結婚式場ならマイナビウエディング

 > プレミアムクラブ

 > プレミアムクラブ特集

 > ウエディングスタイル辞典

 > ブライズメイドとの華やかウエディングは、日本の結婚式でだって楽しめる!


ブライダルエステナビ

キャンペーン

マイナビウエディングサロン:時間がないふたりならプロに任せるのが一番

時間がないふたりならプロに任せるのが一番

大人の上質ウエディングを知りつくしたプロが、ふたりにぴったりな結婚式場を提案します

欧米の結婚式・結婚準備 ウエディングスタイル辞典

ブライズメイドとの華やかウエディングは、日本の結婚式でだって楽しめる!

ブライズメイドといえば、挙式当日におそろいのドレスを着て花嫁と一緒に……っていう華やかなイメージはあるけど、具体的に何をするのかよくわからないし、そもそも「ブライズメイド」を日本の結婚式で取り入れる場合もどうしたらいいのかわからない、という人も多いのでは。ここでは、みんながなんとなくあこがれている、ブライズメイドについて詳しく紹介します。

ブライズメイドとは?

ブライズメイド( Bridesmaid )とは、ひとことで言うと花嫁のサポート役のこと。新婦の付き添い人、立会人として、結婚式で花嫁の側に立つ女性たちのことです。花嫁の友達をはじめ、姉妹や親族の中から、未婚の女性が務めるのが一般的です。人数は、2~5名のケースが多いようです。

もともとは中世のヨーロッパが起源で、花嫁の幸せを妬む悪魔から花嫁を守るために、未婚の姉妹や友人たちが花嫁と同じようなドレス・衣装を着て付き添い、悪魔の眼を惑わし、挙式当日に新婦を守ったという伝統が由来とされているそう。

花婿側の同じ役割の男性たちは、アッシャーまたはグルームズマンと呼ばれ、花嫁側のブライズメイドと人数を揃えます。そしてブライズメイドの代表は「メイド・オブ・オナー」、花婿側の代表は「ベストマン」と呼ばれます。

>>アッシャー(グルームズマン)とは?

ブライズメイドの役割って? 日本の挙式で取り入れるなら?

新婦が着る、ウエディングドレスの“白”以外の色でそろえたドレスを着て、挙式当日の花嫁を引き立て、結婚式を盛り上げるのがブライズメイド。おそろいのドレスなど、華やかなイメージばかりが先行しがちですが、挙式当日は、花嫁の身の回りの世話をするアテンド的な役割も担います。

中でもブライズメイドのリーダーとなる「メイド・オブ・オナー」は、花嫁のドレスの裾を直したり、指輪交換のときに花嫁のブーケやグローブを預かったりと、介添え役としての役割もあるので結婚式当日はかなり忙しくなります。日本で取り入れるなら、新婦側の代表として、ブライズメイドたちに披露宴の受付などをお願いしてもいいかもしれません。

また、挙式当日だけでなく、ブライダルシャワー(花嫁を祝福する女性のみの前祝いパーティ)を企画するのもブライズメイドの役割です。日本で取り入れるなら、結婚式や二次会の準備、小物の手づくりなどのお手伝いをお願いしてもいいかもしれません。新婦とブライズメイドが一緒に行う作業が多いほど、仲間としての絆がますます強くなるものです。

★実際にブライズメイドを取り入れた先輩カップルの結婚式を見る
>>最高にラグジュアリーな大人ウエディングを実現! 麗しきLuxuryWedding

>>こだわりウエディングを叶えた花嫁たちをクローズアップ! オシャレ花嫁SNAP

ブライズメイドを取り入れた結婚式当日の演出アイデア

挙式当日の花嫁のサポートという責任ある役目をこなしながらも、ウエディングシーンに華を添えてくれるブライズメイドたち。日本の結婚式で取り入れるなら、こんな役割をお願いしてみては。

●挙式で
・挙式前のブライズルームで花嫁の緊張をほぐす
・結婚式では新郎新婦の前に入場し、花嫁の移動などを手伝う、アテンド的な役割も(ある海外ドラマでは踊りながら入場するシーンも話題となりました)
・花嫁のベール裾やドレスの裾を整える
・人前式なら、花嫁と花婿ふたりの結婚を承認してもらえるかゲストに問うなど、結婚式の司祭としての役割も
・新郎新婦が行う指輪交換や結婚証明書へのサインのとき、花嫁のブーケやグローブを預かる
・フラワーシャワー用の花びらをゲストに配る


●披露宴・パーティで
・新婦側の代表として、受付をお願いする
・新婦側の代表として、司会をお願いする

photo:麗しきLuxuryWedding 小澤由梨さん

ブライズメイドの衣装はどうしたらいい? 依頼の仕方は?

ブライズメイドといえば、新婦の近くでおそろいの衣装を着て、ずらりと並んだ結婚式での様子を真っ先に思い浮かべる人も多いはず。

挙式ではもちろん、ブライズメイド全員がおそろいのドレス・衣装でもかわいいけれど、まったく同じデザインのドレスでなくてもOK。たとえばおそろいの色でデザイン違いのドレス、反対に同じデザインで色違いのドレス、さらにブーケやリボンなど小物を合わせたコーディネートもかわいい!

欧米の結婚式では、ブライズメイドのドレス・衣装代は花嫁が負担するのが一般的です。もし、日本の結婚式で取り入れるなら、ご祝儀をいただく代わりに自前でドレスを買ってもらうのもいいかもしれません。そして、せっかくの結婚式だから、花嫁のウエディングドレスとブライズメイドのドレスを華やかでスタイリッシュにコーディネートしちゃおう!
>>花嫁&ブライズメイドの華やかコーディネート術

ブライズメイドを自分の結婚式に取り入れたいときは、まずはお願いしたい相手の負担にならないように相談してみて。「あなただからお願いしたい」という信頼感と特別感がしっかり伝わるようにお願いし、「友人の結婚式が楽しい思い出になりそう!」という期待感を持ってもらえると◎。そして引き受けてくれたら、感謝の気持ちを相手にしっかり伝えましょう。


< ウエディングスタイル辞典トップへ戻る

>>憧れの海外ウエディングでブライズメイドとの結婚式を実現♪ 海外のチャペル・教会を見る
>>海外挙式はプロにお任せ! 海外挙式の手配会社一覧


ブライダルシャワーとは? 女子だけで楽しく過ごす結婚式の前祝いパーティー | 一覧へ戻る | バチェラーパーティ&バチェロレッテパーティで独身最後の思い出を!

キャンペーン


マイナビウエディング プレミアムクラブ 今月の特集

今、最も注目されている式場は? 人気式場 週間ランキング
今「牧師」にこだわる花嫁が増えています! 大人のための式場選び
テイストで式場を探す 外資系ホテルから三ツ星レストランまでLuxe Wedding
【ウエディングアーティスト】ナチュラル+αで完成するガーデンウエディング演出
編集部スペシャルスタイリング
思わず「少人数」を選びたくなる!少人数ウエディング 徹底ガイド
まとめて資料請求OK! 滞在型リゾート婚会場
オシャレ花嫁SNAP