結婚式場探しならマイナビウエディング > ブライダルニュース > 「ドリップケーキ」「ハウスウエディング」など新ワードが生まれた平成ウエディング史をチェック

マイナビウエディング編集部が集めた 最新トレンド&ニュース

2019.4.24

「ドリップケーキ」「ハウスウエディング」など新ワードが生まれた平成ウエディング史をチェック

全国でウエディングプロデュースを手がける婚礼大手のテイクアンドギヴ・ニーズ社が、同社に在籍する全国約500名のウエディングプランナーを対象に、「昭和」「平成」など元号における結婚式の移り変わりについて、アンケートを実施。

演出や挙式スタイル、ウエディングソングなど平成のウエディング史を、現場をすみずみまで知るウエディングプランナーとともに振り返ります!

「ドリップケーキ」「ハウスウエディング」など新ワードが生まれた平成ウエディング史をチェック

2019年4月30日をもって、いよいよ幕を閉じる「平成」。
まずは「平成を代表するウエディング演出」を尋ねると、
1位 ドリップケーキ/ 2位 バルーン演出/ 3位 写真撮影 という結果に♪

新郎新婦が、たっぷりのフルーツソースやチョコレートソースなどをケーキの上にかけていく「ドリップケーキ」。
インスタ映えもばっちりの演出だけに、選んだ理由として「平成の新しい演出だから」「ケーキ入刀に代わる、初めての共同作業」という声も多く、堂々の1位に輝きました。

newTG_middle_0424.jpg

続いて、平成30年間と昭和63年間における結婚式場や挙式スタイル、ドレスの特徴についてそれぞれのイメージを質問!

昭和は「ホテルウエディング」と答えた人が85%に対し、平成では一軒家貸切の「ハウスウエディング」が60%超え。結婚式場選びに大きな変化が生まれたことがわかります。

さらに「挙式スタイル」について質問すると、昭和では回答なしだった「人前式」が、平成ではトップの51%を占めるまでに。
またウエディングドレスのイメージは、昭和は「和装」(48%)、平成では「Aライン」(52%)と、ここでもハッキリとした変化が浮き彫りになりました。

ほかにも、「平成を代表するウエディングソング」
1位「CAN YOU CELEBRATE?」安室奈美恵/ 2位「永遠」BENI/ 3位「Wherever you are」ONE OK ROCK

「平成の記憶に残る芸能人ウエディング」
1位 りゅうちぇる&ぺこ/ 2位 DAIGO&北川景子/ 3位 陣内智則&藤原紀香

など、こちらもナットクの結果がズラリ。

迎える「令和」ではどんな演出や挙式スタイルが生まれるのか、プレ花嫁にとってはやっぱり気になるところ。
お役立ちコンテンツ満載のマイナビウエディングを、ぜひ賢く利用してくださいね♪


◆調査概要
調査方法:インターネット調査
調査対象:T&Gウエディングプランナー 467名
調査期間:2019年3月13日~3月28日



ふたりらしい結婚式を「マイナビウエディング」TOP

<< すべての最新トレンド&ニュースを見る