結婚式場ならマイナビウエディング

 > プレミアムクラブ

 > プレミアムクラブ特集

 > ウエディングスタイル辞典

 > 「イニシャルオブジェ」を結婚式や前撮りに! 手作りで簡単&ふたりらしさが演出できる


ブライダルエステナビ

キャンペーン

マイナビウエディングサロン:時間がないふたりならプロに任せるのが一番

時間がないふたりならプロに任せるのが一番

大人の上質ウエディングを知りつくしたプロが、ふたりにぴったりな結婚式場を提案します

欧米の結婚式・結婚準備 ウエディングスタイル辞典

「イニシャルオブジェ」を結婚式や前撮りに! 手作りで簡単&ふたりらしさが演出できる

イニシャルオブジェ

気軽に取り入れられる結婚式の装飾アイデアとして、人気上昇中のイニシャルオブジェ。新郎新婦の名前のイニシャルをかたどったもので、ウェルカムスペースや高砂席をオシャレにデコレーションできるのはもちろん、前撮り写真やフォトブースでも大活躍。イニシャルは結婚するふたりだけのものなので、デザインを工夫すれば“ふたりならでは感”を出すことができます。そこで、イニシャルオブジェのオシャレな取り入れ方をご紹介します。

イニシャルオブジェとは?

イニシャルオブジェとは、新郎新婦のイニシャルをベースに、木や紙、フラワー(花)などで作る、結婚式で飾るオブジェのこと。雑貨屋さんやインターネット通信販売で既製品のアルファベットの切文字などを購入し、リメイクするだけでも見栄えよく仕上がり、さらにデコレーションする素材を工夫すればオシャレ度がぐんとアップする便利なアイテム。数百円からの予算でオンリーワンのオブジェが完成し、活用の幅も広いから手作りにチャレンジする花嫁さんも増えています。


▼ボタンやリボン、フラワー(花)などをデコレーションした、ハンドメイドのシンプルなイニシャルオブジェ


イニシャルオブジェってどこに飾るもの?

結婚式・披露宴では、ウェルカムスペースや高砂席などに飾るのがスタンダードなスタイル。また、ウエディングケーキの近くに置けば、ケーキカットの際、さりげなく写真に映り込ませることも可能です。イニシャルオブジェは、結婚式が終わってからも新居の玄関やリビングなどに飾ることができるので、結婚式ならではのデザインにするか、長く楽しめるようなデザインにするか、デザインの選択肢が幅広いのも魅力です。

▼「イニシャル」「&」「Welcome」のアルファベットにたくさんのお花を敷き詰めて


▼高砂席のテーブル装飾の一部として新郎新婦の間に置くスタイルが流行中♪



>>フリンジバルーンで結婚式をかわいくオシャレにするデコレーションアイデア

イニシャルオブジェは前撮りでも大活躍! 

持ち運びのしやすいイニシャルオブジェは、結婚式の前撮りでも大活躍してくれます。新郎新婦の手前に置けば主役級のオブジェにもなるし、さりげなく端に映り込ませれば、写真のアクセントにも。ビーチやガーデンなど、自然の中での前撮りに取り入れるなら、イニシャルオブジェもナチュラルなデザインがオススメ。また、“洋”のイメージが強いイニシャルオブジェですが、実は和装の前撮りにも意外とピッタリなんです。

▼ビーチでの前撮りには、遠近法を活用してこんな撮影アイデアも


▼麻ヒモでラッピングし手作りするアイデア。フラワー(花)をあしらった、ナチュラルな雰囲気のイニシャルオブジェはビーチでの前撮りやフォトウエディングにぴったり

mi**さん(@msh__wd)がシェアした投稿 -



▼シンプルなアルファベットだけのデザインは和装と組み合わせても意外とぴったり!


▼シルエットとして、イニシャルオブジェを写り込ませると幻想的な雰囲気に



>>フォトプロップスにフォトブース、フォトツリー! 写真で楽しむ結婚式

素材は? 形は? イニシャルオブジェのデザインアイデア 

ベースとなるアルファベットオブジェはシンプルでも、デコレーションに使う素材によって雰囲気がガラリと変わるのがイニシャルオブジェ。フラワー(花)やグリーンをあしらってナチュラルな雰囲気にしたり、マーキーライトとしてきらびやかな印象にチェンジできるのも魅力です。また、結婚式の花嫁と花婿をイメージして、ハットとヴェールでドレスアップするスタイルも人気。身近にあるもので手作りやアレンジが楽しめるので、結婚式のテーマや会場の雰囲気などに合わせて、新しいアイデアを考えてみて。

▼ベースとなるアルファベットにドライフラワーや造花を手作りでデコレーションして、ナチュラルに♪


▼アルファベット型の枠に、多肉植物を詰め込み、よりナチュラルさを演出したイニシャルオブジェ。ナチュラルなガーデン挙式にオススメ


▼アメリカのシアターやホテルなどの看板(電光掲示板)をモチーフにしたマーキーライト。イニシャルにライトを埋め込んでいるので、パッと明るい印象に♪


▼ハットと蝶ネクタイ、ヴェールとネックレスでドレスアップして、結婚式の新郎新婦を表現したイニシャルオブジェ。手作りもオススメ


▼ファミリーウエディングでもイニシャルオブジェは大活躍! ふたりのイニシャルの間に子どもの小さなイニシャルを置いて家族を表現


▼アルファベットの形をしていなくてもOK。ワインボトルなどにイニシャルを手書きするアイデア


▼イニシャルクッションなら、買ってきてそのまま置くだけ!


前撮りやフォトブースに用意しておくだけで写真に変化がつけられる!「&(アンド)オブジェ」

「&」の形をした「アンドオブジェ」も、結婚式にひとつ用意しておくだけで使い勝手のいい便利なアイテムです。たとえば前撮りなら「&」のマークそのものが持つ意味を活かして、新郎新婦がふたりで手に持ってもステキ。イニシャルと合わせても、単体で使っても、結婚式らしさが表現できるうえ、写真に変化を出すことができるので手作りに挑戦してみるのも◎。

▼「&」を介してつながるふたり。アンドオブジェがあるだけで意味のある写真に


▼写真に変化をつけるアイテムのひとつとして「&(アンド)オブジェ」が大活躍!



>>クレイケーキって知ってる? ウエディングケーキやマカロンタワーで大人可愛い結婚式に♪

まとめ 

前撮りの演出はもちろん、結婚式当日のデコレーションアイテムとして、大活躍のイニシャルオブジェ。既製品のアルファベットの切文字などを使った簡単なデコレーションから、本格的なリメイクまで、さまざまな方法で手作りできるのが最大の魅力。ここでご紹介したデザイン例を参考にするのもいいけれど、あれこれ考えるうちに、まだ誰も使ったことのない素材を思いついてしまうかも? 自由な発想で、ふたりらしさを表現してみてくださいね。

< ウエディングスタイル辞典トップへ戻る


おそろいのスニーカーで結婚式を♪ ガーデンウエディングや前撮りのオシャレなコーディネートアイデア | 一覧へ戻る | 海外ウエディングの定番! テーブルナンバーのオシャレなアイデア集

キャンペーン


マイナビウエディング プレミアムクラブ 今月の特集

今、最も注目されている式場は? 人気式場 週間ランキング
今「牧師」にこだわる花嫁が増えています! 大人のための式場選び
テイストで式場を探す 外資系ホテルから三ツ星レストランまでLuxe Wedding
【ウエディングアーティスト】ナチュラル+αで完成するガーデンウエディング演出
編集部スペシャルスタイリング
思わず「少人数」を選びたくなる!少人数ウエディング 徹底ガイド
まとめて資料請求OK! 滞在型リゾート婚会場
オシャレ花嫁SNAP