世界遺産ウエディング

世界遺産ウエディング

写真提供:(左上、右下)上賀茂神社/(左下)下鴨神社 ●TAKAMI BRIDAL/(右上)WHITE DOOR(ホワイトドア)

歴史的な価値はもとより、見る人の心を魅了する美しい世界遺産。そんな世界遺産で結婚式を挙げられる場所が、実は日本国内をはじめ、ヨーロッパイタリアフランス、オーストラリアなど海外にもたくさん存在しています。そこで世界遺産の建造物や世界遺産が見える場所、世界遺産の街並みで挙式・結婚式ができる会場やプランをご紹介します。(協力:世界遺産アカデミー)

  • 世界遺産とは?
  • 世界遺産ウエディングの魅力
  • 結婚式ができる世界遺産の建造物
  • フォトジェニックな世界遺産を臨むウエディング
  • 世界遺産の街並みでウエディング

世界遺産とは?

世界遺産とは、地球と人類の歴史のすべてを現し、いつの時代でも誰にとっても価値があり唯一無二な存在である「人類共通の遺産」のこと。世界中のどんな人が見ても"素晴らしい"と思える......それが世界遺産です。日本にも、「古都京都の文化財」や「富士山―信仰の対象と芸術の源泉―」など素晴らしい世界遺産が多くあります。

●日本の世界遺産の代表例

富士山

富士山―信仰の対象と芸術の源泉―

下鴨神社

古都京都の文化財

屋久島

●海外の世界遺産の代表例

モン・サン・ミシェルとその湾(フランス)

グレート・バリア・リーフ(オーストラリア)

フィレンツェ歴史地区(イタリア)

▲TOPへ戻る

世界遺産ウエディングの魅力

世界遺産リストに登録された場所は、世界遺産がある国はもちろん、国際社会全体で保護する義務と責任が生じます。そのため世界遺産での結婚式は、世界中の人から大切にされている場所で挙式ができるうえ、思い出の場所が未来も受け継がれてゆくので、夫婦にとっても"長く続いてゆく"という意味で縁起のよいもの。たとえば世界遺産の神社での挙式なら、普段は一般公開されていない場所に入れるなど、招待されたゲストにとっても特別感のある結婚式が体験できます。写真映えも抜群で、人と違う結婚式がしたい、歴史や旅行が好き、新婚旅行を兼ねて挙式をしたいというふたりにもオススメ。

結婚式ができる世界遺産の"建造物"

日本国内の神社や海外の邸宅など、結婚式ができる世界遺産の建造物をご紹介。それぞれの特徴や歴史をはじめ、ウエディングならではのオススメポイントを解説します。

上賀茂神社

上賀茂神社(日本/京都)

京都でもっとも古い神社であり、雷(いかづち)の御神威により、厄を祓いあらゆる災難を除き給う厄除(やくよけ)明神・落雷除・電気産業の守護神として広く信仰されている上賀茂神社。本殿を含む2棟が国宝、41棟が重要文化財に指定され「古都京都の文化財」として世界文化遺産に登録されました。

上賀茂神社

世界遺産ウエディングのポイント

上賀茂神社での挙式は、国宝本殿の前にある重要文化財細殿(ほそどの)で執り行われます。挙式後は敷地内にある「客殿」での会食・披露宴も可能。古来より神様を迎えてきたと言われる「おもてなしの原点の地」で、家族・ゲストとの絆を深める特別な一日がかないます。

下鴨神社

下鴨神社(日本/京都)

京都・鴨川の下流に祀られている下鴨神社。上賀茂神社と同様に「古都京都の文化財」として文化遺産に登録されました。東本殿と西本殿には優美な曲線が特徴の流造(ながれづくり)と呼ばれる建築様式が用いられ、ともに国宝に指定されています。

下鴨神社

世界遺産ウエディングのポイント

京都・鴨川の下流に祀られている下鴨神社。上賀茂神社と同様に「古都京都の文化財」として文化遺産に登録されました。東本殿と西本殿には優美な曲線が特徴の流造(ながれづくり)と呼ばれる建築様式が用いられ、ともに国宝に指定されています。

カサ・バトリョ(スペイン)

バルセロナで1877年に建てられた邸宅のカサ・バトリョ。世界的な建築家として知られるガウディが1904年から1906年にかけて改築を行い、のちの2005年に「アントニ・ガウディの作品群」として世界文化遺産に追加登録。曲線的なデザインを随所に用い、青や緑のガラス片や円盤型タイルの装飾が独創的な建築です。

カサ・バトリョ(スペイン)

世界遺産ウエディングのポイント

足を踏み入れた瞬間から別世界さながらの芸術的な空間を、結婚式で1日1組限定の貸切にできるスペシャル感は格別! スペインやガウディ建築が好きなふたりにはぴったりの結婚式がかないます。ガウディの世界観が存分に感じられる空間で、この場所でしか撮影できないステキな写真が残して♪
(写真提供:エス・ティー・ワールド ムーンシェル

アルハンブラ宮殿(スペイン)

アルハンブラ宮殿(スペイン)

アンダルシア地方に位置するアルハンブラ宮殿は、9世紀に建てられ、優美かつ絢爛豪華なさまから"イスラム建築の華"とも呼ばれています。内部には精緻な装飾がいたるところに見られ、特に「二姉妹の間」の天井の鍾乳洞は世界最高の建築との賞賛を浴びています。

アルハンブラ宮殿(スペイン)

世界遺産ウエディングのポイント

アルハンブラ宮殿の敷地内にある、サンフランシスコ修道院を改装したパラドール(ホテル)「パラドール・サンフランシスコ(パラドール グラナダ)」での挙式は、館内のチャペルで執り行われます。壁やアーチ状の天井には幾何学的なアラベスク模様が施されたチャペルでの挙式は、ほかでは体験できないほどエキゾチックな雰囲気が満喫できます。
(写真提供:エス・ティー・ワールド ムーンシェル)

▲TOPへ戻る

  • 世界遺産とは?
  • 世界遺産ウエディングの魅力
  • 結婚式ができる世界遺産の建造物
  • フォトジェニックな世界遺産を臨むウエディング
  • 世界遺産の街並みでウエディング

フォトジェニックな世界遺産を臨むウエディング

美しい世界遺産を眺めながら挙式・披露宴がかなう結婚式場や、世界遺産を背景にした贅沢な写真が撮影できるプランをご紹介。それぞれの世界遺産の特徴や歴史をはじめ、ウエディングならではのオススメポイントを解説します。

富士山(日本)

富士山(日本)

山頂には浅間大神がすむと信じられ、葛飾北斎の『冨嶽三十六景』をはじめ、芸術や文化に広く影響を与えたことから「富士山-信仰の対象と芸術の源泉-」として2013年に世界文化遺産に登録。静岡県と山梨県にまたがり、山中湖や河口湖などの富士五湖、白糸ノ滝なども世界遺産に含まれています。

フルーツパーク富士屋ホテル

世界遺産ウエディングのポイント

見事な"末広がり"で日本一の山である富士山は、縁起がよく結婚式にぴったり。そんな富士山の周辺には、美しい富士山を眺めながらウエディングがかなう会場がいっぱい! たとえば山中湖越しの富士山や、庭園の緑の向こうに広がる富士山......などシチュエーションはさまざま。好みの会場を見つけて♪
(写真:フルーツパーク富士屋ホテル

グレート・バリア・リーフ(オーストラリア)

グレート・バリア・リーフ(オーストラリア)

オーストラリア北東に広がる世界最大のサンゴ礁地帯。オーストラリア固有の生物も多く生息することから、生物多様性にとっても重要な役割を持ち、1981年に世界自然遺産に登録されました。ハミルトン島のハート型をしたサンゴ礁「ハートリーフ」は新婚旅行で訪れるカップルには特に人気だそう。

アラマンダグレートバリアリーフチャペル

世界遺産ウエディングのポイント

グレート・バリア・リーフを臨むように建てられたチャペルでは、美しい海が間近に感じながらウエディングがかないます。たとえば、チャペルの両サイドや祭壇の向こうがガラス張りのオーシャンビューの挙式会場なら、海とケアンズの自然に包まれるような気分での挙式がかないます。
(写真:ワタベウェディング

エアーズ・ロック(オーストラリア)

エアーズ・ロック(オーストラリア)

オーストラリアのほぼ中央に位置する「ウルル、カタ・ジュタ国立公園」内にある一枚岩のエアーズ・ロック(ウルル)は、古くから先住民であるアボリジニたちが崇めてきた聖地。地上に見えているのはほんの一部と言われ、公園全体が世界複合遺産に登録されています。

エアーズロック ウェディング

世界遺産ウエディングのポイント

パワースポットとしても名高いエアーズ・ロックを眺めながらの挙式は、ダイナミックで感動的。また、夕焼けに染まるエアーズ・ロックを背景に行う記念撮影も最高にロマンティック! 映画のワンシーンのような写真撮影や乾杯セレモニー、ケーキカットもできるので、ふたりのための贅沢な時間を楽しんで。
(写真:エス・ティー・ワールド ムーンシェル

アマルフィ海岸(イタリア)

アマルフィ海岸(イタリア)

陽光にきらめく紺碧の海と、色とりどりの花々のコントラストから"世界一美しい海岸"と称されるアマルフィ海岸。海岸沿いに連なる彩り豊かな街々には、1年を通じて世界中から多くの観光客が訪れ、日本映画のロケ地になったことでも有名です。1997年に文化遺産として登録されました。

アマルフィ海岸

世界遺産ウエディングのポイント

アマルフィでのウエディングなら、素晴らしい景観を満喫できるパッケージプランを利用するのがオススメ。アマルフィ沿岸に佇む「サンタ・トロフィメナ教会」で挙式ができるプランや、カラフルな絶壁の街並みを背景に写真が残せるフォトプランなど、映画のワンシーンのようなウエディングがかないます。
(写真:BRIDEs SCENE(ブライズシーン)

エッフェル塔(フランス)

エッフェル塔(フランス)

フランス革命100周年を記念し、1889年にパリで行われた万博のために建設されたエッフェル塔。建設当初の高さは312.3mでしたが、現在では放送用のアンテナが設置されたため324mに。パリ7区の「シャン・ド・マルス公園」の北西に位置し、1991年に塔を含む「パリのセーヌ河岸」が文化遺産として登録されました。

エッフェル塔(フランス)

世界遺産ウエディングのポイント

エッフェル塔を結婚式で満喫するなら、フォトウエディングのパッケージプランがオススメ。セーヌ川のほとりに佇む教会での厳かな挙式の後は、エッフェル塔や凱旋門などパリの名所をめぐるフォトツアーへ! ナイト撮影プランもあるので、時間帯によって表情を変えるエッフェル塔を楽しんで。

▲TOPへ戻る

  • 世界遺産とは?
  • 世界遺産ウエディングの魅力
  • 結婚式ができる世界遺産の建造物
  • フォトジェニックな世界遺産を臨むウエディング
  • 世界遺産の街並みでウエディング

世界遺産の"街並み"でウエディング

「街全体が世界遺産」という場所も多く存在します。ここでは、世界遺産の美しい街並みの中にある結婚式場・フォトウエディングプランをご紹介。街の特徴や歴史をはじめ、ウエディングならではのオススメポイントを解説します。"世界遺産の中"での結婚式を満喫して!

フィレンツェ歴史地区

フィレンツェ

イタリア・フィレンツェの中心部に位置する「フィレンツェの歴史地区」は、歴史的な建造物が広範囲に保存されていることから文化遺産に登録されました。ルネサンス建築の始まりとも称される「サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(ドゥオーモ)」など街中にあるのは歴史的にも価値のある建造物ばかり。

フィレンツェ歴史地区

世界遺産ウエディングのポイント

フィレンツェ歴史地区でのウエディングなら、パッケージプランが便利でオススメ。ルネサンス様式の装飾が美しい「ヴェッキオ宮殿」で挙式ができるプランや、ウエディングドレス姿で「ミケランジェロ広場」や「ヴェッキオ橋」など名所をめぐるフォトプランで世界遺産の街を満喫して♪

ザルツブルク(オーストリア)

(写真提供:(c)iStock)

ザルツブルク(オーストリア)

かつて岩塩の交易によって発展したことから「ザルツ(塩の)ブルク(城)」と呼ばれる、オーストリアとドイツの国境近くの街。市街にはザルツブルク大聖堂やバロック時代に由来する建築物など、数多くの歴史的建造物が点在し「ザルツブルク歴史地区」として文化遺産に登録されました。

ミラベル宮殿

世界遺産ウエディングのポイント

バロック調の建築がいっぱいのザルツブルクでのウエディングは、かつての貴族さながら豪奢でエレガント。1600年代に建てられた「ミラベル宮殿」内にある、モーツァルトが演奏したといわれる大広間「大理石の間」での優雅な挙式のあとは、美しい花が咲き誇る「ミラベル庭園」での写真撮影がオススメ。
(写真:エス・ティー・ワールド ムーンシェル

モンサンミッシェル(フランス)

モン・サン・ミシェル(フランス)

フランスの西海岸、サン・マロ湾上に浮かぶ小島とそこに建てられた修道院、それらを取り囲む湾が「モン・サン・ミシェルとその湾」として文化遺産に登録。潮の満ち引きの差が15m以上あることから、満潮時には建物がぽっかりと海に浮かんでいるように見える幻想的な光景が圧倒的な人気を誇っています。

モン・サン・ミッシェル・ウェディング

世界遺産ウエディングのポイント

挙式は「モン・サン・ミシェル」島内の歴史あるホテル「ラ・メール・プーラール」のセレモニーホール「CNIR」で。司祭により厳かに執り行われるセレモニーは、この上なくドラマティック。挙式後はロマンティックな大聖堂をバックに写真撮影をしたり、観光客でにぎわう街中へ。道行く人々がふたりを祝福してくれるはず。
(写真:株式会社H.I.S. ウェディング専門セクション「アバンティ&オアシス」)?

▲TOPへ戻る

≪協力≫

世界遺産アカデミー

2005年2月に設立された特定非営利活動法人(NPO)。ユネスコの平和理念や世界遺産活動の普及を通して、世界遺産の保全活動の輪を広げ、社会に貢献することを目的にその活動を開始。2006 年からは、世界遺産の歴史、地理、文化伝統、価値観などを学び、学んだ内容を社会へ還元することを目指した『世界遺産検定』を主催。

世界遺産検定
世界遺産検定とは?

世界遺産検定は、人類共通の財産・宝物である世界遺産についての知識・理解を深め、学んだ内容を社会へ還元することを目指した検定です。世界遺産への理解・習熟度を基礎から専門分野にいたるまで、幅広く総合的に測ることができます。2006 年にスタートして以来、約12万人が受検し、7万人以上が認定されました。
受検料の一部は、ユネスコ「世界遺産基金」に寄付され、世界遺産の保護や保全等に活かされています。
>>世界遺産検定についてさらに詳しく