結婚式場探しならマイナビウエディング > 結婚式のテーマから探す特集一覧 > 【2021年版】今こそ考えたい、ふたりらしいウエディングのカタチ《PR》

【2021年版】今こそ考えたい、ふたりらしいウエディングのカタチ《PR》

今こそ考えたいふたりらしいウエディング
今、結婚式準備を進めるにあたって、「実施すべき?」「実施するなら会場は?」「どこまでゲストを呼ぶ?」など、悩んでいる方も多いのでは?
そこで、結婚式準備中のふたりから聞こえてくる悩みや不安をどうすれば解決できるのか、考えてみました。
結婚式そのものの在り方自体が大きく変わろうとしている今、実は「既存のウエディングにしばられない、ふたりらしさ」をかなえやすくなっているのかもしれません。 たとえば、本当に親しい人や家族だけを招待するスタイル、挙式とパーティを別日程で行うという発想、直接足を運べないゲストともつながりあう新たな手段......。
今まで頭になかったウエディングスタイルや発想も柔軟に取り入れながら、よりふたりらしく満足できるウエディングのカタチを見つけてください。



①《結婚式スタイル&会場検討編》今、招待してもよいもの?

大勢のゲストを集めるウエディングを行うことに対しては、判断が難しいタイミングではありますよね。
特に、上司や会社関係者などには、招待したい旨をどう伝えればよいか、かなり頭を悩ませてしまうのでは。
それなら、気心知れた本当に親しいゲストだけを招待する少人数ウエディングを検討してみてはどうでしょう。
少人数であれば、ゲスト一人ひとりと事前にしっかり連絡を取りやすく、お互いの不安を解消しながら結婚式までの日々を過ごしやすくなります。
当日も一人ひとりに目を配りながらより一層心のこもったおもてなしができたり、準備の手間や時間を少なくできたり……と ゲスト数を少なくすることには、実はたくさんのメリットがありますよ。

《スタイル①少人数での近郊リゾートウエディング》
少人数ウエディングに対応した式場も増えていますが、特にオススメはリゾート地。
リゾート地であれば、少人数でも開放的なガーデン付き邸宅を貸切にできることも多く、より快適で安心な環境を用意しやすいんです。
自家用車でも移動がしやすい近郊リゾートであれば、「公共交通機関を使うことが不安……」というゲストにも参加してもらいやすくなります。

少人数近郊ウエディング1
東京から1時間。少人数で貸切OKな邸宅も複数!
>>『星野リゾート 軽井沢ホテルブレストンコート』の会場詳細へ


《スタイル②ふたり婚》
挙式とパーティは続けて行わなければいけないものではありません。
今はふたりだけで挙式をして、後日、落ち着いた頃に親族・友人を招いてパーティを行うという選択肢もあります。
挙式とあわせて写真撮影を行って親族・友人への結婚報告をしたり、設備が整っている会場を選んでオンライン参列してもらったりするのもオススメです。
「今は直接会えない、会いにくい」という大切な人に、今のふたりの様子をハガキや画面を通してでもお知らせするということは、幸せのおすそ分けにもなりますよ。

ふたり婚ロケフォト
どの季節も魅力あふれる写真を残せる。結婚報告にも◎
>>『星野リゾート 軽井沢ホテルブレストンコート』のフォトギャラリーへ

ふたり婚オンライン参列
直接足を運べないゲストもオンライン参列可能
>>オンライン参列の内容が分かる特集へ


《スタイル③滞在型ウエディング》
「こういった状況下で知恵を出し合い、協力しあってかなえる結婚式だからこそ、もっと両家の家族やお互いのゲスト同士が絆を深める時間にしたい」という声も。
そんなふたりには、旅行を兼ねた滞在型ウエディングもオススメ。
大切なゲストへの“心を解放して過ごせる滞在のプレゼント”は、このタイミングだからこそ、いっそう喜ばれるものになるかもしれません。
リゾート地なら観光やアクティビティを開放的な空間でゲストと一緒に楽しめるので、ウエディングをきっかけに、まるで一緒に旅をしたかのような稀少な思い出を作れます。

滞在型ウエディング
買い物やグルメ、温泉など多彩な楽しみ方がある軽井沢
>>軽井沢ウエディングの魅力を詳しく見る

②《結婚式スタイル&会場検討編》どんな基準で会場を選べばいい?

《ポイント①コロナ情報を公開しているか、対応策に納得できるか》
現在、ウエディングのポータルサイトや会場ホームページなどで、対策を公開している会場が増えてきています。
状況に応じて変わる可能性もあるので、現状を電話で確認するのもあり。
ふたりが安心できるかどうか、ゲストを招待する場合には、両親をはじめゲストに明解に説明できるか、納得してもらえそうかを基準にしてみては。

《ポイント②3密(密閉、密集、密接)を回避しやすいか》
それぞれの会場で行っている対策に加え、会場のスペックやロケーションも確認してみて。
例えば、開閉自在な窓があったり、会場とガーデンがひと続きになっていたり、 開放的な会場は換気がしやすくオススメです。
また、密集、密接を避ける意味で、広さも気にしたいポイント。
隣席と間隔をとれる十分な広さがあれば、安心感につながりますよ。
また、人混みの少ないロケーションにある会場を選べば、会場までの行き来での感染リスクも減らすことができます。

3密を避けられる会場
リゾートらしい開放感たっぷりのパーティ会場がそろう
>>『星野リゾート 軽井沢ホテルブレストンコート』の会場詳細へ

③《ブライダルフェア・準備編》現地を訪れるべき?

オンライン相談やオンライン打ち合わせを活用して準備が完結する会場も増えてきました。
中には、当日まで一度も現地を訪れなくても準備ができるという会場も!
フェア参加に対しても不安があれば、予約会場にコンタクトをとり、会場側の対策やサポート体制を確認しましょう。

④《当日編》受付は、従来通りゲストにお願いすべき?

受付をゲストにお願いしたい場合は、事前に式場のガイドラインや、感染対策を丁寧に説明した上で依頼しましょう。その際は、「断っても大丈夫」という一言を添えるなど、配慮を忘れずに。
また、発想を転換して、「新郎新婦がお出迎えするスタイル」に変更するのも、ひとつの手。
受付役のゲストの負担がなくなるとともに、ふたりが全面的にホスト役になることで、おもてなしの気持ちが伝わりやすくなります。さらには“ふたりが主役!”という気恥ずかしさや、入場時独特の照れなどもなくなり、一石三鳥と言えるかもしれません。

自由なパーティがかなう
ふたりがホストとなって始める自由なパーティがかなう
>>『Yokobuki Villa(ヨコブキヴィラ)』の会場詳細へ

⑤《当日編》当日のプログラムや進行で気を付ける点は?

「大声を出す」「密着してしまう」演出は避けるのがベター。
そういったシーンが生まれやすいゲストのスピーチや余興などは思い切ってカットするのもあり。
その分、十分に食事を楽しむ時間や、ゲスト一人ひとりに感謝を伝える時間に充てる方が、ゲストの事前準備などの負担も減るうえ、パーティ本来の「感謝の気持ちを伝えたい」という目的にマッチしやすくなるのでは。王道にとらわれず進行・構成を見直してみるよい機会かもしれません。

自由度の高い会場
自由度が高く、存分にふたりらしい一日を創れる
>>『Yokobuki Villa(ヨコブキヴィラ)』の会場詳細へ

⑥《日取り決め編》結婚式の日程を今決めても大丈夫?

希望の式場が見つかっているのであれば、日程をおさえること自体、問題ありません。
ただ、結婚式の日程を決めた(契約締結)後の日程変更には、費用がかかる会場がほとんど。
契約前に「いつから、どの項目の金額が、どれほどかかるのか」を確認しておくのがオススメです。

と言っても、必要以上に不安がらなくても大丈夫。
『星野リゾート 軽井沢ホテルブレストンコート』の場合、挙式予定日の31日以上前に日程変更の申し出をした場合、意外にもかかる費用は下記のみ。
①挙式変更料の3万円
②司会料10%(打合せ後の場合のみ)
③ペーパーアイテム(印刷済みの場合のみ、買取り)
④引出物(名入れ済の場合のみ、買取り)

日程変更の壁が上記のようにさほど高くない会場であれば、ふたりの希望の日程をおさえておくのはよいかもしれません。

⑦《日取り決め編》結婚式は予定通りに行ってOK?

2020年6月23日時点で、全国的にブライダル業界が発表しているガイドラインに沿って対策が講じられていれば、結婚式を開催すること自体が問題とはされていません。
ただ、不安の度合いは人によって異なるものなので、事前にゲスト一人ひとりに正直な気持ちを確かめておくことも大切です。

《まとめ》ウエディングの大転換期は、本当の意味での「ふたりらしさ」をかなえるチャンスに!

ここまで、結婚式検討中・準備中のふたりから聞こえてきた疑問や不安に対して、「今までのウエディングの常識に縛られないウエディングスタイルやアイデア」を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

ウエディングは、ふたりが夫婦として歩みだす大切な第一歩。
型にはまる必要も、心配しすぎて後ろ向きな気持ちになる必要もありません…!
「結婚式で実現したいこと、伝えたい想い」にしっかりと向き合い、ふたりらしいウエディングをかなえられるよう、前向きに今できることを進めてみてください。

▽▽オススメ式場情報▽▽


「ふたり婚」も「親しい人だけ」も自在。ふたりの満足するスタイルを追求できる、軽井沢のリゾートホテル
都心から新幹線で約1時間の好アクセス。
軽井沢を代表する2教会『軽井沢高原教会』『石の教会 内村鑑三記念堂』での挙式のサポートを行うとともに、リゾートウエディングのカタチを進化させてきたホテルです。
ガーデン付き貸切邸宅をはじめ多彩な10ものパーティ会場を有し、3密を避けたプライベート感たっぷりの一日を、ふたりとゲストに贈ります。39のスイート&コテージにゲストと宿泊もでき、旅の歓びがプラスされた至福の滞在型ウエディングが実現。最短2週間での準備、オンライン相談・打合せも可能です。
>>フェアの内容や開催日時をチェック
>>電話やWEBによるオンライン相談フェアはこちら

挙式スタイル 教会式(チャペル式)
収容人数 着席2名~210名
Yokobuki Villa(ヨコブキヴィラ) (軽井沢/中軽井沢駅)
詳細を見る
時間を気にせず絆を深められる、特別感たっぷりの“軽井沢別荘ウエディング”
「星野リゾート」が“最上級の居心地”を追求し作った、別荘のようなラグジュアリーな一軒家。
ふたりがホストとなってゲストを出迎え、語らいを中心とした自由な一日を過ごせます。
ゲストルームも7室備えており、パーティ後も幸せの余韻を味わいながら、歓談やお酒を心ゆくまで楽しめます。
ふたりの別荘かのように居心地良く、自由に過ごせるウエディングは、ふたりはもちろんゲストにとっても贅沢で特別な想い出となるはず。
>>フェアの内容や開催日時をチェック
>>電話やWEBによるオンライン相談フェアはこちら
挙式スタイル 教会式(チャペル式)
収容人数 10~30名

< ファミリーウエディング(パパ&ママ婚)の費用・節約術、プランをご紹介  |  一覧へ戻る  |  最新の【和装コーディネート】をご紹介! 髪型やネイル、ブーケにこだわってイマドキ花嫁に >