指輪を目立たせるか目立たせないか

指輪を目立たせるか目立たせないか


結婚指輪・婚約指輪をきちんと目立たせたいか、日常生活でも違和感がないようにさりげなくつけたいかで好みが分かれるところ。
婚約指輪を目立たせたいなら立爪タイプで石が光を集められるものや、メレ、パヴェなど石の輝きが目立つものがいいでしょう。センターダイヤモンドを小さなダイヤモンドが取り囲む、「取り巻きタイプ」は華やかで、おしゃれ女子から人気。
逆に普段使いをしたいなら流行りの繊細・極細タイプのエタニティデザインや、ダイヤモンドが目立たないようさり気なく埋め込まれたタイプのものがベストです。

結婚指輪を目立たせたいなら、石つきのキラキラしたタイプが選択肢に入ってきます。幅広めのパヴェリングは特に華やか! また、ダイヤモンドなしでもミル打ちやファセット加工できらめき感があるものなら存在感が出ます。
自然に溶けこませたいなら、セミマット・ハーフマット加工などでツヤを押さえたものが人気。明るすぎないゴールドや、プラチナとゴールドをかけあわせた中間色の素材も肌なじみが良くおしゃれに見せつつ、日常使いになじみますね。
最近ではセットリングのバリエーションも豊富なので、結婚指輪を目立たせたくない場合は普段は飾りのないシンプルなものを一本だけつけて、パーティなどの時はダイヤモンドがついたエンゲージリングを重ねづけして華やかに見せるなど、コーディネイトによって印象を変える方法も。 いずれにせよ、指輪はまず自分の指の形をキレイに見せてくれるかどうかが大事。また、凝ったデザインの場合、日常で使うときに邪魔になる場合も。普段は付けないけれど、ここぞ! という時に思い切り目立たせたいか、常日頃、体の一部のように感じられるまで身につけたいかをまず考え、そこから自分の求める指輪を選びましょう。