結婚式場探しならマイナビウエディング > 東京都の結婚式場一覧 > 東京都 Trend & News > CRAZYの新会場『BENE-』の発表会に参加してきました【編集部レポート】

マイナビウエディング編集部が集めた 最新トレンド&ニュース

2020.11.16

CRAZYの新会場『BENE-』の発表会に参加してきました【編集部レポート】

コンセプト作りから当日の運営まで一貫したサービスで、完全オーダーメイドのオリジナルウエディング「CRAZY WEDDING」を構成・展開している株式会社CRAZY。2020年10月31日(土)、BLBG株式会社と共同運営する体験型複合施設「THE PLAYHOUSE」内の3階に新会場『BENE-』をオープン! 南青山・骨董通りという絶好の立地ながら、"手に取りやすい価格で実施できる結婚式"に注力し、完成した会場というのだから驚きです。

今回は、マイナビウエディング編集部が『BENE-』オープンの発表会に参加。新型コロナウイルスの蔓延により、ウエディング業界が大きく打撃を受ける中、その状況を逆手に取り、新たな挑戦をし続けるCRAZYの取り組みを含め、肌で感じたことをレポートいたします。

CRAZYの新会場『BENE-』の発表会に参加してきました【編集部レポート】

会場名の"BENE-"とは、BenefitやBenedictionのような単語の前につけると良い意味に変化させてくれる"Bene"が由来なのだそう。新会場『BENE-』と関わることで、「何か良い相乗効果が生まれて欲しい」という意味が込められています。

%25C3%25A3%25C2%2582%25C2%25B3%25C3%25A3%25C2%2583%25C2%25B3%25C3%25A3%25C2%2583%25C2%2586%25C3%25A3%25C2%2583%25C2%25B3%25C3%25A3%25C2%2583%25C2%2584%25C3%25A3%25C2%2582%25C2%25AA%25C3%25A3%25C2%2583%25C2%2597%25C3%25A3%25C2%2582%25C2%25B7%25C3%25A3%25C2

そんな『BENE-』は、ウエディングだけにとらわれないスペースとして誕生しました。1、2階には、英国ラグジュアリーブランドを取り扱う「VULCANIZE London(ヴァルカナイズ・ロンドン)」が店を構え、その店内を通ってもう1階上がると現れるのが、今回の舞台。
シンプルな作りで、装飾は最低限ながらも、本格的なキッチンを構え、フルコースのおもてなしが可能。このスペースでは、結婚式という用途ではもちろんのこと、イベントスペースとしても使って欲しい、という意図が込められています。南青山という好立地で、さらにバーカウンターやキッチンが併設された会場は珍しく、様々な業界から注目を集めるスペースとなりそう。

%25C3%25A9%25C2%25AB%25C2%2598%25C3%25A7%25C2%25A0%25C2%2582%25C3%25A3%25C2%2582%25C2%25AA%25C3%25A3%25C2%2583%25C2%2597%25C3%25A3%25C2%2582%25C2%25B7%25C3%25A3%25C2%2583%25C2%25A7%25C3%25A3%25C2%2583%25C2%25B32

シンプルなスペースだからといって、侮ることなかれ。空間に装飾がないからこそ、常に最先端のトレンドを取り入れたスタイルの提案が可能。今までのプロデュース経験をフルに活用した、ふたりもゲストも楽しめる厳選した複数の進行や装飾バリエーションから自由に選ぶことができます。
そしてなんと会場持ち込み費用は無料! 装飾はもちろんのこと、ヘアアレンジやカメラマンなど、友人の力を借りて式を挙げたいというふたりにはうれしいポイントがいっぱいです。特にプラン設定というのは設けていないので、ふたりの理想をプロデューサーに伝えるところからスタート。自己負担0円の結婚式から提案可能なので、自己負担0円でも挙式・パーティ・衣装なども含まれており、通常の結婚式と変わらない仕様。そこには、お金が理由で結婚式を挙げられないカップルを1組でも減らしたい、というCRAZYの思いが込められています。

crazy.png

注目ポイントは演出や価格だけではないんです! CRAZYといえば、料理も欠かせない要素のひとつ。『BENE-』のシェフは、婚礼業界出身ではなく、街場のレストラン出身者にこだわっているそう。今回の発表会では、通常のコース料理5品の内の3品を試食。菜園を見立てた40種類の野菜を普段に使った前菜、岩をモチーフにした熊本産あか牛を使ったメインに、森をイメージしたチョコレートムースとアイスクリームの上にトリュフが乗ったデザート。料理に使われる食材は産地にもこだわっており、季節の食材もふんだんに使われているので、その時々で違う味を楽しむことができます。また、味が良いのはもちろんのこと、見た目も美しいのも特徴。どの料理も、アート作品のような風格があり、ゲストも喜ぶこと間違いなし! 見て楽しい、食べて美味しい料理が『BENE-』では確約されています。

%25C3%25A5%25C2%25BD%25C2%2593%25C3%25A6%25C2%2597%25C2%25A5%25C3%25A3%25C2%2582%25C2%25A4%25C3%25A3%25C2%2583%25C2%25A1%25C3%25A3%25C2%2583%25C2%25BC%25C3%25A3%25C2%2582%25C2%25B8

結婚式の事前準備から当日までの流れも、今までの結婚式とはまた違った新しいスタイルを提案。ゲストに送る招待状はWEBへ移行。ご祝儀の決済もそのままWEBから手配できるシステムを導入するのだとか。また、事前打ち合わせも最低限の回数で行います。打ち合わせが少ないと聞くと、不安に思うカップルもいるかもしれませんが、回数が少ないからといって、プロデューサーさんとやりとりができないわけではないんです! 特別なプログラムが設けられていて、そのプログラムに沿って式の準備を進められるので、打ち合わせは少なくとも、しっかり準備ができるという画期的なプログラムを導入しています。

%25C3%25A5%25C2%25BD%25C2%2593%25C3%25A6%25C2%2597%25C2%25A5%25C3%25A3%25C2%2582%25C2%25A4%25C3%25A3%25C2%2583%25C2%25A1%25C3%25A3%25C2%2583%25C2%25BC%25C3%25A3%25C2%2582%25C2%25B82

また、当日の演出にもひと工夫を。「どうしても長くなってしまう待ち時間をいかに楽しんでもらうか」を目的に、ゲスト一人ひとりに音声メッセージを届けられるツールを用意。聴きながら楽しんで待っていただくことで、ふたりとの距離をさらに近く感じることができます。またパーティでは、ゲスト自ら演出に携われる「ゲストアンケートシステム」を導入。準備期間中にふたりが一緒に進行を考えたいと思うゲストにアンケートを取り、ゲストのアイディアを反映しながら、進行を考えるのだそう。当日の参加だけではなく、準備段階からゲストも一緒の結婚式を作り上げていく体験ができるのは、CRAZYならでは。

気になる新型コロナウイルスの対策についても万全。CRAZYオリジナルのデザイン性の高いパーテーションはもちろん、会場には大きな窓を設けているので、換気の徹底も可能。もちろんオンラインの配信にも対応しているので、この状況下で参加できないゲストはもちろんのこと、遠方のゲストともオンラインで繋がることができるのでうれしいですね。

今後は、様々な業界とパートナーシップを結びながら、新しいウエディングの形を提案していきたい、というCRAZY。新たなコンセプトで誕生した『BENE-』は、その一歩として進みはじめました。これからもさまざまな挑戦を続けるCRAZYが提案するウエディングに注目です!



ふたりらしい結婚式を「マイナビウエディング」TOP

このカテゴリの最新トレンド&ニュース一覧を見る
<< すべての最新トレンド&ニュースを見る