結婚式場ならマイナビウエディング > 結婚式準備最強ノウハウ > 結婚式準備ガイド > 結婚式のお金 費用徹底ガイド > お礼・お車代・交通費・宿泊費…見落としがちな結婚式のお金

お礼・お車代・交通費・宿泊費…見落としがちな結婚式のお金

okane05
結婚式にかかるお金には、会場に支払うお金以外にも、実は当日、祝辞をして下さった主賓や受付をお願いした人、さらには遠方から足を運んでくれた方がいる場合には宿泊費などを渡します。会場からもらう見積もりには入っていない項目なので、ゲストの目途が立ったらどのぐらい必要か計算しておきましょう。

受付、主賓、乾杯……お礼やお返しで4万円程度は必要に

ゲストの中でも受付や司会など特別なことをしてくれた人へは、結婚式当日にお礼のお金を包んで渡すというのが一般的です。同じく、主賓、乾杯の音頭を取ってくれた方にも、お礼として相当の金額を包んで渡します。

さらに、ウエディングプランナーの方や、式当日、新婦に付き添って世話をしてくれる介添人に「お心付け」としてお金を渡す場合もありますが、これは自由で必ず渡さなければいけないものではありません。

それぞれのお礼、お返しの相場はいくらくらいが相場なのでしょう。
・受付…3,000円~5,000円
・主賓、乾杯の音頭を取ってもらった人…1万円~
・司会者(友人などに頼んだ場合)…2万円~

上記はあくまでも目安ですが、たとえば、受付を新郎側・新婦側それぞれ2名、主賓を新郎側新婦側それぞれ1名、乾杯を新郎側1名で依頼する場合、お礼として必要なお金は合計で42,000円になります。

さらに、余興や友人代表スピーチ、電報、プレゼントをもらった人などにも、お礼をする場合があります。改まって、お金を包むというのも反対に気を遣わせてしまう関係性であれば、後日食事会を開催したり、相当額の小物をプレゼント用意したり、さらには新婚旅行のお土産を豪華にするなども喜ばれるでしょう。

お礼のお金はそれほど大きな額にはなりませんが、少し頭に入れておくと安心ですね。

遠方ゲストには、交通費・宿泊費も負担。宿泊プレゼントなど上手に活用して

もう1点、忘れてはいけないのが遠方から来てもらうゲストの宿泊費と交通費。どちらも全額新郎新婦側が負担できるのがベストですが、人数が多い場合はそれも現実的に難しい場合もあります。

しかし、招かれたゲストもご祝儀に加え、宿泊費も交通費もかかるとなると、お祝いごととはいえお財布には相当痛いもの。新郎新婦からの全額負担が難しい場合は、新郎新婦が半額ほど負担するというのでも問題ありません。

その場合は、招待状を送る前に必ず「遠方での結婚式なのですが、交通費と宿泊費は半額しか負担できず、大変申し訳ありません。ご出席頂けると大変うれしいのですが、どうぞご検討下さい」と電話で連絡をすることが大切です。ゲスト側から宿泊費と交通費については聞き出しにくいことでもあるため、そのような誠意があれば、たとえ半額でも喜んで結婚式に出席してくれるはずです。

遠方からのゲストが多い場合は新郎新婦の負担が予想以上に大きくなることもあります。そこで、会場によってはゲストの宿泊費をプレゼントしてくれたり特別料金で案内してくれることもありますので、会場を見学するときにぜひプランナーさんに聞いてみるとよいでしょう。









≫ 結婚式のお金・費用徹底ガイドTOPへ

< 結婚式にかかるお金の基礎知識  |  一覧へ戻る  |  結婚式の節約術!安い時期・日取り、手作り・持ち込みテク >