グアムの新婚旅行を楽しみ尽くす! ホテル・観光・費用完全ガイド

ハワイガーデンウエディング

アフターパーティ・帰国後パーティ

もはやオシャレ花嫁の常識!?ハワイでタウンフォトをやるべき理由

世界遺産ウエディング

日本から約3時間半で行ける常夏の楽園・グアムでのウエディング&新婚旅行・ハネムーン。移動時間が短いから、現地での時間をたっぷりととれるのも魅力ですね。ここでは、結婚式も新婚旅行・ハネムーンも含めた、満足度の高いグアムステイを実現させるための基本情報をじっくり解説。グアムのホテル、観光、旅費......etc.お役立ち情報をチェックしましょう。

グアム新婚旅行
>>幅広い層から人気&近くて安心! グアム挙式の魅力を解説

グアムってどんなところ?魅力は? グアムの基本情報をチェック!

日本からわずか3~4時間で常夏の楽園グアムへ!
グアムの最大の魅力は、日本からたった3~4時間ほどのフライトで常夏のパラダイスにたどり着くということ。移動にかかる時間が短く、それだけ旅費も抑えられるので、結婚式をする場合もゲストを招待しやすいのがうれしいですね。時差もあまりないから、高齢の方や子どもにとっても快適。子どもが喜ぶ施設やアクティビティも多いので、お子さま連れのゲストやファミリーでも安心して過ごせます。ゴルフなどのアクティビティも楽しめるから、長い休みを取りにくい男性ゲストにも気軽に参加してもらえそうですね。

新婚旅行・ハネムーンで行くなら、ふたりで楽しめるマリンアクティビティが充実していたり、近くでリーズナブルな分、いつもより高級なホテルに泊まることも可能なので、特別感いっぱいのグアムステイがかなうはず。

●気候
年間の最高気温は約32℃、最低気温は約21℃。季節は雨の少ない11月から5月の乾季と、ときおりスコールがある6月から10月の雨季に分けられる。台風シーズン(7~10月)には数年に1回、大型台風が発生することがある。

●挙式・新婚旅行・ハネムーンにオススメのシーズン
台風シーズン以外もしくは、乾季の12~4月がオススメ。

●新婚旅行・ハネムーンにオススメの日程
近いので、3泊5日あれば楽しめる。もっと日数を伸ばせるなら、サイパンと両方楽しむことも可能。

●日本との時差
時差は日本からプラス1時間。

●フライト時間
直行便で
成田~グアム 3時間45分
名古屋~グアム 3時間35分
札幌~グアム 4時間35分

●言語
公用語は英語とチャモロ語。タモンなど一部のエリアでは、ほぼ日本語が通じる。

☆新婚旅行を兼ねたグアム挙式の手配会社はこちら☆
事前にドレスの試着ができる&当日は日本人スタッフが対応♪ 
エス・ティー・ワールド ムーンシェル

ドレスショップならではのセンスでオシャレにコーディネート
クチュールナオコ ウエディング

世界の名門ホテルでかなうハイクオリティな海外挙式
アールイズ・ウエディング

「旅」と「挙式」、安心のトータルサポート!
JTB(JTBウエディングプラザ・JTBウエディングデスク)

挙式やパーティ、旅行手配までトータルプロデュース
ワタベウェディング

海外旅行も挙式も充実&安心♪
株式会社H.I.S. ウェディング専門セクション「アバンティ&オアシス」

>>すべての手配会社を見る


>>グアム・サイパン・ミクロネシアのチャペル・教会一覧
>>グアム・サイパン・ミクロネシア挙式の手配会社一覧

グアム挙式&新婚旅行・ハネムーンにかかる費用は? 予算はどのくらいあればいい?

予算をしっかり立てれば新婚旅行がもっと楽しくなる!
グアムでのウエディング&新婚旅行・ハネムーンにかかる費用は、旅費がふたりでだいたい20万~50万円ほど、挙式やパーティなどを含めた費用がおよそ70万~160万円が相場のよう。加えて、式の前後や新婚旅行・ハネムーンを楽しむためのアクティビティ代や現地での食事代、おみやげ代がおよそ10~30万円。なので、総額100万円~240万円の予算でをみておくことが多いよう。

もちろん時期や期間などによって旅費は変わりますが、近いため飛行機代を抑えられるのがポイント。ただし、円安・円高など円とドルの為替の相場に影響されることも多いので注意。食事などでサービスを受けるたびにチップを渡す習慣もあるので、少し余裕をもった予算を考えておくと安心です。

●グアム挙式の費用の相場
挙式、パーティ、オプション、ゲストの旅費などすべて含めると、およそ70~160万円が相場
>>内訳など詳細をもっと読む「海外での結婚式にかかる費用」
>>費用やメリットなど! 海外VS国内の挙式を徹底比較

●旅費(航空券+ホテル)の相場
時期や泊まるホテル、航空会社にもよるが、だいたいふたりで約20~50万円程度

●現地の滞在費の相場
アクティビティ:ふたりで3~15万円
お土産・ショッピング:4~8万円
現地での食費など滞在費:ふたりで3~7万円
滞在費合計でおよそ10~30万円

>>グアム・サイパン・ミクロネシアの挙式プランを探す

当日から楽しめる! グアムへの直行便がある空港&航空会社

グアムへの直行便は、成田・名古屋・関空・札幌・仙台・新潟・岡山・広島・福岡と国内各地からそれぞれ毎日運航(現在羽田空港からの直行便はなし)。成田国際空港-グアム国際空港間は、現在1日6便が運行中。フライト時間は3時間ほどと短いので、機内の快適さよりも、料金で選ばれる割合が高くなるようです。

また、マイルのためやすさ・使いやすさなども航空会社によって違うもの。パッケージツアーの場合は航空会社を選べないことが多いですが、個人手配の場合はじっくり比較検討して選んでみては。また、午前中の便に乗ればホテルには遅くとも18時には着ける場合が多いので、到着日からディナーを楽しんだり夜のショッピングを楽しむことができます。

●グアム直行便のある空港&航空会社の一例 ※2016年7月時点
成田国際空港
デルタ航空(1日2便運航)/日本航空・JAL(1日1便運航)/ユナイテッド航空(1日3便運航)

関西国際空港
デルタ航空(1日1便運航)/ユナイテッド航空(1日2便運航)/大韓航空(1日1便運航)

中部国際空港
全日空・ANA(1日1便運航)/ユナイテッド航空(1日1便運航)

福岡国際空港
全日空・ANA(1日1便運航)/ユナイテッド航空(1日1便運航)


>>グアム・サイパン・ミクロネシア挙式がかなう手配会社を探す

新婚旅行・ハネムーンにオススメのグアムのホテル・宿泊施設は?

新婚旅行にぴったりなホテルをみつけて★
グアムには高級ホテルから、リーズナブルなホテルやコンドミニアムまでさまざまな宿泊施設がそろっています。せっかくの新婚旅行・ハネムーン、しかも飛行機代が安く抑えられるグアムに行くなら、宿泊先には豪華なラグジュアリーホテルを選ぶのもオススメ! 同じホテルでも部屋の向きなどによって見える景色は違うので、こだわって選んでみて。

お子さま連れの方には、スタッフが子どもと遊んでくれるところや、子供用のプールが充実したホテルなどもあります。

●新婚旅行・ハネムーンに人気のグアムのラグジュアリーホテル一例
デュシタニ グアム リゾート
ホテル・ニッコー・グアム
アウトリガー グアム リゾート
ウェスティン リゾート グアム
ハイアット リージェンシー グアム
ヒルトングアムリゾート
など

>>ホテル内で結婚式が挙げられるところも! グアム・サイパン・ミクロネシアのチャペル・教会一覧

グアムで人気の観光スポット・ツアー&グルメ

グアムは海のアクティビティが充実。パラセイリングやジェットスキー、イルカウォッチング、バナナボートなど、たくさんの体験ができます。ビーチ以外でもゴルフやジャングル探検、バギーなどが楽しめて、カップルには恋人岬へのツアーなども人気です。新婚旅行・ハネムーン中の楽しい思い出がたくさん残せそう!
夜遅くまでオープンしているショップが多いので、日中はビーチや観光、夜はショッピングというのが上手な時間の使い方。免税店やアウトレットだけでなく、地元のスーパーやナイトマーケットなどでローカルフードを見て回るのも楽しそうですね。
また、高級レストランでのディナーやアメリカらしいバーガーはもちろん、地元のグルメも味わってみたいもの。例えばポリネシアンダンスを見ながらチャモロ料理が楽しめるディナーショーに行くというのもオススメです。

★4泊5日 グアム挙式&新婚旅行・ハネムーンオススメモデルプラン★
<Day1>到着&最終打ち合わせ
14:00 空港到着
 ▼
16:00 ホテルチェックイン
 ▼
17:00 結婚式の最終打ち合わせ&フィッティング
 ▼
20:00 ホテルのレストランでディナー
 ▼
22:00 明日が本番! 早めに就寝

<Day2>結婚式当日!
Happy Wedding♥ おもいっきりたのしんで!
>>結婚式当日スケジュールの詳細はコチラをチェック

グアム挙式

>>グアムのチャペル・教会を探す

<Day3>島内観光やポリネシアンショーでグアムの文化を堪能
09:00 少しだけお寝坊★ゆったりホテルの朝食で南国を感じて
 ▼
10:30 ホテルのビーチでのんびり&タモン湾でシュノーケリング
 ▼
12:00 ステーキなどガッツリ系のランチでチカラを満たして
 ▼
13:30 島一周観光ツアーで島の歴史を知りつつ、恋人岬など絶景を堪能!

@nnnnaarriiが投稿した写真 -



 ▼
18:00 ポリネシアンショーを楽しみながらディナー
 ▼
21:00 タガダ・アミューズメント・パークで最高の思い出を♪


<Day4>マリンスポーツを楽しむ!
07:30 朝から海に繰り出してパラセーリング、バナナボート、ダイビングなどマリンスポーツを楽しむ!ココス島など無人島もオススメ★

guam_image_06.jpg

 ▼
12:00 たくさん動いたあとは、アメリカンサイズのバーガーを食べて元気をチャージ!
 ▼
14:00 ホテルのビーチでゆったり&スパでゆったり疲れを癒やして
 ▼
18:00 水曜日なら、チャモロビレッジのナイトマーケットで現地を味わって!




<Day5>最後まで海を満喫! 余裕があればサイパンまでGO
10:00 フィッシュアイマリンパークでグアムの海を楽しんで


 ▼
13:00 DFSで最後のショッピング!
 ▼
17:00 日本に向けて出発


もう1日長居できるなら…
グアムから飛行機で約50分!近くのサイパン・マニャガハ島へ日帰りでGO!

chokuさん(@ch0ku)が投稿した写真 -




楽しく快適に過ごせるグアムでの服装は?

服装は、日本の夏服でOK! アクティビティで動き回る予定の人は、カジュアルな服装に歩きやすい靴・サンダルがマスト。シュノーケリングなどをする場合は、ビーチサンダルではなくマリンシューズも用意しておきましょう。

レストランへディナーに行くときのために、女性ならワンピースやパンプス、男性なら襟付きシャツやジーンズではない長ズボンなど、少しちゃんとした服もあると安心。何をするか&どこへ行くかに合わせて用意して。また、建物の中は冷房で寒いこともあるから、羽織りものがあるとベター。でも、すべて日本から持っていかなくても、現地で調達するのも楽しいし、自分へのステキなお土産になりそう!

もっとグアムを楽しむ! 近隣の島へ足を延ばしてみよう!

ちょっと足を延ばして近隣の島に渡ってみるのも、グアムの楽しみのひとつ。グアムの南に浮かぶココス島は、周辺が珊瑚礁に囲まれ、透明度の高いエメラルド色の海には色鮮やかな珊瑚が自生し、熱帯魚の宝庫となっています。日帰り可能なので、ぜひ検討してみて。



また、時間に余裕があれば、せっかくだからサイパンマニャガハ島に渡ってみるのもアイデア。どちらも約50分のフライトで行けるので、日帰りもできちゃうんです。サイパンはグアムに比べるとのんびりした雰囲気。マニャガハ島は、水の透明度が高く、シュノーケルポイントとして有名です。
グアムかサイパンかで迷う人も多いようですが、「両方」という選択肢もあります。それぞれに違った魅力があるので、時間があればぜひ両方行ってみてはいかがでしょうか。

Miraさん(@son_1776)が投稿した写真 -



>>グアム・サイパン・ミクロネシアのチャペル・教会一覧
>>グアム・サイパン・ミクロネシア挙式の手配会社一覧
アフターパーティ・帰国後パーティ
海外挙式のノウハウトップへ