婚約指輪(エンゲージリング)の歴史とは

婚約指輪(エンゲージリング)の歴史とは


婚約指輪(エンゲージリング)の意味と由来は知っているようで知らないもの。指輪が生まれ、交換する意味が生まれたのはエジプトからと言われています。当時、「結婚」は象形文字の円で描かれ、永遠に途切れぬものを表していました。指輪の円形の形にその意味を重ねて、真実を誓い相手とひとつになることを表現したそう。また、紀元前1世紀の古代ローマで、結婚より婚約が重視されていました。その誓いの儀式に鉄の輪を贈ったのが婚約指輪(エンゲージリング)の始まりとも言われています。

薬指にはめるのにも理由がある

婚約指輪(エンゲージリング)を薬指にはめる理由も古代エジプトの言い伝えから。心臓につながっている左手の薬指は愛の静脈があり、愛のパワーが流れていると信じられていたそうです。永遠に愛し合えることを誓うために、左手の薬指に指輪をする風習ができました。さらには薬指には『創り出す力』があるとされています。そのことから新しい家庭をふたりが創造するという願いも込められているそうです。で、左手の薬指は心臓と“愛の静脈”でつながり、愛のパワーが宿っているから。

宝石を使った婚約指輪(エンゲージリング)の由来

宝石がついた婚約指輪(エンゲージリング)が出てきた中世では、最初はサファイアやルビーがよく使われていました。初めて婚約指輪(エンゲージリング)にダイヤモンドを使ったのは1477年と言われています。ローマ帝国皇帝になるマキシミリアン大使がブルゴーニュの公女マリーに結婚を申し込んだ時のこと。ドイツのモロルティンガー博士が「不屈の力」「永遠」を意味するダイヤモンドを贈るようにアドバイス。そこから、ダイヤモンドが永遠の愛の象徴となったようです。

婚約指輪が日本でどう広まったのか

日本に婚約指輪(エンゲージリング)を贈る習慣が入ってきたのは明治時代の頃と言われています。人気が高い立て爪タイプのダイヤモンドリングが定番になりだしたのは、ダイヤモンドの輸入が解禁になった高度経済成長期のあたりから。地上でもっとも硬いダイヤモンドは固い絆と永遠の愛、無色透明な輝きは純粋無垢な心を象徴しているとされ、女性たちの憧れとなりました。近年では、立て爪タイプだけではなく、エタニティリングや誕生石を使ったリングなどデザインも多様性に富んでいます。