結婚式場ならマイナビウエディング

 > プレミアムクラブ

 > プレミアムクラブ特集

 > ウエディングスタイル辞典

 > ジューンブライドの意味・由来は?日本の結婚式での取り入れ方とアイデアを紹介!


ブライダルエステナビ

キャンペーン

マイナビウエディングサロン:時間がないふたりならプロに任せるのが一番

時間がないふたりならプロに任せるのが一番

大人の上質ウエディングを知りつくしたプロが、ふたりにぴったりな結婚式場を提案します

欧米の結婚式・結婚準備 ウエディングスタイル辞典

ジューンブライドの意味・由来は?日本の結婚式での取り入れ方とアイデアを紹介!

ジューンブライド

ジューンブライド」って言葉は聞いたことがあるけど、実はその意味や起源の由来について知らないという人も多いのでは? なぜ、「6月の花嫁」がフューチャーされるのか、その理由や6月の結婚式ならではのオススメのウエディングスタイルなどもあわせてご紹介します。

ジューンブライドとは? どんな由来・意味があるの?

ジューンブライド」とは、古くからヨーロッパで「6月に結婚する花嫁は幸せになれる」とされる言い伝えのこと。意味や由来については諸説ありますが、ギリシャ神話に登場する神主ゼウスの妃で、結婚や出産を司る女神「Juno(ジュノ)」が守護する月が6月(June)であることから、この月に結婚をすると生涯幸せに暮らせると言われています。また、かつてヨーロッパでは、農作業の妨げとなることから3月~5月の結婚が禁じられていました。そのため、結婚が解禁となる6月に結婚式を挙げるカップルが多く、祝福ムードいっぱいだったからという説も。

ジューンブライドにあたる6月は、日本では梅雨の季節にあたりますが、海外ではハワイやヨーロッパを始め乾季に入っている国が多く、心地よい気候で結婚式が行える季節。特に海外挙式を考えているカップルにとっては、最高のウエディングシーズンと言えます。


ジューンブライドを上手に取り入れるには?

日本では梅雨の時期に差し掛かるジューンブライド。お天気が気になるところではありますが、アイデア次第で上手に日本でのジューンブライドをかなえることができます。



◆入籍日(婚姻届出)を6月にする
一般的には、6月に挙げる結婚式のことをジューンブライドと呼ぶことが多いようですが、「挙式」のことを指すか「入籍(婚姻届出)」のことを指すか正式な決まりはなく、6月に入籍(婚姻届出)することをジューンブライドと呼んでも問題はありません。天候などが心配な方は、挙式は別の月にして入籍日のみ6月を選んでみては。

◆雨でも安心! 全天候型の結婚式場を選ぶ
結婚式場の中には、雨にも対応できるインナーガーデンや吹き抜けのテラス空間が用意されている会場もあります。天候に左右されないので、雨が降った場合でも晴れの日と同じようにウェルカムパーティやフラワーシャワーといった演出が思いのまま。また、ガーデンウエディングなど会場が屋外の場合も、別の場所で予定通りのプログラムが行えるところが用意されているのが一般的です。

>>ジューンブライドを取り入れたい! 6月の結婚式の特徴とオススメ会場をチェック

◆6月の○○記念日を選ぶ
実は、6月には結婚式のテーマにぴったりの記念日が目白押しです。毎年、6月第一日曜日は「プロポーズの日」、6月12日は「恋人の日」、6月第三日曜日は「父の日」。ジューンブライドにプラスして、その日にちなんだサプライズ演出を取り入れてみてはいかがでしょう?

>>六輝カレンダーで記念日やお日柄のいい日をチェック

◆海外ウエディングを選ぶ
6月はヨーロッパの国々やハワイやバリ、フィジーなどのビーチリゾートが結婚式のベストシーズンを迎えます。海外で結婚式を挙げるならこの時期がオススメです。

>> ハワイやヨーロッパなど人気エリアがいっぱい! 海外挙式を探す

6月の花嫁の特権! ジューンブライドにオススメのフラワーコーディネート

初夏を感じる6月は、この時期に旬を迎える花が多くあります。花嫁に欠かせないブーケや会場装花を彩る、ジューンブライドならではのフラワーアレンジをぜひ取り入れて。

◆6月のシンボルフラワー「紫陽花」

@yurie_matsuyamaがシェアした投稿 -



6月を代表する花といえば、紫陽花(あじさい)。結婚式でも人気の高い花で、小さな小花が集まっている姿から「家族団らん」「友情」「仲良し」という意味の花言葉を持ちます。また、カラーバリエーションが豊富なところも紫陽花の魅力のひとつ。

▼紫陽花(あじさい)だけでも十分の存在感を発揮するブーケ。幸せのジンクス「サムシングブルー」にちなんで、青色を取り入れてみるのもステキ。


>>サムシングフォーで幸せな花嫁に♪ 4つのアイテム&結婚式の演出アイデア

▼グリーンとの相性の良い紫陽花(アジサイ)は、テーブル装花にもオススメ。室内はもちろん、ガーデンにも映えるコーディネートに。



▼ペーパーアイテムのモチーフに紫陽花(アジサイ)を取り入れてジューンブライドらしく。色を合わせてアレンジするだけでも結婚式全体の統一感がアップ。



▼紫陽花(あじさい)は和を取り入れた結婚式にもぴったり。枝や葉を使ってアレンジすれば、より和テイストな雰囲気に。



◆優しい香りいっぱいの「ライラック」


紫陽花と同様、6月に旬を迎えナチュラルな雰囲気と優しい甘美な香りが人気のライラック。紫のライラックは「恋の芽生え」、白のライラックは「青春の喜び」「無邪気」という花言葉を持ち、ハートの形をした葉っぱもキュート。

▼ライラックだけでのブーケもステキだけど、他のどんな花材とも相性抜群。取り入れ方次第でどんな雰囲気にもアレンジ可能。



▼優しい香りのライラックは梅雨時期のジューンブライドにぴったり。ゲストテーブルにそっと添えておくだけでおもてなし演出に。



▼純白のウエディングケーキに、ライラックを飾るだけでもオシャレ。初夏を感じるコーディネート。



▼和を取り入れた結婚式なら、6月に旬を迎えるシャクヤクを取り入れたコーディネートもオススメ。

Ayukoさん(@odajiko)がシェアした投稿 -




◆凛とした美しい姿が人気の「カラー」

Kさん(@k_wd11)がシェアした投稿 -



ジューンブライドにあたる6月に見頃を迎える、まっすぐに伸びた茎と美しい花の形が人気のカラー。その凛とした姿から、「華麗なる美」「乙女のしとやかさ」といった意味の花言葉を持ち、その語源はギリシャ語の「カロス(美しい)」に由来するといわれます。

▼ブーケはカラーの茎を活かしたスタイリッシュなクラッチタイプが人気。



▼新郎のコサージュとしても美しく映えるカラー。ブライズメイドやグルームズマンのお揃いアイテムに取り入れてもステキ。



▼清楚な印象を持つカラーは、和の結婚式にもぴったり。凛とした美しいアレンジに。



>>オシャレ花嫁にオススメの最旬ウエディングアイテム集

>>ブーケの種類&人気の花を解説【ウエディングドレスとの合わせ方ガイド付き】

ジューンブライドの意味を知ってステキな結婚式を!

ステキな由来や意味を持つジューンブライド。この時期だから楽しめる結婚式のアイデアやコーディネートなどをたくさんご紹介しましたが、いかがでしたか。古くから伝わる女神「Juno」に見守られた幸せたっぷりの6月の花嫁。ふたりらしいエッセンスを加えて、あこがれのジューンブライドをかなえてくださいね!


< ウエディングスタイル辞典トップへ戻る


一生の宝物! ゲストと一緒に手作りするウエディングツリーの「結婚証明書」 | 一覧へ戻る | 結婚式のウェルカムスペースで大活躍! ウェルカムトランクのおしゃれコーディネート

キャンペーン


マイナビウエディング プレミアムクラブ 今月の特集

今、最も注目されている式場は? 人気式場 週間ランキング
今「牧師」にこだわる花嫁が増えています! 大人のための式場選び
テイストで式場を探す 外資系ホテルから三ツ星レストランまでLuxe Wedding
【ウエディングアーティスト】ナチュラル+αで完成するガーデンウエディング演出
編集部スペシャルスタイリング
思わず「少人数」を選びたくなる!少人数ウエディング 徹底ガイド
まとめて資料請求OK! 滞在型リゾート婚会場
オシャレ花嫁SNAP