結婚式場探しならマイナビウエディング > ブライダルニュース > 「選択できる」ニュースタイルの結婚式とは《編集部レポート》

マイナビウエディング編集部が集めた 最新トレンド&ニュース

2020.11.20

「選択できる」ニュースタイルの結婚式とは《編集部レポート》

東京駅から車で15分。広大な庭園を舞台にした開放感抜群のガーデンチャペルが、人気を博す「ホテル イースト21東京 オークラ ホテルズ & リゾーツ」。オークラグループのホスピタリティが息づき、どんな時代もそのときにもっともふさわしいおもてなしを創りあげてきたホテルです。

今回は、コロナ禍でも安心・安全にハレの日を迎えてもらえるようにと考えられた新たな結婚式スタイルを編集部がレポート。結婚式はもちろん、結納・顔合わせなどハレの日を開催するかどうか悩んでいるふたりはぜひ、チェックして!

「選択できる」ニュースタイルの結婚式とは《編集部レポート》

■徹底した感染症対策の中で考える結婚式の意味

館内の消毒や、スタッフの体調管理はもちろんのこと、挙式会場はソーシャルディスタンスを考慮し、席の配置を変更、新郎新婦が不安であればオシャレなマスクを着用してもらうなど状況に適した対応をしています。

一方、挙式に関しては、時間の短縮や内容変更などはせず、通常スタイルと同様に行うそうです。想いを確かめ合う大切な時間だからこそ、これまでと変わらない挙式ができるのもうれしいポイントですね。

03image_20201116.jpg


他にも、ホテルの披露宴会場は「窓がないから換気ができるのかな......?」と不安に思うふたりも多いかもしれませんが「ホテル イースト21東京 オークラ ホテルズ & リゾーツ」は、空調設備も抜群! なんと1時間に4回以上、会場内の空気が入れ替わるのです。徹底した換気に加え、ゲスト同士の席間隔を空ける、さらにはアクリル製飛沫防止パネルを設置するなど、しっかりとした3密対策で、安心・安全のウエディングを実施しています。


■新郎新婦と一緒に考え抜いて決める結婚式スタイル

ただ、編集部スタッフが最も魅力に感じたのは感染症対策に関して、新郎新婦が「選択できること」です。飛沫防止パネルがあることで安心と感じられる方や、人によっては会話が聞こえづらくなってしまったりと、感じ方や状況も人それぞれ。だからこそ、飛沫防止パネル設置や披露宴時間の短縮など、ふたりと話し合いながら最もふさわしいスタイルを、一緒に決めていくそうです。

image_20201116.jpg


「正解がない今の世の中で、ふたりだけの回答を探して作っていく」。それをまさに表現しているのが、「ホテル イースト21東京 オークラ ホテルズ & リゾーツ」のニュースタイル結婚式なのかもしれません。

現在、オンラインや約90分のクイック相談会など、ふたりの状況に合せて選べるブライダルフェアを開催中! 不明点はもちろん、悩みも含めて気軽に相談してみてください。



ふたりらしい結婚式を「マイナビウエディング」TOP

<< すべての最新トレンド&ニュースを見る