結婚式場探しならマイナビウエディング > 結婚式のテーマから探す特集一覧 > 新型コロナウイルス対策特集~3密を避けた結婚式の方法や会場の感染対策~

結婚式を考える全てのふたりへ 新型コロナウイルス対策特集 3密を避けた結婚式の方法や会場の感染対策

新型コロナウイルスの影響で、結婚式を諦めたり、延期されたカップルも多いのではないでしょうか?
また結婚式場を探そうと思っていたプレ花嫁も相次ぐ外出自粛などで『思っていたように式場探しが出来ない。そもそもいつなら結婚式が挙げられるの? 』といった悩みが尽きないのではないでしょうか。

この特集では3密を避けて感染拡大リスクを極力下げた結婚式のカタチの提案や、結婚式場探し見学のコツなどをまとめてご紹介します。

※公益社団法人日本ブライダル文化振興協会の「新型コロナウイルス感染防止」ガイドラインを一部参照しております。

3密を避けた結婚式
かなえる方

参列してくれるゲストのためにも、3密と呼ばれる3つの密(密集、密閉、密接)を避けた会場を選んだり、少しでも感染拡大リスクを下げた結婚式をしたいですよね。ここではそんな会場のポイントや感染リスクを抑えた新しい結婚式のカタチをいくつかご紹介します。

『密集』を避けるために出来る事

ゲスト同士の座る間隔を広く確保できる会場を選ぶ

披露宴80名以上の対応が可能な会場 »

Check!

感染リスクを下げるために、通常8名掛けのテーブルを4名に減らすなどの対応も要検討。招待したいゲストの人数によっては大きめの披露宴会場がある会場を選ぶのがベター。

招待するゲストの数を限定し、プレミアムなおもてなしをする

少人数の結婚式がかなう式場特集 »

Check!

もし呼びたいゲストがたくさんいらっしゃる場合は、結婚式や披露宴を複数回にわける事で対応が可能な場合も。詳しい情報は以下を要チェック。

自由自在!組み合わせ婚とは? »

1日貸切にできる会場を選ぶ

1日1組限定に出来る貸切可能な会場特集 »

Check!

式場によっては当日ほかの部屋で違うカップルの挙式を同時に行う事もあるため、同じ式場に2カップルのゲストが集まる事になります。気になるようであれば1日1組で貸し切れる式場を選ぶのもアリ。

『密閉』を避けるために出来る事

ガーデンや海辺など屋外で挙式や披露宴が出来る会場を選ぶ

ガーデンウエディング特集 »

国内のリゾート特集ページ »

プール付き!リゾート感満載の結婚式場特集 »

大きな窓を開放できるなど換気が出来る会場を選ぶ

Check!

ガーデンやプールがある会場は披露宴会場の横からそのまま外に出られる形も多いため『換気』という観点ではぴったり。大きな窓が開放できるかどうかは事前に会場に確認を。

『密接』を避けるために出来る事

披露宴の時間を1.5時間等に短縮し、より良いおもてなしをゲストに出来るようにする

Check!

披露宴は平均2時間~2時間半とされていますが『ゲストのためにも長い時間になるのは避けたい』と思っているカップルにおすすめなのが短縮披露宴。演出を減らす代わりに料理を豪華にするなど、長い時間を過ごさなくても満足してもらえる披露宴はかなえられるので、ぜひ会場に相談してみて。

結婚式を複数回にわける

自由自在のスタイル!組み合わせ婚とは? »

Check!

『お世話になったゲストを出来る限り呼びたいけれど、大人数になるのは避けたい』とお悩みの方におすすめなのが『組み合わせ婚』。挙式や披露宴を複数回に分けて呼びたいゲストの招待を諦めずに感謝を伝える場を作る事が出来ます。例えば『家族だけの会食』+『親しい友人だけを集めたガーデンパーティ』など組み合わせ方は自由自在!

ご祝儀を電子マネーや事前オンライン決済にする

ご祝儀のような現金の受け渡しはできる限り避けたいもの。そんなときは、受付に自分のキャッシュレス決済用QRコードを設置し、ゲストが読み取り送金頂くor事前のオンライン決済で受け取れるサービスがいくつかあるので検討しても良いかも!

イメージ

ただ、上記のポイントに当てはまらない会場でも定期的な消毒をする、ブッフェ形式のお食事ではなく、着席型の食事にするなど工夫をすれば感染拡大リスクを下げた結婚式をかなえる事ができます。

希望する結婚式に式場が対応しているか分からない場合は、お気軽にマイナビウエディングへご相談ください。完全無料でおふたりにあった式場をお探し、感染リスクを下げた結婚式のカタチをご提案します。

マイナビウエディングサロンとは? »

結婚式場側
感染防止対策とは
見学に行っても大丈夫

『本当に安心・安全な結婚式が出来るのか不安』『結婚式場の見学に行きたいけれど、試食はどうやって提供されるの?』といった結婚式場見学に関するギモンにお答えします。

結婚式場側の感染拡大防止対策について

もちろん式場ごとに対応は異なりますが、以下のような対応をしている会場が増えています。

ブライダルフェアの開催時間の短縮

感染リスクを減らすために、ブライダルフェアの時間を1時間~2時間を目安に短縮しているケースも。

テーブル配置

テーブル数を増やし、カップル同士の間隔をあけて配置したり、テーブルの上に透明のアクリルパネルを設置するケースも。

スタッフの健康管理の徹底

検温とマスクの着用、手指衛生を徹底。また、スタッフの人数を最小にし、感染リスクを減少。

ブライダルフェアに参加できるカップルを制限

感染リスクを最小にするため、見学やブライダルフェアの当日予約の数を制限する会場も。

定期的な換気と消毒の徹底

定期的にドアや窓による換気の徹底と、会場・化粧室・待合室などすべてのドアノブや椅子の除菌。

見学時の試食の提供方法を工夫

ブッフェ形式のお料理ではなく着席型したり、コース料理ではなくワンプレートの提供するなど極力スタッフとの接触を避ける工夫をしているケースが多いよう。ひとりひとりお弁当形式の試食にするなどの工夫をしている会場も。

                                                                                                        

見学予約をするときに会場ごとの感染防止対策を確認する方法

自分が気になる会場がどういった感染対策をしているか分からないと不安ですよね。
マイナビウエディングでは以下の3つの方法で確認ができます。

①マイナビウエディングの会場ページのお知らせ欄を確認!
イメージ
②マイナビウエディングサロンに相談する

気になる会場がいくつかあったり、それぞれどういった感染対策をしているか調べるのは大変ですよね。
そんな場合は、ぜひマイナビウエディングへご相談ください。完全無料でおふたりにあった式場をお探し、感染リスクを下げた結婚式のカタチをご提案します。
オンライン相談もOK!お気軽にご相談ください。

マイナビウエディングサロンとは? »

③おうちで出来る結婚式場探しをする

『やっぱりまだ外に出るのは不安』『できる限りおうちで結婚式場探しをしたい』といった方はこちらをチェック。

オンラインブライダルフェアを開催している会場特集 »

自宅で気軽にバーチャル式場見学特集 »

ブライダルフェアを動画で体験できる式場まとめ »

【九州版】自宅で気軽に式場見学をバーチャル体験 »

【九州版】自宅でカンタン♪オンライン相談可能なフェア特集 »

ほかのプレ花嫁
どうしてる?
結婚式の延期
キャンセルの対応は

ほかのプレ花嫁は結婚式場探しをどうしてるか気になりますよね。
結婚式の延期やキャンセルの対応マニュアルはこちらをチェック。