"楽園"タヒチで新婚旅行♪ オススメのホテルから費用まで完全ガイド

ハワイガーデンウエディング

アフターパーティ・帰国後パーティ

もはやオシャレ花嫁の常識!?ハワイでタウンフォトをやるべき理由

世界遺産ウエディング

抜けるような青空と透き通った海がきらめく『太平洋の真珠』とも謳われるタヒチ。ロマンチックな水上コテージや、海を見渡すバンガローなど誰もがうっとりとするその眺めは新婚旅行・ハネムーンでも人気のエリア。そこで、今回はタヒチ、特に新婚旅行・ハネムーンに人気のボラボラ島がどんな場所でどんな魅力があるのか、ホテル情報や言語・通貨、オススメシーズンなど、まずは知っておきたい基本の情報をしっかりとご紹介します。

タヒチ新婚旅行

まずは知りたい! タヒチ・ボラボラ島の基礎情報

タヒチ島をはじめボラボラ島やモーレア島など118の島々から構成される南太平洋有数のリゾート地で、正式名称は「フランス領ポリネシア」。その魅力のひとつは何といっても青く透き通った海の上に建つ水上コテージ。見渡す限り海という贅沢なロケーションは、世界中から究極のバカンスを求める人々が集まってくる常夏の楽園そのもの。かの画家ポール・ゴーギャンがその美しさに魅了され晩年移り住んだ島としても有名です。ロケーションのすばらしさから、新婚旅行・ハネムーンを兼ねて挙式を行うカップルも多くいます。

●タヒチ・ボラボラ島の気候
タヒチは南半球に位置するため、日本とは季節が逆。1年の平均気温が27℃、海水温は平均26℃と年間を通じて温暖で、リゾート地としては最適なまさに「常夏の楽園」。

●結婚式、新婚旅行・ハネムーンにオススメのシーズン・日程
タヒチ・ボラボラ島では、4月~10月が乾季にあたり雨が少なく最低気温も23℃と過ごしやすい時期です。一方、11月~3月は高温多湿の雨季になり気温も27~30℃と高めではありますが、南国の花々が咲き乱れる美しい時期でもあります。

プルメリア

●日本との時差
日本時間より-19時間

●フライト時間
成田空港からパペーテまで約11時間
パペーテからボラボラ島まで約1時間


●宗教・言語・通貨
【宗教】タヒチ・ボラボラ島では、8割がプロテスタントかカトリックのキリスト教徒。
【言語】公用語はフランス語とタヒチ語ですが、観光地では英語が通じる場合がほとんど。
【通貨】通貨はフレンチ・パシフィックフラン(CFPまたはXPP)で、フランス圏であるもののユーロは流通していません。ちなみに、基本的にチップの習慣はありません。

●タヒチ・ボラボラ島での服装
タヒチ・ボラボラ島は南洋の島。降り注ぐ太陽からの紫外線はかなり強力なので、帽子や日焼け止めクリームなどで一気に日焼けしないように注意が必要です。また、日中はTシャツと短パンだけでも過ごせますが、日中と夜間では気温差があるので、長袖シャツや羽織れるものがあると便利。レストランなどでは男性は衿のあるシャツと長ズボン、女性はサンドレスやワンピースなどの着用が推奨されます。

>>タヒチのチャペル・教会一覧
>>タヒチ挙式の手配会社一覧

何にいくらかかる? タヒチ・ボラボラ島のハネムーン費用相場&予算

タヒチ・ボラボラ島でのハネムーンにかかる旅費は6泊8日ふたりで70万円~80万円前後が平均的。日本からの直行便が少ないことや、高級リゾートホテルが多いことからほかのエリアの旅費と比べると少し高め。また、ハワイのような大型ショッピングセンターもないので、食事は基本的にホテルの中かレストラン。昼食は5000円、夕食は1万円が相場になるので、滞在費の予算も多めに見積もっておく必要があります。結婚式も含めると総額では150万円~270万円程度の予算があると安心。

●タヒチ挙式の費用の相場
挙式、パーティ、オプションを含めると、およそ70~160万円が相場。
>>内訳など詳細をもっと読む「海外での結婚式にかかる費用」
>>費用やメリットなど! 海外VS国内の挙式を徹底比較

●旅費(航空券+ホテル)の相場
時期や泊まるホテル・航空会社にもよるが、ふたりで約70~80万円程度が相場。

●現地の滞在費の相場
アクティビティ:ふたりで2~10万円
お土産・ショッピング:1~5万円
現地での食費など滞在費:ふたりで7~15万円
現地滞在でかかる費用合計でおよそ10~30万円

>>タヒチの挙式プランを探す
>>タヒチ挙式がかなう手配会社を探す

新婚旅行・ハネムーンだからこだわりたい! タヒチ・ボラボラ島のホテル・宿泊情報

タヒチ・ボラボラ島の宿泊施設といえば、真っ先に思い浮かぶ水上コテージ。コテージはそれぞれが独立した建物で、スイートルームのような贅沢なつくりとなっているラグジュアリーな部屋がほとんど。広さやグレードは何種類かあり、いずれも人気はプライベートコテージから階段やハシゴで直接海に入ることができるロケーション。どの宿泊施設もステキすぎて迷ったときには、離島ツアーやマリンアクティビティ、スパなどタヒチ・ボラボラ島で新婚旅行・ハネムーンをどのように過ごしたいかで、どこのホテルが最適か比較検討してみるのもひとつ。

●新婚旅行・ハネムーンに人気のタヒチ・ボラボラ島のラグジュアリーホテルの一例
ヒルトン・モーレア・ラグーン・リゾート&スパ
ボラボラ・パールビーチ・リゾート&スパ
インターコンチネンタル・モーレア・リゾート&スパ
フォーシーズンズ・リゾート・ボラボラ
ル・メリディアン・ボラボラ
セント・レジス・ボラボラ・リゾート
など

>>ホテル内で結婚式が挙げられるところも! タヒチのチャペル・教会一覧



タヒチ・ボラボラ島を楽しむ! 新婚旅行・ハネムーンの過ごし方

ゆっくり過ごしたい人はコテージで海を眺めなから読書やお昼寝、シュノーケリングで時間を気にせず過ごすのが基本のスタイル。アクティブに動き回りたい人は、モツピクニックツアー(島巡りツアー)や、ジープで巡る島の絶景ポイントや大自然が満喫できるサファリツアーがオススメです。その島ならではのお土産が見つかるのも楽しみのひとつで、タヒチの地ビール『ヒナノビール』やパレオ、アロハシャツなど特産品をはじめとするバラエティ豊かなお土産がいっぱい。


モルディブなど新婚旅行・ハネムーンに人気の他の南国リゾートと比較したタヒチの魅力

まず、それぞれのベストシーズンが異なり、タヒチの場合は4月~10月、モルディブは1月~4月、ニューカレドニアは11月~12月、フィジーは6月~9月。また、タヒチは日本からの直行便が少ないので、最低でも6日~の旅程が組めるなど時間的に余裕のある人にオススメのエリアです。さらに、タヒチならではの魅力のひとつが海はもちろん、美しい山や緑、離島を巡るモツピクニックツアーやサファリツアーなど、アクティブに大自然を満喫したい人にもオススメのリゾート地と言えます。

>>モルディブのエリア情報記事はこちら!

>>タヒチのチャペル・教会一覧
>>タヒチ挙式の手配会社一覧


Luxuryさん(@luxury)が投稿した写真 -


タヒチ挙式にオススメの手配会社

モルディブ・タヒチの実績が豊富で安心!
エス・ティー・ワールド ムーンシェル

挙式やパーティ、旅行手配までトータルプロデュース
ワタベウェディング

「旅」と「挙式」、安心のトータルサポート!
JTB(JTBウエディングプラザ・JTBウエディングデスク)

海外旅行も挙式も充実&安心♪
株式会社H.I.S. ウェディング専門セクション「アバンティ&オアシス」

>>すべての手配会社を見る


アフターパーティ・帰国後パーティ
海外挙式のノウハウトップへ