結婚式場探しならマイナビウエディング > エリア検索結果 > 【広い空×透き通る海×緑豊かな自然】
沖縄県恩納村が誇る日本屈指のリゾートウエディングの魅力をレポート!

マイナビウエディング編集部が集めた 最新トレンド&ニュース

2020.11.18

【広い空×透き通る海×緑豊かな自然】
沖縄県恩納村が誇る日本屈指のリゾートウエディングの魅力をレポート!

国内外からたくさんの観光客が訪れる沖縄屈指のリゾート地・恩納村。近年は自治体全体でリゾートウエディングをバックアップする取り組みを行っています。今回は、「もし恩納村で結婚式を挙げたら」体感できる恩納村の魅力を、画面の前のふたりに代わって、マイナビウエディングの編集部が体験! リゾートウエディングに興味はあるけれど、コロナの影響もあり不安という方も安心して結婚式を挙げられる取り組みも、併せてご紹介します。こんな状況だからこそ、大切な人だけで特別な時間を過ごしたい......。そんな人にもピッタリな恩納村のリゾートウエディングをご体感ください。

【広い空×透き通る海×緑豊かな自然】<br>沖縄県恩納村が誇る日本屈指のリゾートウエディングの魅力をレポート!



【青い海と空の水平線が溶け合うチャペルで、ふたりの誓いを】
今回のツアーでは、恩納村エリアに位置する9つの式場を見学してきました。どの会場も沖縄特有の透き通った海が見える絶景チャペルが魅力! "海見え"という共通要素はありつつも、式場ごとに特徴はさまざま。きっとあなたの理想にピッタリの会場が見つかるはずです。


瀬良垣島協会

seragaki

島全体がリゾートになっている「ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄」内にあるチャペル「瀬良垣島協会」は、自然光降り注ぐガラス張りのデザインが魅力。天井の木のアーチから漏れる自然光がバージンロードを柔らかく照らします。午前中の挙式は、チャペル後方から光が差し、海が最も美しく見えるのだとか。客席横のローズマリーは本物を使用しており、青い海と空の強いコントラストを自然のあたたかさで緩和し、唯一無二の空間を演出します。祭壇中央に掲げられた十字架は、なんとティファニー製! 当日は、聖歌隊のほかにオルガンやバイオリンの生演奏で入場。その神秘的な空間に、何度も挙式を見てきているプランナーさんでさえも毎回鳥肌が立つくらい感動するそう。肩ひじ張らずも"本物"にこだわった挙式をあげたいふたりにピッタリな会場です。
挙式後は、海が一望できるバンケットで披露宴を。少人数にも対応可能なバンケットはシックな内装で、美しい景色をより引き立てます。他にも、リゾートでは珍しい館内でのフォト撮影も人気。ハイアットならではの照明を利用した上品な空間の中、幻想的な写真を撮影することができます。
さらには、ホテルのシェフが開発したオリジナルちんすこうの引き出物も! オリジナルマスクの用意もあるので、ゲストも安心して参加することができます。



白の教会

shiro

ふくぎの葉をモチーフにしたデザイナーズチャペル「白の教会」。チャペル前に伸びるふくぎ並木の間を通れば、外からの風や視線が遮られ、ウエディングだけのプライベート空間に早変わり。「ふくぎ=Happy Tree」をフィーチャーしたチャペル内には、さまざまな意味が込められています。客席に装飾されたオリーブは"めおと(夫婦)"の意味を持ち、末永くふたりが続くように、という思いが。そして、式の際に使用するペンもふくぎの木を使用したもので、さらに祭壇はふくぎの葉の形をしています。一つひとつの意味が分かると、ここで過ごす時間の尊さをより感じるはず。式では、参列者一人ひとりに新郎新婦がレイをかけてハグと一言をプレゼントする演出も! フラワーシャワーならぬ、ふくぎの葉とレモングラスを使用したリーフシャワーは、葉によって落ちる速度が違うという工夫が。チャペル内で海をバックに撮る集合写真に感動もひとしおです。
挙式後は、新しくできたフォトスタジオ「ふくぎ」での写真撮影や、ビーチでのロケーションフォト、海の見えるバンケットでのパーティも。パーティ会場はカジュアルかつかわいらしい雰囲気で、ゲストと近い距離で和やかな時間を過ごすことができます。三線を使った沖縄らしい演出も人気なので、まずはふたりの理想をプランナーさんに相談してみてくださいね。



モントレ・ルメール協会

montre

白亜の大階段が目を引く「モントレ・ルメール協会」。チャペルの正面はもちろん、サイドや入口もガラス張りのため、太陽光がよく入り、明るい印象。天井はなんと10mの高さを誇り、小さなライトが仕込まれているため、夕暮れの時間にはキラキラと煌めき、まるで星空のような雰囲気に。天気が優れない日でもうれしい仕掛けで、新郎新婦も安心ですね。チャペルの前の海は、潮の満ち引きが少ない地形のため、どの時間でも同じ海を堪能!
大理石のバージンロードは16mあり、祭壇までの時間をゆっくりと噛みしめながら歩むことができます。挙式後は、白亜の大階段でフラワーシャワーを。チャペル正面に伸びる大階段はフォトスポットとしても使われるそう。チャペル横のベル前でのオリジナルセレモニーも人気だとか。新郎新婦とゲストでグラスを掲げあうトースティングセレモニーは、人気の演出のひとつ。グラス片手に撮る集合写真も、ここでしかできない体験になるはず。ホテルまではエアポートバスでも来ることができるので、遠方のゲストも安心です。



チャペル・ダイアモンドオーシャン

ocean.png

青い海をバックに、広々としたプールサイドの脇に現れる「チャペル・ダイアモンドオーシャン」。全面ガラス張りの光が差し込むチャペルは、キリスト教式はもちろん、人前式にも対応。チャペルの造りはシンプルですが、高台から見下ろす海の青さと360度から注ぐ太陽光の明るさが、ドレス姿を美しく引き立ててくれます。オリジナルセレモニーの「水合わせの儀」では、ホテル前のかりゆしの海水とホテル裏手にあるチュラハーラの泉の水を合わせ、夫婦の誓いを立てるのだそう。沖縄ならではのセレモニーにゲストも盛り上がること間違いなし。
挙式のあとはビーチでのロケーションフォトを。ビーチにも休憩室があるので、撮影に少し疲れたら、休めるのも新郎新婦にはうれしいポイントです。ホテルとセットのプランなので、ファミリーウエディングの方も多いのだとか。ホテルには大きなプールやアスレチック、可愛らしいシーサーが並ぶポイントなど、お子様も喜ぶスポットがたくさんあるので、家族旅行も兼ねて、誓いを立てるのもステキです。



沖縄イル・ド・レチャペル

iledele

料理の鉄人でも活躍したシェフ・坂井宏行氏が監修したカジュアルフレンチを楽しめるレストランとしても人気な「ILE DE RE」では、料理はもちろんのこと、チャペルも完備しており、本格レストランウエディングがかないます。リゾートウエディングでは珍しい一棟貸切で楽しめる会場は、少人数の結婚式にピッタリ。ゲストと近い距離で誓いが立てられるスタイリッシュなチャペルでの挙式のあとは、開放的なオーシャンビューを眺めつつ、シェフこだわりの料理に舌鼓を。おもてなししたいという気持ちも、ふたりの理想も両方かなえてくれる会場です。レストラン以外にもガーデンでのパーティも可能。ケーキカットの演出はもちろん、BBQなどもでき、ゲストと和気あいあいと過ごすことができます。料理やケーキは事前に細かく相談することができるので、ゲストに合わせた対応も。オリジナルマスクの開発もしており、記念に購入するカップルも多いのだとか。沖縄らしい赤瓦のレストランで、ふたりもゲストも満足の時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。




アイネス ヴィラノッツェ 沖縄

aines

アイネス ヴィラノッツェ 沖縄は、チャペル・バンケットなどのウエディング設備のほか、全室スイートルームのヴィラを完備した施設。太陽光が降り注ぐ「セント・ジョセフ・チャペル」は、別名「五感の教会」と呼ばれ、視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚で体感できる空間です。高台にあるチャペルが多いなか、水面と同じ高さで海が見れるのも魅力のひとつ。目の前の砂浜での貝殻拾いや、ガーデンでのパーティなど、思いおもいのスタイルで楽しんで。



アートグレイス オーシャンフロント ガーデンチャペル沖縄

artgrace

シェラトン沖縄サンマリーナリゾートに併設するチャペル。潮の満ち引きが少ない地形に建ち、まるで海に浮かんでいるように錯覚するほど水面を近くに感じることができます。チャペル天井はなんと特殊なテントで加工されており、音が柔らかく響く仕様に。どの席でも海が綺麗に見えるので、ゲスト満足度も高いこと間違いなし。当日は聖歌隊のほか、オルガンやトランペットの演奏のなか、入場することができます。挙式後のビーチ撮影は、ゲストの同伴も可能。大切な人たちと思いおもいの時間を過ごせるのはうれしいですね。挙式を挙げた方はパーティを確約できるのも、このチャペルの魅力。1日1組限定のサンセットプランもオススメです。



ルネッサンス リゾート オキナワ

runesance

恩納村でも人気のリゾートホテル・ルネッサンスリゾートオキナワの一角に構える「リベーラ協会」。ヴァージンロードには、琉球ガラスをクラッシュしたものを埋め込み、沖縄の青い海と空と同じ輝きを放ちます。イルカと一緒に誓う「ドルフィンセレモニー」やホテル内のマリーナから出港する「クルージングセレモニー」など、オリジナルセレモニーを用意。特にイルカがふたりの門出を祝福するセレモニーが人気。ホテル内にはプライベートビーチやマリーナ、小さな動物園など、子どもも楽しめるアクティビティがそろっているので、ファミリーウエディングも人気なのだとか。ふたりもゲストも笑顔になれる結婚式がかないます。



リザンシーパークホテル谷茶ベイ

rizan

リゾートホテル「リザンシーパークホテル谷茶ベイ」が運営するチャペルは、ギリシャのビザンティン建築を彷彿とさせる造り。ドームの真下にある祭壇を見上げると、本場さながらのフレスコ画が広がります。バンケットは全4会場。どの会場も収容人数は多く、600名まで収容できるオーシャンドームまで完備。沖縄式の多くのゲストを招いた結婚式にも最適です。ホテル運営だからこそ、事前準備~当日、宿泊まですべてサポートしてくれるので、遠方からの利用でも安心です。



【一生に一度の思い出を、美しい景色とともに残しましょう】

photo

万座毛をはじめとして、恩納村には様々な観光スポットがありますが、ここでは知る人ぞ知る、フォトスポットをご紹介。幸せの木・ふくぎの並木道や沖縄らしい赤瓦の屋根の民家、恩納村の美しい海をバックに撮れる穴場スポットも! 本スポットの詳細は恩納村観光協会のホームページにてチェック! 撮影には事前申請が必要ですのでご注意ください。



【沖縄でのウエディングならではの体験を】
今回のツアーの目的は、式場見学だけではないんです! 沖縄屈指のリゾート地・恩納村ならではの体験ができるのも、リゾートウエディングの魅力。美しいフォトスポットはもちろんのこと、恩納村観光協会では、様々な体験を用意。沖縄で挙式を挙げる価値を与えてくれる体験を一部ご紹介します!



沖縄の海にふたりの結晶を残す「サンゴ苗づくり」

sango.png

沖縄ダイビングサービス Lagoonでは、サンゴの苗を植え付けるワークショップを行っています。マイナビウエディングのスタッフNが実際に体験。好きなイラストやメッセージを書いた基盤に、生きたサンゴの苗を針金で括りつけます。最初は基盤とサンゴは離れていますが、時間が経つにつれて着底し、基盤と一体化。その後、海に植え付けるそう。今回は基盤にサンゴを固定する作業までを体験。カップルで参加される方は、ふたりでハートマークを描いたりしてもステキですね。楽しみながら、沖縄の環境保全ができる体験は必見です!



恩納村観光協会主催! 沖縄の伝統に触れよう

taiken

恩納村観光協会主宰の恩納村ふれあい体験学習センターでは、沖縄にまつわる様々な体験ができます。今回はそのなかから、沖縄の長寿料理作りと三線演奏、ブーケづくりを体験。まずは、沖縄県が長寿大国である秘訣・伝統料理作りに参加。ジューシー(炊き込みご飯)・ラフテー(三枚肉の角煮)・もずく天ぷら・アーサー汁(アオサ汁)を作りました。特別な食材などを使うのかなと思ったのですが、そんなことはなく、関東でも作られている料理に一工夫加えることで、沖縄の味が完成! どの料理も派手ではない味付けながら、たくさんの食材を使うことで素材そのものの味が何重にも効いており、一口含むごとに様々な味が広がります。どれの料理も腹持ちがよく、確かにこれを毎日食べていたら、元気になれそう!
続くは三線体験。講師の方が三線の持ち方や弾き方からレクチャーしてくれるので、弦楽器未経験のスタッフも安心して参加することができました。まずは楽譜を理解するところからスタート。三線の楽譜は「合(ド)」「五(レ)」「六(ミ)」と漢字で表記されており、どの漢字がどの音なのか覚えることが第一関門。苦戦しながらも30分ほど練習すると、簡単なメロディは弾けるように......! 参加したスタッフたちもなかなかの集中力で、体験後には「もっと練習したかった」と声が上がるほど。世代問わず沖縄ならではの体験をしたい方にはオススメです。
最後にブーケづくり体験に参加。今回は8種の花々を使いブーケを作りました。ただ束ねるだけと思うかもしれませんが、これがなかなか難しい。花の高さを合わせ、さらには綺麗な円を描くように花を添えていく作業に、不器用なスタッフは苦戦しつつも、なんとか完成! 同じ花を使いつつも、それぞれの個性が発揮された花束に、お互い見せあう時間も......。結婚式に欠かせないブーケを自分たちで作るというのもいいのではないでしょうか?



本ニュースでは、9つのチャペル紹介と恩納村ならではの体験をご紹介しました。沖縄リゾートウエディングに少しでも興味を持った方は、国内リゾートページをぜひチェックしてみてくださいね! 予約方法から当日までのダンドリが分かるページも用意しているので、どうやって進めたらいいのかわからないという方も安心して申し込むことができます。さらに、ここで紹介したチャペルは、1月、2月に開催される沖縄リゾートウエディング協議会主催のイベントで、直接話を聞くことができます!
また、恩納村で体験できるプログラムは、恩納村観光協会のホームページをチェック! ここでは紹介しきれなかった体験や、恩納村随一のフォトスポットの撮影予約などもここでできます。不明点などは電話や問い合わせフォームでも対応しているので、気軽にご相談してみてくださいね。





ふたりらしい結婚式を「マイナビウエディング」TOP

<< すべての最新トレンド&ニュースを見る