結婚式場ならマイナビウエディング

 > プレミアムクラブ

 >  プレミアムクラブ特集  >  大人のための式場選びTOP  >  披露宴の印象を左右する会場の“天井高”(低い天井編)

披露宴の印象を左右する会場の"天井高"(低い天井編)


ブライダルエステナビ

キャンペーン

マイナビウエディングサロン:時間がないふたりならプロに任せるのが一番

時間がないふたりならプロに任せるのが一番

大人の上質ウエディングを知りつくしたプロが、ふたりにぴったりな結婚式場を提案します

オトナのための式場選び 披露宴の印象を左右する会場の"天井高"

披露宴会場選びの決め手のひとつとなるのが天井の高さ。というと、「天井高が高ければ高いほどよいのでは?」と思われる方が多いのでは。実はそうともいえないのです。確かに天井が高いと空間に広がりが出て、ラグジュアリー感もアップします。その一方で、低めの天井の方が空間をアレンジしやすく、"アットホーム"や"スタイリッシュ"など雰囲気を希望する新郎新婦にも作りやすいという側面も。そこで今回は、マイナビウエディング プレミアムクラブ編集部が、天井の高い会場と低い会場を徹底比較! それぞれの魅力を見極めて、自分好みの式場選びの参考にしてください。

どちらがお好み?

高さ2m~5m 天井低の魅力

  • POINT1

    天井を彩る個性的な照明や
    装飾がゲストを魅了

  • POINT2

    天井高まで広がる窓からの眺めが
    ゲストを喜ばせる演出に

  • POINT3

    家にいるような感覚で、
    ゲストと一体感を味わえる

高さ8m以上 天井高の魅力

Photo:ホテル椿山荘東京
  • POINT1

    ダイナミックな装花で扉を開けた
    瞬間の感動を引き出す

  • POINT2

    印象的な大階段がドラマティックな
    入場シーンを演出

  • POINT3

    壮大な空間を彩る迫力の映像演出や
    照明、シャンデリア

「低い天井」はココが素敵!
「高い天井」はココが素敵!

1.装飾×天井"低"

天井を彩る個性的な照明や装飾がゲストを魅了

床、壁、窓、そして天井が一体となって創り出す空間美を楽しめるのは、低めの天井ならでは。なかでも天井装飾にこだわりがあり、個性的な空間を作りだす会場は大注目です。スタイリッシュだったり、モダンだったり、ふたりのテイストやイメージにあった空間を選ぶことで、ウエディング全体にテーマ性を持たせることができます。天井に描かれた世界観をもとにふたりらしいパーティを実現させて。

天井装飾が魅力の会場をPICK UP!

  • トレンドの発信地として知られる青山らしい、スタイリッシュ&モダンを極めた会場が『リビエラ青山』の「グランブルー」。注目は日本を代表するデザイナー橋本夕紀夫氏が"人と人を繋げる"というイメージでデザインした天井装飾。広がりのある空間全体に、どこまでも交差して伸びるラインがモダンなパーティを演出します。会場内での写真撮影も、天井の装飾が映り込むことでよりオシャレなイメージに仕上がるなどの効果も!

    式場情報はこちら

  • 横浜みなとみらいに聳えるランドマークタワーの66階にあるのが『横浜ロイヤルパークホテル』の「ロイヤルスイート」です。290㎡もの広さを誇る部屋の窓からは横浜の海や街を一望。さらにピアノやチェロの生演奏のなか挙式を執り行うことも。そんなアットホームなひとときを見守るのがクラシカルな雰囲気漂うシャンデリアです。温かみのある優しい光に包まれながら、究極のスモールラグジュアリーウエディングが実現します。

    式場情報はこちら

  • ワンフロアを貸し切り、プライベート感たっぷりのウエディングが叶う『アニヴェルセル 表参道』。「女性の宝物を集めた宝石箱」をイメージした会場「ジ・アトリウム」は、天井を高くしすぎないことで統一感あるインテリアを楽しむことができます。空間のポイントとなるのがブレスレットイメージしたシャンデリア。アーチ型の窓から差し込む柔らかな光が反射し、表参道らしいファッショナブルでアットホームな空間とひとときを作り上げてくれます。

    式場情報はこちら

2.窓からの景色×天井"低"

天井高まで広がる窓からの眺めがゲストを喜ばせる演出に

床から天井までがガラス張りになっているなど、窓のある会場は天井が低めが最近のトレンド。開放感を満喫できる昼間はもちろんのこと、空が茜色に染まる夕景や街のイルミネーションが煌めく夜景など、時間ごとに魅力的な景色を見せてくれる窓の効果は絶大です。会場に入った瞬間に目に飛び込む窓からの眺めはそれだけでインパクトのある演出に。ゲストが喜ぶ会場の特徴として低天井×窓の組み合わせは要チェック!

窓からの景色が魅力の会場をPICK UP!

  • ゆったりと庭園を眺めながら、食事と会話を楽しめる『ホテル椿山荘東京』の「ギャラクシー」。披露宴会場に隣接するホワイエの向こうには、青々とした芝生がきらめくプライベートガーデンが広がります。さらに、その先には広大な庭園が。庭園を背にメインテーブルを配することで、ゲストからは天井を彩るゴージャスなシャンデリアと庭園の景色と新郎新婦の姿がバランスよく視野に入ることができます。また、楕円形の会場ならではのゲストとの近い距離感も人気の理由。

    式場情報はこちら

3.アットホーム感×天井"低"

家にいるような感覚で、ゲストと一体感を味わえる

「自宅にいるような感覚でゆっくりと美味しい食事を味わってもらいたい」「ゲストと自分たちが同じ目線で会話を楽しみたい」。そんなアットホームなウエディングを希望するカップルなら圧倒的に天井高が低めの会場がオススメです。天井が高いとダイナミックではありますが、背筋を伸ばしてピシっとした雰囲気になるのも事実。また天井に施された細工や、外の景色にも目線が行きやすいのも天井が高すぎないからこその利点です。

アットホーム感が魅力の会場をPICK UP!

  • 「神路の間」は加賀百万石旧前田侯爵邸を移設した歴史ある一室。格天井など伝統的な日本建築の風格を感じることができます。もともとの造りがお座敷なので天井高は低めですが、だからこそ天井や欄間などが間近で見え、趣ある空間に。披露宴では、御神酒でもある「白鷹」での鏡開きや、両家の実家の水を使った「水合わせの儀」など家と家との絆を感じるセレモニーが人気を集めています。

  • 『ホテル椿山荘東京』で少人数パーティ会場として人気の「シェフズテーブル」は、その名の通りシェフが目の前で仕上げたお料理をゲストと共に楽しめるのが最大の魅力。凝った演出や余興を控えた少人数パーティでは、オープンキッチンから漂う音や香り、そして窓から見える緑が何よりのおもてなしとなります。大きな会場を区切って「少人数もできる」会場も多い中、「少人数が素敵」な都内でも数少ない会場のひとつ。天井が高すぎないのは、空間のちょうど良さ、アットホームさを演出する上でマストの条件です。

    式場情報はこちら


キャンペーン


マイナビウエディング プレミアムクラブ 今月の特集

今、最も注目されている式場は? 人気式場 週間ランキング
今「牧師」にこだわる花嫁が増えています! 大人のための式場選び
テイストで式場を探す 外資系ホテルから三ツ星レストランまでLuxe Wedding
【ウエディングアーティスト】ナチュラル+αで完成するガーデンウエディング演出
編集部スペシャルスタイリング
思わず「少人数」を選びたくなる!少人数ウエディング 徹底ガイド
まとめて資料請求OK! 滞在型リゾート婚会場
オシャレ花嫁SNAP