男にはわからないふたつの違いについて

結婚指輪と婚約指輪の違い

婚約指輪と結婚指輪にはそれぞれの意味と違いがあるが、男からするとよくわからない。ふたつの違いを理解して、それぞれの必要性を知ろう。


婚約指輪とは?



婚約指輪とは、男が婚約の記念に送る指輪。彼女にとって婚約指輪は初めて男から贈られる永遠の愛の証だ。指輪を受け取る瞬間は、結婚を意識した時にもっとも憧れるもののひとつだ。

婚約指輪はプロポーズの際に渡すのが一般的だと思われているが、最近ではプロポーズのあとに二人で選びに行くケースもある。彼女の好みに合わせたものがほしいなら、そちらがベターだろう。また、婚約指輪には一般的に宝石がついているものだ。永遠の愛の象徴と言われるダイヤモンドが定番だが、真珠や誕生石を選ぶ人も。また、婚約指輪はデザインが豊富なので、自分の好みにあった指輪が選べるのもいいところ。別名では、エンゲージリングとも呼ばれている。


結婚指輪とは?



結婚指輪は、結婚式の時に二人が交換するペアの指輪。プラチナや金でできたシンプルなデザインが一般的だ。結婚後は多くの人が指輪をはめたまま生活をする。最近では婚約指輪ともセットでつけられるデザインも増えている。結婚指輪は「自分は結婚している」と周囲にアピールするものであり、自分は既に愛を誓った人がいる、と周りに伝える手段でもある。こちらはマリッジリングと呼ばれている。

日常的に使うものなので、邪魔にならないデザインが多く、価格も婚約指輪よりはリーズナブルだ。


婚約指輪と結婚指輪のつけ方の順番



婚約指輪と結婚指輪につけ方の順番があるのはご存じだろうか? 婚約指輪は結婚式までは左手の薬指にはめ、結婚式当日は右手の薬指に移す。そして、挙式当日は結婚指輪を交換してお互いの薬指にはめる。そして、結婚式が終わったらマリッジリングをはめた薬指の上にエンゲージリングをはめるのだ。

婚約指輪も結婚指輪もそれぞれに歴史があり、意味があるもの。そして、指輪をもらうことは彼女にとってとても大切な儀式だ。婚約指輪、結婚指輪は一生の記念品。いろいろと吟味して、自分も彼女も納得のいくものを選ぼう。