結婚式場探しならマイナビウエディング > 結婚式のテーマから探す特集一覧 >再婚カップルの結婚式ノウハウ >再婚の結婚式はしない?する? 2度目の結婚式を成功させる方法とは

シェア

人気記事ランキング

最新記事

再婚の結婚式はしない?する? 2度目の結婚式を成功させる方法とは

0809saikonsurisinai450_300.jpg

ライフスタイルや結婚に関する意識の多様化に伴い、女性・男性問わず晩婚化の傾向が見られるのをはじめ、結婚するカップルにおいても「初婚」と「再婚」の割合が変化しています。厚生労働省の調査※1によれば、1980年に結婚したカップルの「再婚」の割合は15%でしたが、2000年には21%に、2015年には27%とその割合は少ないながらも上昇傾向をたどっています。

とはいえ、再婚自体は増えている一方で、再婚の「結婚式」を行う人は少なく、特に妻が再婚のカップルにその傾向が見られるよう。結婚式をしない理由はそれぞれとはいえ、いま一度再婚の結婚式について前向きに考えてみませんか? マイナビウエディングでは夫婦としての新たなスタートである「再婚の結婚式」についての迷いや“しない”理由をひとつずつ解消。そして、親族や親しい友人から迷惑だと思われずに開催できる結婚式や、お披露目パーティのアイデアをご紹介。リゾート挙式やスイートルームウエディング、会費制パーティなどさまざまなスタイルからお気に入りをチェックして♪

※1厚生労働省の平成28年度 人口動態統計特殊報告「婚姻に関する統計」の概況より

再婚の結婚式を「しない」のはどうして?

再婚のカップルはどうして「結婚式をしない派」が多いのでしょうか? ここでは具体的に「結婚式をしない派」が感じている理由を紹介していきます。

◆結婚式を「しない」理由①:同じゲストにまたご祝儀をもらっていいのかetc.……遠慮が先に立ってしまう
夫婦のどちらか、あるいはふたりとも再婚というカップルに「結婚式をしない派」が多い理由に、「一度目の結婚式でご祝儀をもらったゲストに、二度目もご祝儀をもらうのは申し訳ない」といった声が多く聞かれます。ほかにも、一度目の結婚式に招待したゲストを二度目では招待しないでおこう、というような配慮をしていくうちに、結果的に両家のゲスト人数バランスが悪くなってしまったなんてこともあるよう。また、特に40代前後の再婚カップルにとっては、招待する友人ゲストが子育てや仕事、介護などで忙しい環境にあったり、高齢となった自身の親たちの体力的な負担を考えると結婚式を躊躇してしまう……というケースも。このようなゲストへのさまざまな遠慮や気遣いが「結婚式をしない」という大きな要因になっているのかもしれません。

◆結婚式を「しない」理由②:結婚式以外にお金がかかる案件が多い&時間的な余裕がない
結婚式にはそれなりの費用と準備にかける時間が必要ですが、夫婦のどちらか、あるいはふたりとも再婚というカップルの場合、さまざまな金銭的・時間的要因が結婚式をしない理由になっているようです。たとえば、初婚の結婚式で親から援助をしてもらった場合、二度目では援助を頼みにくいという理由や、男性が再婚の場合には慰謝料や養育費を支払っているケースも。このように金銭的な余裕がない場合、結婚式でお金を使うよりも、住宅購入資金にあてたいと考えるカップルも少なくないようです。また、再婚するカップルが子育て中だったり、親の介護をしている場合は、一度目の結婚式での準備の大変さを知っていることや、結婚式に足を運ぶゲストの負担を考えて結婚式をしない選択をすることもあるようです。

◆結婚式を「しない」理由③:結婚式や披露宴の晴れがましさにギャップを感じる
盛大な挙式・披露宴のイメージに、違和感を感じてしまうというカップルも。その理由として、多くの結婚式場で紹介されている結婚式のパッケージプランが、基本的に“初婚のカップル向け”のように感じられること。再婚の自分たちにはキラキラしすぎてフィットしないと感じることがあるようです。特に相手が初婚で自分が再婚の場合には「うしろめたさ」を感じてしまう人も多いのだとか。

特に40代のカップルの場合は「華やかな場所で人前に立つことに対してポジティブになれない」「初婚の挙式時の記憶がよぎり人一倍冷静になってしまう」と考えてしまうことも。年代にかかわらず再婚の場合は、その前に「別れ」があったために、盛大な結婚式を行っていいのか迷うケースが多いようです。

再婚結婚式のお悩み解決! ゲストは呼ぶ? 報告の仕方やご祝儀についても解説します

再婚カップルの結婚式ノウハウをチェック

「再婚の結婚式をしない派」ちょっと待って! 結婚式をしたほうがいい理由とは?

夫婦のどちらか、あるいはふたりとも再婚というカップルが結婚式をしない理由について解説しましたが、実は再婚だからこそ結婚式を挙げたほうがいい理由もたくさんあります。ここでは「再婚だからこそ結婚式を挙げるべき理由」について紹介します。

【再婚だから結婚式を挙げたほうがいい4つの理由】
夫婦のどちらかが初婚の場合は、初婚の相手やその親への配慮が必要です。夫婦として新たなスタートの節目の場をきちんと設けることが、相手や親への安心につながります。

結婚式は両家の絆を深めたり、親同士や家族の親睦を深める絶好のチャンス。どちらかに子どもがいる場合はこのタイミングを使わない理由はありません。

一度目の結婚と離婚で周囲の人たちに心配をかけたからこそ、再婚の結婚式という場を借りて親や友人たちに感謝を伝えて、安心してもらうことができます。

華々しい衣装や場所に躊躇してしまうというカップルは、現在では豊富な選択肢があることを知っておいて。たとえば大人花嫁だからこそ似合うシックでオシャレなウエディングドレス、シンプルな内容の再婚の結婚式に最適なプランも増えてきています。

入籍した後で再婚にぴったりな結婚式プランやステキなウエディングドレスを目にしたとき、「結婚式をしないなんて決めないで、気の張らないパーティくらいやっておけばよかった……」と夫婦お互いが後悔することがないようにしておきたいですね。

ゆずれない条件から結婚式場探しをするなら…式場探しのプロに無料で相談してみて♪

再婚結婚式のネガティブなあれこれを解消

①同じゲストにまたご祝儀をもらっていいのかetc.……周囲への気遣いが気になる時は?
二度目の結婚式で、同じゲストから再びご祝儀をもらうことに罪悪感を感じてしまうのは、再婚カップルにとって避けて通れない問題かもしれません。その場合は、ご祝儀を辞退したり披露宴を会費制にして負担金額を抑えるという方法があります。また、一度目と同じゲストを招待しにくい場合には、両家親・兄弟姉妹とごく親しい友人ゲストだけを招く少人数のウエディングもオススメです。

②挙式費用や時間がない場合は?
挙式にかけられる予算がなかったり、結婚式準備の時間がない場合には、凝った演出プログラムは取り入れず、お招きしたゲストとゆっくり会話や食事が楽しめるスタイルがオススメです。ふたりだけや両家親だけを招いた結婚式、親族や親しい友人だけを招いた少人数のパーティであれば、結婚式準備にかかる時間的な負担を軽減することができます。また、会費制のパーティであれば結婚式費用が大幅に抑えられ、ふたりやゲストの金銭的負担を軽くすることが可能です。

③結婚式や披露宴の晴れがましさにギャップを感じる時は?
結婚式を挙げる場所を検討する際に、再婚でも気後れしない特別な場所を選んでみては? 都心の知名度ある会場というよりも、都心から少し離れた場所を選ぶのもオススメ。開放感あふれる雰囲気で、かつ人目も気にならないので、ふたりもゲストもリラックスした雰囲気で結婚式が挙げられるのも魅力のひとつです。都心から少し離れた国内のリゾートエリアなら、「挙式のみ」「旅行をかねて結婚式を挙げる」「ウエディングドレスを着て写真だけ残す」など選択肢も多くなります。

新郎新婦だけでかなえる新しい結婚式のスタイル“ふたり婚”とは?

再婚の結婚式にぴったりの挙式スタイルや会場とは?

再婚カップルが結婚式を躊躇してしまう・しない理由に、周囲への気遣いやお金・時間のこと、晴れがましさへのキャップといったさまざま要素が挙げられました。では実際にこれらを解消してくれる結婚式スタイルや会場とは? ここでは再婚の結婚式にオススメのスタイルや挙式会場をご紹介します。

①人目を気にせず「ふたりだけ」や家族・親しい友人と滞在して楽しむ「国内リゾートウエディング」 
国内リゾートウエディングとは、軽井沢や箱根、京都、沖縄、北海道といった人気の高い国内リゾート地で挙げる結婚式のこと。一泊二日~三泊四日くらいの日程で、ふたりだけや家族や親族、ごく親しいゲストと開放的な雰囲気で自由度の高いウエディングがかないます。

北海道や軽井沢、箱根や沖縄など「国内リゾート婚」の会場をチェック

◆オススメ会場◆
星野リゾート 軽井沢ホテルブレストンコート

東京から新幹線で1時間。軽井沢の豊かな自然と迎賓文化の伝統が息づく高原リゾート「星野リゾート 軽井沢ホテルブレストンコート」。挙式会場は軽井沢を代表する「軽井沢高原教会」や「石の教会 内村鑑三記念堂」をはじめ、ガーデンでの人前式など挙式スタイルも多彩。パーティ会場は別荘のようなヴィラやガーデン付き邸宅など、人数や好みに応じて選ぶことができます。香りや音など五感で楽しめる決め細やかな料理で、ゲストの記憶にも残るおもてなしがかないます。
星野リゾート 軽井沢ホテルブレストンコートの写真やブライダルフェア、パッケージプランなどウエディング最新情報を見る

アンドリュース

約4000坪という軽井沢有数の敷地に佇む邸宅でプライベートなウエディングが魅力の「アンドリュース」。森に囲まれたガーデンでのセレモニーや、ガーデンと隣接する英国風邸宅をひと続きに開放したフリースタイルのパーティは開放感にあふれ、親しい人たちとリラックスして過ごせること間違いナシ。形式にとらわれず、ふたりらしい結婚式を挙げたいカップルにオススメです。
アンドリュースの写真やブライダルフェア、パッケージプランなどウエディング最新情報を見る

新婚旅行を兼ねて国内外リゾートでの挙式もオススメ! 新婚旅行人気の旅行先ランキングを見る


②ふたり+家族で結婚式・お披露目食事会を開催する「少人数会場&スイートルームウエディング」
ふたりだけ、または両家家族だけをお招きした結婚式・お披露目食事会が行えるウエディング。少人数専用のパーティ会場や個室、ホテルのスイートルームなら、人生の節目にふさわしい特別感とプライベート感が両立した結婚式がかないます

◆オススメ会場◆
シャングリ・ラ ホテル 東京

シャングリ・ラ ホテル 東京の「プレジデンシャルスイート」は広さ269㎡で2フロア吹き抜けという豪華さに加え、大きな窓から満喫できるのは高層階からの都心の眺望という贅沢さ。美と贅を極めた空間で特別なウエディングがかないます。
シャングリ・ラ ホテル 東京の写真やブライダルフェア、パッケージプランなどウエディング最新情報を見る

目黒雅叙園(ホテル雅叙園東京)

目黒雅叙園(ホテル雅叙園東京)の最上階に位置する、240㎡もの広さを誇るスイートルーム「雅叙園スイート」。ウエディングでは6~26名まで利用可能で、挙式スペースは、新しさの中に歴史を感じさせるリビングルーム。窓からは庭園の緑が広がり、アットホームな中にも開放感を感じることができます。
目黒雅叙園(ホテル雅叙園東京)の写真やブライダルフェア、パッケージプランなどウエディング最新情報を見る

家族や親しい友人を招いてアットホームなウエディングを!30名以下の少人数結婚式特集を見る


③ごく親しい友人を招いた“気張らない”スタイル「会費制のパーティ」
ゲストからご祝儀をいただくのではなく、あらかじめ設定した会費を払ってもらい結婚式に参列してもらう結婚式のこと。ごく親しい友人を招いたお披露目パーティなど、気張ることのないカジュアルスタイルのウエディングがかなううえ、ご祝儀に関する問題もクリア。

◆オススメ会場◆
CROSS TOKYO (クロストーキョー)

10階建てビルの最上階から見渡す眺望と、美食でもてなすウエディングが自慢のレストラン。旬の国産食材にこだわった料理に定評のあるCROSS TOKYO (クロストーキョー)は、コース料理やビュッフェスタイル以外にも、テーブルごとに料理をシェアするファミリースタイルなどルが選択可能。
CROSS TOKYO (クロストーキョー)の写真やブライダルフェア、パッケージプランなどウエディング最新情報を見る

イルブッテロ/テイクアンドギヴ・ニーズ

広尾駅徒歩1分。閑静な広尾の住宅街に現れるのは、150坪もの広大な敷地内にある一軒家レストラン。駅近とは思えない緑豊かなガーデン、イタリア人のオーナが自ら造ったぬくもりあふれる邸宅、ガラス張りの明るいテラスチャペルなどが、当日はすべて貸切に! 本格トスカーナ料理とおいしいワインで、ゲストとプライベートな時間を楽しんで。
イルブッテロ/テイクアンドギヴ・ニーズの写真やブライダルフェア、パッケージプランなどウエディング最新情報を見る

再婚の結婚式にオススメ! 大人花嫁に似合うウエディングドレスをたっぷり紹介♪

ゲストが気軽に参加できるお披露目パーティ「会費制ウエディング」オススメ会場とは?


まとめ

再婚の結婚式をする・しないは当人たちが決めることですが、現在では結婚式・お披露目パーティのスタイルもいろいろ。豊富な選択肢から、会費制パーティやリゾートでのウエディング、少人数会場でのパーティなど自分たちに合うスタイルを見つけて、ステキなセレモニーをかなえてくださいね♪

再婚カップルの結婚式ノウハウを見る

この記事を読んだ人にオススメ

< 結婚式とは? 披露宴との違いや、結婚式のスタイル・実施率など【結婚式のキホン】  |  一覧へ戻る  |  結婚祝いを贈るタイミングは?「結婚式に出席する」「入籍のみ」などケース別でチェック >