結婚式の持ち込みできる・できないの実態

結婚式の“持ち込み”できる・できないの実態

一生に一度の結婚式!できればこだわりのアイテムや演出を持ち込みたいですよね。

でも実は、持ち込みができる場合と、できない場合があるんです。また、持ち込みできても制限持ち込み料がかかることも。

結婚式のことを熟知し、20,000組以上のカップルの結婚式場探しをお手伝いしてきたマイナビウエディングサロンが教えます!

ドレス・和装

ほとんどの会場が持ち込みOK!
ただし、持ち込み料に要注意。事前に確認を

ウエディングドレスや和装などの新郎新婦衣装は、結婚式場が既に提携しているショップに契約するのが一般的。しかし「こだわりの1着が着たい!」という花嫁が増え、それに伴い持ち込み希望の人も増加。

多くの会場で持ち込みに対応していますが、持ち込み料が1着あたり3~5万円程度かかるケースが大半。持ち込み料がかからない場合でも、挙式・披露宴・衣装がセットで割安になっているプランは適用されなくなり、結果、総額が一気にアップということも。事前に会場への確認がオススメです。

ブーケ・装花

ブーケ・ブートニアの持ち込みは比較的自由
でも、装花は難易度“超高”

衣装と一緒にコーディネートしたいブーケ&ブートニア。多くの会場で持ち込みOKですが、結婚式場のHPには記載がない場合がないので、都度会場に確認した方が安心。持ち込み料はかからない会場がほとんどですが、かかる場合は1~2万円が目安。

一方、同じ花でも、披露宴会場のテーブル装花はほぼ持ち込みNG。料理の近くに置くものなので、万が一、虫や土などが料理や飲物に混入し、食中毒になったら大変! また、会場セッティングを限られた時間でスムーズに行うため、オペレーションの面でも装花の持ち込み難易度はお高め。

引出物・引菓子

思い入れのある品ならいけちゃう!?
持ち込み料 1点500円~1,000円

引出物・引菓子は、「実家が和菓子店だから」「地元の名産をみんなに食べてもらいたい」など、ふたりのゆかりのものをゲストにプレゼントしたいというカップルから持ち込みニーズあり。持ち込み相談OKの会場が大半で、結婚式場のHPにその記載があることも。NGの場合は、オペレーション面が理由。さらに、持ち込むアイテムをゲストによって贈り分けもしたいとなると、対応してくれる会場は限られてきます。

また、引出物だけでなく引出物用のバッグを持ち込みたいという人も。ゲスト全員分を用意できるなら対応してくれる会場は多く、引出物バック自体の単価が安いこともあり、持ち込み料がかかる会場は少数。

料飲・ケーキ

衛生管理の都合上、大半がNG……
ただし、“お酒”と“お米”ならアリの会場も

お酒の持ち込みは、「地元のお酒を出したい」という理由がよくあげられます。会場で入手可能な銘柄なら持ち込みNGですが、取り扱いがなければ未開封の状態で持ち込みOK。ただし、必須条件として「ゲスト人数分のフリードリンクは契約」して、その上で持ち込み料0円というケースが多いよう。

一方のウエディングケーキや披露宴で出す料理は、衛生管理上、持ち込み制限が厳しいのでご注意を。ただし、生米や野菜といった食材なら調理をするので食中毒が起きる危険も低く、対応してくれる可能性大。料理のフルオーダーができる会場なら、むしろ食材の持ち込みOKをウリにしていることも。過去には、結婚式前日に新郎新婦自身が会場の厨房でウエディングケーキを作ったというこだわり派もいるので、相談してみる価値はあり!

楽器

ほかのお客様にご迷惑がかからないように。
和太鼓・ドラムなど響く楽器は難しそう……

「ふたりの趣味が音楽」「新郎(新婦)が楽器を習っている」という音楽好きカップルが希望する楽器の持ち込み。OK・NGの境界線は披露宴会場が防音になっているか否かです。他のお客様にご迷惑がかかってしまわないかがポイント。

そのため、特に音が周囲に響く和太鼓やドラム、アンプにつなげる楽器は対応会場が限られます。なお、それ以外の楽器なら、弦楽器は○、管楽器は△。持ち込み料は不要な会場が大半。

カメラマン

持ち込みはオペレーション面でNG会場が大半

結婚式の写真撮影は、結婚式場の専属カメラマンに依頼するのが一般的。
もしカメラマンを持ち込むとなると、カメラマンに撮影NGの場所・シーンの説明や、当日の導線・出入り禁止場所の指示など、会場側の負担が意外と多いもの。
その分、カメラマン持ち込みOKの場合でも持ち込み料がかかることが多いので事前に確認を。また、会場とカメラマンとで事前打ち合わせが必須になるため、それらの調整も新郎新婦で行う必要があります。

ヘアメイク

ヘアメイクはハードル高め。持ち込み料は3~5万円

ヘアメイクの持ち込みはカメラマン並みの難しさ! 当日の立ち入りOK/NG場所の指示が必要だったり、控室の手配や時間内に仕上げてもらうためのフォローなど、会場側の負担もかかります。なお、会場によってはヘアメイクさんが介添え役を兼ねていることもあり、その場合、ヘアメイクを持ち込むとなると、別途介添えの手配が必要になることも。持ち込み料は3~5万円が目安。

映像

映像は多くの会場が持ち込み料なしで対応!

プロフィールムービーをはじめ、オープニングムービー、エンドロールムービーなど、
今や披露宴に映像・動画はかかせないもの。持ち込み料なしで対応してくれる会場が大半ですが、別途スクリーン代やプロジェクター代がかかる場合もあるので要注意。なお、持ち込み料がかかる場合は1~2万円程度で、会場によっては1本会場で頼めば2本目からは持込なしということも。

印刷物・ウエルカムボード

招待状・席次表など印刷物はOK、
ウェルカムボードは△

招待状・席次表などの印刷物は、持ち込みアイテムの中でも非常に持ち込みが容易です。持ち込み料なしの会場も多く、かかる場合でも席次表で1点200~500円程度。ウェルカムボードも持ち込みは多くの会場が対応してくれますが、保管場所の都合でNGということもあり、事前確認が必要に。

「持ち込むのって意外と大変……」と思ったら まずはお気軽にご相談ください!あなたの「持ち込みたい!」をマイナビウエディングサロンがお手伝いします!

詳細・店舗情報はこちら