結婚式場ならマイナビウエディング > 結婚式準備最強ノウハウ > 結婚前コラム > イマドキ男女の結婚観 > イマドキ"和婚"は衣装もさまざま! 人気No.1の花嫁スタイルは?

春夏のカップル応援キャンペーン

ファミリーウエディングフォトアワード

マイナビウエディングサロン

イマドキ男女の結婚観
2015年4月03日

イマドキ"和婚"は衣装もさまざま! 人気No.1の花嫁スタイルは?


日本の伝統的な花嫁衣装である白無垢や色内掛。ウエディングドレスとはひと味違った華やかさがありますよね。最近では、和婚にあこがれる女性や一着目をウエディングドレスにしてお色直しで和装という女性も増えてきています。そこでマイナビウエディング編集部では、未来の花嫁に「結婚式で着たみたい和装スタイル」について、結婚式を挙げたい未婚女性281名にアンケートを実施しました。

■過半数が「和装も着てみたい」
Q.ご自身の結婚式で和装を着てみたいと思いますか?
はい(56.2%)
いいえ(43.8%)

半数以上が和装に挑戦したいと回答。普段なかなか着る機会がないからこそ、特別な日に着たいと思う人も多いのかもしれませんね。

実は、その和装を着るタイミングは結婚式前後や当日で何度かあるんです。続いて、そのタイミングについて聞いてみました。

■和装写真は別撮りで残したい!?
Q.どのタイミングで和装を着たいですか?(複数回答可)
・別撮り(53.2%)
・挙式(43.0%)
・披露宴(お色直し含む)(41.8%)
・二次会(4.4%)

一番多かったのは、挙式とは別日に行う記念撮影時でした。予算の都合やお色直しの回数との兼ね合いか、挙式や披露宴に着たいと答えた人は4割弱との結果に。続いて、具体的にどの和装にしたいか聞いてみました。

■華やかさナンバーワンの色打掛が人気
Q.着物については、どの和装にしてみたいですか?
・色打掛(63.3%)
・白無垢(53.2%)
・引き振袖(15.2%)

最も人気だった「色打掛」は、「友人が結婚式で来ていてとても華やかだったから」(29歳/マスコミ・広告)、「鮮やかでキレイなイメージなので」(26歳/電機)など、ゴージャスで美しい印象を持つ人が多め。「引き振袖もかっこいいけれど、背が低いので色打掛の方がバランスが良くまとまりやすそう」(29歳/電機)なんて声もありました。

2位の「白無垢」は、「いかにも花嫁衣装って感じ」(29歳/情報・IT)、「白無垢は一生で1回しか着る機会がないかなと思うので」(25歳/不動産)、「白無垢は口紅が際立ってキレイに見えそうだから」(27歳/電機)など、一度はまとってみたいとの意見が目立ちました。

3位の「引き振袖」は、「白無垢はいかにもすぎるので、模様が豪華な感じの引き振袖がいい」(30歳/通信)、「洋髪で引き振袖の人を見るとかっこいいなって思う。ファッションとして白無垢より今の時代にマッチしている気がする」(33歳/金融・証券)など、イマドキっぽいとの声もあります。

最後に、和装で気になる髪型について聞いてみました。

■イマドキ感のある洋髪・伝統的な角隠しが2大人気
Q.髪型についてはどれにしてみたいですか?
・洋髪(32.9%)
・角隠し(31.0%)
・綿帽子(23.4%)

1位の「洋髪」は、「沢尻エリカさんのようにカサブランカを頭にさしたような花がいっぱいの髪型にしたい」(33歳/学校・教育関連)、「和の髪型は似合わなそうだから」(32歳/印刷・紙パルプ)など。女優・沢尻エリカさんの結婚式の影響で、洋髪+和装スタイルが急速に広まったことは確か。和洋折衷ですが、違和感はなく、むしろ洗練されたイメージを持つ人も多いのでは。なじみの薄い和髪よりも、挑戦しやすそうだと考える人が増えた印象です。

2位の「角隠し」は、「和装の結婚式といえばこれしかない!と思うから」(28歳/団体・公益法人・官公庁)、「せっかくなら普段できない髪型に挑戦したい」(32歳/機械・精密機器)、「伝統的だなと思うから」(28歳/医療・福祉)など、伝統的な和髪も経験したいとの声が多数寄せられています。

3位の「綿帽子」は、「柔らかい雰囲気があるから」(32歳/医療・福祉)、「綿帽子は結婚式の定番という感じだから」(28歳/運輸・倉庫)、「和装に合う髪型で、お色直しに時間がかからなさそうだから」(26歳/電機)など、綿帽子特有のやさしげな雰囲気が人気の理由のようです。

結婚式というライフイベントは和装に挑戦できる貴重な機会。迷っている方は別撮りという手もあるので、前向きに検討してみてはいかがですか?


※アンケート対象
調査時期:2015年1月16日~2015年2月3日
調査対象:マイナビニュース会員
調査数: 20~50代の未婚女性281名
調査方法:インターネットアンケート

(文/池田園子)

< 1×1=無限大! 夫婦で力を合わせて「人生の夢」をかなえたエピソード3選  |  一覧へ戻る  |  約半数が経験アリ! 子どもの世話を義理の親にお願いするのはどんなとき? >