結婚式場探しならマイナビウエディング > 結婚式のテーマから探す特集一覧 > 伝統息づくレストランでかなえる 究極のおもてなしウエディング

banner_720_200_01_130730.jpg
レストランウエディングといってもスタイルはさまざま。「親しい人達とのささやかな結婚式」「アドレスフリーでゲストと歓談を楽しむ1.5次会スタイル」「リゾートウェデング後の会食」など、かなえたい想いやゲストの顔ぶれに合わせた結婚式がかないます。今回はその中でも、「落ち着いた雰囲気の中で、大切なゲストへ丁寧に感謝の気持ちを伝えたい」というカップルにぴったりの『レストラン アラスカ』をご紹介します。

≫レストラン アラスカ 日比谷 日本プレスセンター   ≫レストラン アラスカ 【浅草】吾妻橋店
≫レストラン アラスカ パレスサイド         ≫日本料理 もちづき

今なら、マイナビウエディングを使って会場見学&成約すると、最大50,000円の商品券をプレゼント!

歴史あるレストラン。多くの偉人たちが「アラスカ風料理」のとりこに!

創業80余年、知る人ぞ知る老舗レストラン『アラスカ』。日本人の口にあう西欧料理を創り続け、イタリアンでもフレンチでもなく「アラスカ風」として、日本に西欧料理を広めてきたレストランのひとつです。

その味はオードリー・ヘプバーンや文豪の谷崎潤一郎氏、阪急の創立者小林一三氏など、各界の偉人・要人たちをもとりこにしたというほど。多くの人にとって、自身の「大切な人をもてなすための場」として支持を集めてきました。同じようにウエディングの場面でも、感謝の気持ちを大切なゲストへ伝えるための場として、多くのカップルに愛されています。

歴史の中で積み上げられてきた、一品一品に宿る「おもてなし」の心

アラスカの料理は、スープからソースにいたるまで、すべてシェフの手によって時間と手間をかけ作りあげられています。そこに込められているのは、お客様に喜んでいただきたいという強い想い。

例えば試食をしたカップルが、必ずといっていいほどゲストに食べさせたいと言う『オニオングラタンスープ』。より澄み切った味わいを出すため、わざわざ「旨みを出す工程」と「アクをとり澄み切らせる工程」に分けて作られています。そのスープと、チーズクルトンを一緒に焼き上げるその料理は、「たまねぎの香ばしい香り」「旨みが凝縮されたコンソメスープ」「チーズの豊かなコク」の3つの旨みが見事に重なり合う、感動的なおいしさです。

そのほかにも、日本でよく知られている焼きアイスクリーム、「ベイクドアラスカ」は、『レストラン アラスカ』発祥。目でも楽しめるようにと、"アイス"を"氷山"、"炎"を"オーロラ"にたとえ、「ベイクドアラスカ」と名づけたのがはじまり。今もゲストを楽しませるための演出として人気です。

どの料理も、自分の大切な人に食べてもらいたくなる『アラスカ』の料理。魅力溢れる一つひとつの料理が、大切なゲストをきっと笑顔にしてくれるはずです。


「お客様の願いを一つひとつかなえていく」、それが何より大切なこと

数々の美食と同じく、アラスカをひいきにする人たちをとりこにしているのは、その「おもてなし」。実は、アラスカではお客さま一人ひとりに合わせた接客を行うため、マニュアルがありません。例えば、コースの途中でお客様の感想を伺いながら、そのあとの量や味付けを調整したり、当日にアレルギーなどがわかればすぐに別の料理を作りあげる……。そんな一見難しそうなことまで、こちらが依頼するよりも前に気づいてくれるのだとか。

そんな背景から誕生したのが、『フォアグラロワイヤル』という西洋風の蒸し料理。裏ごしされたフォアグラをベースにした斬新な料理は、お客様の「昔食べた、白子の茶碗蒸しのような料理が食べたい」という突然のオーダーを受け、シェフが即興で創りあげた一品。そのやさしく広がる味わいは、年配のゲストも喜んで食べてしまうほど。今ではレストランの人気メニューになっています。

また、ある新郎新婦が「"から揚げ"を披露宴で出したい」と要望したときのこと。「"自分を育ててくれた家庭の味"をゲスト皆に振舞うことで感謝を伝えたい」というふたりの想いにシェフは応え、見事その味を再現。披露宴では家族のエピソードとともにから揚げが振舞われ、その場は感動の涙と笑顔に包まれたそうです。

おいしい料理を提供するだけでなく、『アラスカ』が大切にしているのは「お客様の願いを一つひとつかなえていく」こと。このレストランなら、大切な人へ伝えたい特別な想いも、大切な人に笑顔になってもらいたいという願いも、そのこだわりぬかれた料理とあたたかなサービスが、きっとかなえてくれるはずです。ぜひ一度ふたりの想いを相談してみてください。

気持ち伝わる大人の祝宴がかなう会場


レストラン アラスカ 日比谷 日本プレスセンター (東京駅・皇居周辺)
昼は日比谷公園の緑、夜は都会の夜景が一望できる魅惑のステージ

天高15mの巨大なドーム空間が特徴のレストラン。開放感溢れる中に、落ち着きのあるムーディーな雰囲気を演出。 メインダイニングの他、2つの披露宴会場、バーカウンター、サロンスペースなどを併設。要望にあわせて様々なパーティーを演出してくれる。会食にもアレンジを一工夫加えたいふたりにおすすめ。


レストラン アラスカ 【浅草】吾妻橋店 (スカイツリー(R)周辺エリア(上野・浅草・墨田・江東・江戸川))
地上100mの「天空レストラン」 歴史あるお料理とロケーションで最高の1日を演出

地上100mの会場から望むのは富士山。そして、浅草の街並みやそこに流れる隅田川です。昼は雄大な景色が、夜はうっとりするほどのまばゆい夜景がゲストを迎え入れます。すべてのお客様を大切にしたいから、結婚式は1日1組限定。そして創業80余年のアラスカが築いた創作料理が、大切な一日に華を添えます。


レストラン アラスカ パレスサイド (東京駅・皇居周辺)
皇居を一望できる個室でかなえる、憧れのプライベートウエディング

最少4名から対応できる多彩な個室・会場、ブライズルームまでがそろうレストラン。どの会場も、1日1組限定で貸切可能。親族や親しい友人だけを誘って、プライベートなウエディングを挙げたいふたりにぴったり。皇居の豊かな緑と美食をゲストへプレゼントしよう!


日本料理 もちづき (スカイツリー(R)周辺エリア(上野・浅草・墨田・江東・江戸川))
幅広い世代から人気を集める情緒漂う街・浅草で、眺望と美食を楽しむ和やかな結婚式を

東京スカイツリーに隣接した、アサヒグループ本社ビル21階に位置する隠れ家料亭「日本料理 もちづき」。浅草の街並みを一望する大きな窓。挙式は近隣の歴史ある神社で、本格的な神前式を執り行える。また、神社から会場までは浅草観光を兼ねて人力車で行来すれば、下町の暖かな祝福がふたりを包んでくれるはず!


一覧へ戻る  |  結婚式の料理はどうする? 美味しい料理でゲストが喜ぶおもてなしのコツとポイント >