結婚式場探しならマイナビウエディング > 埼玉県の結婚式場一覧 > 埼玉県 Trend & News > 【6月30日のフェア限定!】伝統ある川越氷川神社・氷川会館が「令和記念」の特別装花を展示販売

マイナビウエディング編集部が集めた 最新トレンド&ニュース

2019.6.12

【6月30日のフェア限定!】伝統ある川越氷川神社・氷川会館が「令和記念」の特別装花を展示販売

約1500年もの歴史をもち、江戸時代には代々の川越藩主に庇護されるなど、今も多くの人々に親しまれている川越氷川神社
新郎新婦が互いの小指に赤い紐を結ぶ「結い紐の儀」のほか、新婦の花嫁支度を母親が仕上げる「嫁ぎの紅」など、絆を感じさせる結婚式が人気です。

【6月30日のフェア限定!】伝統ある川越氷川神社・氷川会館が「令和記念」の特別装花を展示販売

隣接する氷川会館は、和装はもちろんドレスでも絵になる多彩な披露宴会場が、7つ。ゲストの人数や好みに応じて、異なるテイストから選べます。
幅広い年代のゲストに喜んでもらえる自慢の料理や、費用がわかりやすいプラン設定など、伝統ある神社でナットクの結婚式をかなえられるのが川越氷川神社・氷川会館の魅力です。

nミドル-⑤氷川会館0607.jpg

そんな氷川会館が、新元号「令和」改元を記念して、披露宴会場の特別装花を展示!


n氷川会館キャプチャ.JPG

nmiddle②氷川会館0607.jpg

「紅和(べにわ)」は、紅白の花にゴールドの枝をアレンジ。見た目にもおめでたい色合いに仕上げました。


nmiddle3_氷川会館_0611.jpg

nミドル④氷川0611.jpg

一方、「彩和(さいわ)」はゴールドの花器を使用し、多色使いの鮮やかさが印象的。おめでたい意味の花言葉を持つ花を多く使用しています。

これらは2019年6月30日(日)のフェアだけでの展示・販売。
また、各コーディネートは当日フェアに参加した方で限定5組の販売(先着順)というから、かなり貴重な装花となっています。

伝統ある神社での、新元号ならではの特別な装花。この機会に、ぜひフェアに足を運んでみては?


◆川越氷川神社・氷川会館「令和限定」特別装花のご案内
日時:2019年6月30日(日)10:00~19:00
場所:氷川会館「豊明の間」「六花の間」にて展示
    ※展示と販売はいずれも当日限定
販売:当日ご成約いただいた方のみ。各コーディネート限定5組様 ※先着順
価格:「紅和」テーブル1卓分定価10万円→特別価格7万円(税サ別)
   「彩和」メインテーブル定価15万円→特別価格10万円(税サ別)
       ゲストテーブル定価1万5,000円→特別価格9,000円(税サ別)



ふたりらしい結婚式を「マイナビウエディング」TOP

このカテゴリの最新トレンド&ニュース一覧を見る
<< すべての最新トレンド&ニュースを見る