン・ホテル
JW・マリオット・カンクン・リゾート&スパ
ムーン・パレス・ゴルフ&スパ・リゾート・オール・インクルーシブ
ザ・ウェスティン・ラグナマール・オーシャン・リゾート

>>ホテル内で結婚式が挙げられるところも! アメリカ・カリブ海等のチャペル・教会一覧

マヤ文明の遺跡もある! カンクン(メキシコ)で人気の観光スポットやカリブ海クルーズなど、楽しみ方を紹介

カリブ海のリゾートでマリンアクティビティを思いっきり満喫! さらに、マヤ文明の遺跡まで見ることができるカンクンにある人気の見所を案内します。

●セノーテ・イキル cenote ik-kil
セノーテとは、メキシコの南東部・ユカタン半島特有の天然の地底湖を指し“神秘の泉”とも呼ばれ、カンクンならではの神秘的な絶景が広がる場所。カリブ海に囲まれたカンクンにはダイビングやシュノーケリングが楽しめるセノーテが数多く点在しています。
なかでも「セノーテ・イキル」は、丸い井戸型のセノーテで“聖なるブルーセノーテ”と呼ばれる人気のスポット。世界遺産「チチェン・イッツァ」の遺跡とセットになったオプショナルツアーを利用すれば旅行者でも簡単に行けるので、カンクンからツアーなどに参加して訪れるのがオススメ。

セノーテ


●チチェン・イッツァ  Chichén Itzá
世界遺産にも登録されている遺跡・チェチェン・イッツァは、建物全体が巨大なカレンダーになっているピラミッドと、マヤ遺跡のなかでも最大規模の球技場などを有し、マヤ文明のレベルの高さを改めて実感できる場所。チチェン・イッツァ遺跡へは、カンクンからは車で2~3時間程度で行けるので、オプショナルツアーを利用して訪れるのがオススメ。




●カンクン海底美術館 Museo Subacuatico de Arte
カリブ海の美しさに魅了され、年間を通して多くの旅行者の人気を集めているメキシコ・カンクンでは、珊瑚の破壊が深刻な環境問題となり、カンクン国立海洋公園が珊瑚礁を守るためのプロジェクトとしてスタートしたのが、この海底美術館。海洋生物が発育しやすい素材で作られた、芸術家のジェイソン・デクレアズ・テイラー氏による480体以上の彫刻が海底に沈められています。




●マリンアクティビティ
カリブ海に囲まれたカンクンではもちろん、マリンアクティビティが盛ん。イルカと一緒に泳ぐ「ドルフィンスイム」はテーマーパークの「シカレ(xcaret)」をはじめ、オプショナルツアーでも人気のアクティビティです。




また、6~8月にのみ、メキシコ・カンクン沖合いに現れる野性のジンベエザメとのシュノーケリングは迫力満点。カンクン沖合いはジンベエザメとの遭遇率が世界でもトップクラスなんだとか。ダイビングショップやツアー会社から申し込めます。




●テーマパーク
メキシコ・カンクンでは、カリブ海でのマリンアクティビティはもちろん、大自然を満喫できるエコロジカルなテーマパークも人気です。大自然でありながら、安全性がある程度確保されているテーマパークは観光にオススメ。

カンクンから車で1時間ほどの場所にある「シカレ(xcaret)」では洞窟の川下りや、マヤ文化を体感できるアトラクション、ドルフィンスイムなどのマリンアクティビティが楽しめます。





また、シカレの近く「エクスプロール(xplor)」は鍾乳洞の川下りやラフティングなど大自然での冒険が満載。





ほかにも、ラグーンを囲むジャングルに造られた「シェルハ(xelha)」など、どのテーマパークでも荷物を預けるロッカーがあったり、食事や飲物代も含まれ、予算が立てやすいオールインクルーシブのパッケージ料金を設定している施設もあるので、気軽に出かけられるのが魅力です。

Shaneさん(@shanehuang_)が投稿した写真 -



カンクン(メキシコ)挙式にオススメの手配会社

事前にドレスの試着ができる&当日は日本人スタッフが対応♪ 
エス・ティー・ワールド ムーンシェル

>>すべての手配会社を見る



アフターパーティ・帰国後パーティ
海外挙式のノウハウトップへ