結婚式場ならマイナビウエディング > 結婚式準備最強ノウハウ > 結婚準備ガイド > ブライダルフェア体験記 > 着物をドレスに仕立てた花嫁衣装!?  昭和レトロを感じる洋館で、和も洋もかなうウエディング体験フェア

ブライダルフェア体験記

�}�C�i�r�E�G�f�B���O�J�b�v�������L�����y�[��

ファミリーウエディングフォトアワード

ブライダルフェア体験記
2014年9月10日

着物をドレスに仕立てた花嫁衣装!?  昭和レトロを感じる洋館で、和も洋もかなうウエディング体験フェア

一生に一度の結婚式だからこそ、自分らしく好きなものにこだわりたい。そんなオシャレ花嫁たちが注目している場所があるとか。そんなウワサを聞き、編集部が行ってまいりました。オシャレ&高級住宅エリア、白金へ!

外苑西通りから一歩入ると、ふいに現れる洋館が今回のフェア会場「白金甚夢迎賓館」。この建物、昭和初期に日本の建築文化発展に貢献した人々の手によって、長い歳月をかけて建てられた貴重な洋館とのこと。門をくぐり、石畳の上を歩きながら目に入るのは大きなカイズカイブキの木。樹齢80年以上にもなるそうです。イギリスのチュードル様式を取り入れたという外観もとにかくカッコイイ。編集Tと編集Mはやや緊張気味に館内へ。

芸術品が息を吹き返す! ヴィンテージ着物ドレスにうっとり

本日のブライダルフェアは、夏の特別企画『若槻せつ子ヴィンテージの世界&ランチ~絆を紡ぐ物語コレクション』。着物ドレス「ローブ・ド・キモノ」を生み出した若槻せつ子氏によるドレス展示&トークショー、さらにランチ付きの豪華企画です。

まずは館内を案内いただきながら着物ドレスを拝見しました。

もともと、洋服のデザイナー、ファッションディレクターだった若槻せつ子さんが、着物の芸術性に感動したのは30年前のこと。匠の技や和の文様の意味などを勉強し、日本古来の文化を今に伝えたいと生まれたローブ・ド・キモノが生まれたそう。

「貴重な内掛をあえて大胆にドレスに仕立て上げる」と聞くと斬新な発想だと思うかもしれませんが、実際にドレスを拝見すると、伝統美と現代のデザインが調和して、とってもステキなドレス。お色直しで着たらゲストへのサプライズにもなりそう!

着物の柄には、「桜=五穀豊穣」など、意味があるというお話も勉強になりました。特に鶴は「生涯同じ相手と添い遂げる」という点は印象的。婚礼衣装にぴったりですね! 『白金甚夢迎賓館』ではこのドレスを着て結婚式ができるとのこと、着物好きの方やオシャレ花嫁は要チェックです。

そして素晴らしいのがここ『白金甚夢迎賓館』のインテリア。シャンデリア、ステンドグラスはもちろん、天井や壁に施された装飾はまさに匠の技! 名工が手をかけたものということがよく分かります。昭和クラシックモダンな空間での結婚披露宴なら、和装もドレスも絶対フォトジェニック! 編集T&M、「純白のドレス⇒お色直しは着物ドレスがイイね!」と意見が一致しました。

“フランコイタリアン”とは? 色鮮やかで美しい新感覚コース料理を堪能!

続いて、専属シェフ特製のコース料理を試食。頂くのはイタリアンをベースにフレンチの要素を取り入れた「フランコイタリアン」という珍しいスタイルの料理です。旬の食材を活かして、イタリアンとフレンチそれぞれの伝統的な技法を重んじつつも、新しさをプラスした料理なんだとか。

百聞は一見にしかず! 実際に頂いた料理の写真をぜひご覧ください。まず驚いたのが、見た目の美しさ。一品に食材をふんだんに使用しているので、思わず写真を撮りたくなるほど色鮮やか。女性ゲストに喜ばれそうですね。

今回のコース料理のメニューはこちら。

前菜:昆布〆真鯛のカルパッチョ 帆立の燻製とサーモンマリネのタルタル 柚子風味のジュレ
パスタ:天使の海老とズッキーニ ドライトマトのスパゲッティー
メイン:牛フィレ肉のポワレ 西洋山葵のソース 色とりどりの野菜添え
デザート:ウフ・ア・ラ・ネージュ

取材した日は残暑の厳しい8月末でしたが、夏野菜や柑橘類を使った爽やかな料理はとても食べやすく、季節にあった料理でおもてなしすることの大切さを実感。歴史的に価値ある建物で四季を感じる美食を頂くなんて、招待されたゲストは絶対うれしいはず!

結論! 『白金甚夢迎賓館』はこんなカップルにオススメ

伝統的な“和”と“洋”を組み合わせたオシャレウエディングをしたい大人花嫁。また、ゲストに「ここに行くこと自体が楽しみ」と感じてもらえる場所を選びたい新郎新婦にぴったり。ぜひ一度ふたりで食事を兼ねて足を運んでみて。
紫の藤が美しい色内掛。窓の向こうの お庭にある藤とおそろいということで選 ばれたそう
ヴィンテージの色内掛をリメイクした KIMONOドレス。ラインや色で雰囲気 はがらりと変化
長いベールとの組み合わせが美しいド レス。教会式にもぴったり
右は留袖風の衣装。留袖が苦手という 女性から人気だそう

前菜のカルパッチョ。柚子風味のジュ レが真鯛にぴったり!
野菜たっぷり! 「真鯛のハーブ蒸し ソースコキアージュ」
柔らかい牛フィレ肉のポワレ。山葵の ソースでさっぱりと

今回取材に協力してくれた会場はこちら

< ガーデンで感じるゲストとの一体感が魅力! 「ふたりらしい」ウエディングを発見♪  |  一覧へ戻る