結婚式場探しならマイナビウエディング > 結婚式準備最強ノウハウ > マイナビウエディングPRESS > 引き出物・ギフト 記事一覧> 【結婚式の引き出物・2020年最新版】ゲストに贈って本当に喜ばれる引き出物ギフトの選び方

シェア

人気記事ランキング

最新記事

引き出物・ギフト 新郎新婦向け 結婚式準備

【結婚式の引き出物・2020年最新版】ゲストに贈って本当に喜ばれる引き出物ギフトの選び方

42091263_s.jpg

結婚式・披露宴に参列いただいたゲストへ、新郎新婦から感謝の気持ちを込めて贈る「引き出物」。引き出物を選ぶ際には、ふたりらしさとゲストの顔ぶれを考慮しながら、もらってうれしいギフトを選びたいですよね。そこで、引き出物の選び方やマナーをはじめ、トレンドの引き出物をご紹介。手荷物にならないカードタイプのカタログやゲストごとに選べる引き出物 などオシャレな引き出物の最新トレンドが満載です♪

【PR】ステキな引き出物が見つかるサイト「Fitau」

引き出物とは

◆引き出物の由来や歴史
引き出物の歴史は古く、平安時代に宴席を催した貴族が、招待客へのお土産として馬を贈っていたのが始まりと言われています。その由来は「招待客へのお土産として用意した馬を、庭先に引き出して見せた」ことから、引き出物と呼ばれるようになったのだとか。

◆引き出物の金額相場や品数
歴史ある引き出物も、現代では披露宴に出席してもらったことへの感謝の気持ちを込めて、ゲストに渡す「お土産」であり、いただいたご祝儀に対する「お返し」の意味合いが強くなっています。そのため、引き出物の金額の相場は、飲食代の3分の1~半額(約3,000円~6,000円)が一般的です。

品数は、引き出物と一緒に渡す引き菓子(+縁起物)と合わせて2~3品が主流ですが、その数は地域によってさまざまです。「割り切れない奇数の品数」が良いという考え方も根強く、引菓子を合わせて3品や5品という地域も。近年では、年齢層の異なるゲスト全員に喜んでもらえるように、招待客の顔ぶれを考慮しながら「贈り分け」をするカップルも増えてきています。

引き出物の選び方とメリット・デメリット

引き出物の選び方は、大きく分けて「式場の提携ショップから選ぶ」方法と、「ネットや提携外のショップを利用して持ち込む」方法の2通り。ここでは、それぞれのメリット・デメリットについて解説します。

◆式場の提携ショップで選ぶ場合
<メリット>商品が選びやすく、発注から式場への納品がスムーズ。持ち込み料もかかりません。
<デメリット>選べる商品の範囲が決まっているため、ほかのカップルと似たようなアイテムになりがち。また、ネットなどで手配するよりも割高となる場合も。

◆ネットや提携外のショップを利用して持ち込む場合
<メリット>選択肢が豊富で自由に選べるため、ふたりらしいオリジナリティあふれる引き出物に決めることが可能です。また、式場の提携ショップで選ぶよりも、価格が抑えられて、オシャレなアイテムが多いのも魅力。ゲストによって引き出物の贈り分けを考えている場合も、種類が豊富なので年齢層に合ったアイテムを選びやすいことも人気の要因に。近年では、ネットで気に入ったモノを選んで持ち込むカップルも増えてきています。

<デメリット>式場によっては持ち込み料がかかることも。また、発注から納品までの手配に(提携ショップよりも)やや手間がかかります。

ほか、引き出物はネットで手配し、引菓子を式場提携ショップで手配するなど、組み合わせのパターンも人気ですが、こちらも式場によって対応が異なるので確認しましょう。

引き出物を渡す時のマナーや注意点

引き出物はゲストがもらってうれしいモノを選ぶことが大前提。ただし、引き出物にふさわしくない品や、渡し方など注意するポイントが多々あります。

◆引き出物にタブーとされるモノはある?
昔から二重の結婚を連想させる重箱や、「去る」を連想させるため猿の絵柄のモノは、引き出物にはふさわしくないとされています。同様に「仲が割れる」ことから陶器(食器)や、「縁が切れる」ことから刃物も、かつては避けられていましたが、近年では食器や刃物類は人気があり、あまり気にしなくて良いという流れに変化してきています。

◆重い・かさばる引き出物の場合はどうする?
遠方ゲストや年配者が重いモノ・かさばるモノを持ち帰るのは大変です。また、雨天の場合や、友人ゲストが披露宴のあと二次会へ参加する場合も、大きな引き出物の紙袋を持ち歩くのは一苦労となるでしょう。

その場合は、引き出物を挙式当日に渡さず、後日宅配で届けるサービスの利用がオススメ。また、最近ではカタログギフトもカードタイプが登場しており、ブックタイプよりもコンパクトで持ち運びの不可が無いものも。

ただし、後日宅配する旨をゲストにアナウンスしておかないと〝引き出物がない〟と誤解されてしまうことも。引き出物の郵送や宅配サービスを利用する場合は、メッセージカードなどでお知らせしておきましょう。

◆メッセージカードに書く内容は?
後日、引き出物をゲストの自宅に宅配する場合は、ゲストテーブルにメッセージカードを置きます。カードには「引き出物は後日郵送でお送りする予定です。招待状の住所と異なるお届け先を希望される場合は、別途住所をご記入いただき、会場内のスタッフにお渡しください」のように簡潔なメッセージを書いておきます。また、披露宴の司会者からも、引き出物は後日宅配する旨をアナウンスしてもらうように手配しておけば安心です。

引き出物の最新トレンド&オシャレなアイデア

◆カタログギフトがより使いやすく進化
幅広い世代のゲストの満足度を考えた時にオススメなのが「カタログギフト」。引き出物の定番となりつつあるカタログギフトは、選べる商品が幅広く、さまざまなゲストのニーズに応えられるオシャレなラインアップで近年人気を集めています。カタログギフトは冊子タイプだけでなく、QRコードが記載されたカードタイプも登場。ゲストはカードに記載されたQRコードを読み取ってサイトにアクセスし、好きな商品が選べるようになっており、カタログギフトもよりコンパクトに進化しています。カタログギフトを選ぶ際は金額だけでなく、そのカタログにどんな引き出物があるかなど、ゲスト目線で選ぶといいでしょう。



◆ゲストに使ってほしい実用的なアイテム
かつて引き出物といえば、食器セットやタオルセットが定番だった時代もありましたが、その内容も時代に合わせて変化してきています。たとえば食器なら、あこがれブランドのペアカップやワイングラス、高級なカトラリー、今治の上質なタオルなど〝ちょっと贅沢&自分では買わないけどもらったらうれしい〟アイテムが人気です。

引き出物は結婚式に来てくれたゲストへの感謝のしるし。大切なゲストにどんなギフトを贈りたいか、何をもらったらうれしいかなどを熟考して選ぶことが大切です。
カタログや、宅配サービスなど便利なサービスも増えていますが、「やっぱり引き出物は当日渡したい!」という方に
引き出物は式場提携ショップだけでなく、オシャレなアイテムを選べるサービスが増えてきているので、いくつかのサイトを比較検討してみましょう。



【PR】ステキな引き出物が見つかるサイト「Fitau」

この記事を読んだ人にオススメ

< 今こそ「結婚報告」で、ふたりの大切な人をハッピーに! すぐに使える文例集  |  一覧へ戻る  |  結婚式の招待状やウェルカムボードに持ち込み料はかかる? メリット・デメリットを解説 >