結婚式場探しならマイナビウエディング > 埼玉県の結婚式場一覧 > 埼玉県 Trend & News > 約2,000個の江戸風鈴が夏を彩る人気祭事『川越氷川神社 縁むすび風鈴』が7月6日(土)から開催!

マイナビウエディング編集部が集めた 最新トレンド&ニュース

2019.7.02

約2,000個の江戸風鈴が夏を彩る人気祭事『川越氷川神社 縁むすび風鈴』が7月6日(土)から開催!

「蔵造りの町並み」や「時の鐘」など、今も江戸の風情を残す町・埼玉県川越。その地で約1500年もの歴史をもち、江戸時代には代々の川越藩主に崇敬されるなど、今も多くの人々に親しまれているのが"縁むすびの神様"としても知られる川越氷川神社です。
夏の風物詩として昨年は50万人以上が来場した祭事『川越氷川神社 縁むすび風鈴』が、2019年も7月6日(土)から9月8日(日)まで開催されます。

約2,000個の江戸風鈴が夏を彩る人気祭事『川越氷川神社 縁むすび風鈴』が7月6日(土)から開催!

「風の便り」という言葉があるように、昔の日本人は「風が人の想いを運んでくれる」と信じていました。
『川越氷川神社 縁むすび風鈴』が開催される夏の間、風鈴には願いごとを書いた木の短冊を結ぶことができます。境内に響く涼やかな風鈴の音は、たくさんの願いが風に乗って運ばれている音色なのです。

さらに2019年は、令和元年の記念の年。風鈴の「鈴」の字のつくりは、まさに「令」で、この字は"神様の声に耳をそばだてる"形なのだとか。
それぞれの大切な想いが、縁むすびの神様へと届くと思うと、風鈴の音色もいつもとは違って聞こえてきそうです。

n1middle氷川2.jpg

◆『縁むすび風鈴』の見どころ
境内に飾られた約2,000個の江戸風鈴は、すべて手作り。昼は澄んだ美しさ、夜は幻想的な輝きで、訪れた人を魅了します。

また川越氷川神社の由緒を記した古文書には「光る川の伝説」が残っています。
期間中はこの由緒にならい、午後7時から午後9時まで、天の川に見立てて境内の小川に光を灯します。

開催期間中は数量限定で、夏らしい涼やかな柄のお守りも頒布。
境内にある鎮守の杜カフェ「むすびcafé」では、風鈴に見立てたガラスの器に入ったスイーツも味わえます♪

nミドル20628.jpg

(写真左上から時計回りに)境内に飾られた風鈴/夏限定のお守り/「恋はなび」の線香花火/光が灯された小川

また期間中には「恋はなび」「恋あかり」という、ふたつの特別行事も行われます。

「恋はなび」
川越氷川神社が特別に作った線香花火は、ふたりで灯せるように持ち手が2本。花火を楽しんだ後は、こよりを指に結び合い、おそろいの夏の思い出に。

「恋あかり」
期間中、毎日夕方6時半より社殿にて「特別良縁祈願祭」を執り行います。祈願を受けた方には、ぼんぼりをお渡します。

それぞれの想いを神社特製のぼんぼりに灯して、風鈴の音色を楽しむ川越の夏の夕景は格別です。

浴衣姿でそぞろ歩けば、"小江戸"川越らしい夏デートが楽しめそうですね。

n差し替え用②.JPG

◆『川越氷川神社 縁むすび風鈴』概要
開催期間:2019年7月6日(土)~9月8日(日)
「恋はなび」2019年7月27日(土)~
「恋あかり」2019年7月27日(土)~8月31日(土)



ふたりらしい結婚式を「マイナビウエディング」TOP

このカテゴリの最新トレンド&ニュース一覧を見る
<< すべての最新トレンド&ニュースを見る