結婚式場探しならマイナビウエディング > リゾート婚 > 国内リゾート結婚式 > 遠くはなれた大切な人も参列できる 新たな軽井沢セレモニーのカタチ

遠くはなれた大切な人も参列できる 新たな軽井沢セレモニーのカタチ【PR】

newstyle_karuizawaceremony_tytle_202006.jpg
今までの感謝や今の想いを、大切な人に届けたい。
ふたりで歩む人生のスタートを大切な人に見守ってほしい。
けれど、予定が合わない、どうしても移動するのが難しい……。
というゲストがいる場合もありますよね。
そんなときも大切な人みんなに参列してもらえる、新たなセレモニーのカタチができました。
『星野リゾート 軽井沢ホテルブレストンコート』でかなう「はなれてつながるWedding」。
あこがれの"軽井沢ウエディング"を、さらに特別に、さらに想い出深いものにしてくれる、その全貌をご紹介します。

直接足を運べなくても、軽井沢の空気を感じ、ふたりと想いがつながる。新しい参列スタイル



都心から新幹線で約1時間。ふたりの誓いの舞台となるのは『星野リゾート 軽井沢ホテルブレストンコート』に隣接する『軽井沢高原教会』。
「家族への感謝の気持ちや、夫婦となる実感が自然とわきあがる、本質的で心あたたまる挙式がかなう」と、多くの新郎新婦から100年にもわたり支持されている教会です。
ここで「みんなに感謝を伝えたいけど、来られないゲストもいる……」と悩む新郎新婦に向けてスタートしたのが「はなれてつながるWedding」。挙式内容はそのままに、挙式当日に現地に来られないゲストにも、WEB上で参列してもらえるようになりました。

新たな軽井沢セレモニーのカタチ

ここでポイントになるのが「まるで軽井沢にいるような臨場感」と「ふたりとつながっている感覚」。
挙式当日に軽井沢へ足を運べないゲストの元に送られるのは、教会がデザインされた特別な案内状。大きめの封筒をワクワクする気持ちで開けば、中には当日オンライン参列するためのアクセスコード(QRコード)や式次第とともに、ふたりがひとりひとりへメッセージを綴った手書きのカードがお目見え。ふたりの想い、そして軽井沢の自然がふわっと広がり、ゲストの気持ちもぐっと高まるはずです。

新たな軽井沢セレモニーのカタチ

そして迎えた当日、オンライン画面にあふれる軽井沢の自然や美しい風景を眺めれば、遠くはなれた場所にいてもそこはもう軽井沢。

新たな軽井沢セレモニーのカタチ

新たな軽井沢セレモニーのカタチ

現地以上に身近に感じられる新郎新婦の表情、美しく心に残る一瞬一瞬は、まるでふたりの誓いのすぐそばで立ち会っているかのよう。臨場感あふれる音とともに、ゲストの心をふたりのいる軽井沢高原教会へと運んでくれます。
新たな軽井沢セレモニーのカタチ

>>全国各地のサロン、オンラインで開催中。結婚式のスタイルについて相談できるフェアを探す

たとえば海外住まいの友人、異なるライフステージを過ごす同級生、毎日多忙な上司や先輩。通常ならリゾートへの招待を迷うゲストにも、参列してほしい気持ちを素直に届けられるのもこのスタイルだからこそ。
新たな軽井沢セレモニーのカタチ

「大切な人すべてに、ふたりで歩む人生のスタートを見守ってもらえる」、その安心感や喜びはふたりにとってかけがえのない宝物に。


▼“新たな軽井沢セレモニーのカタチ”がかなう会場はコチラ
既存のしきたりにしばられない、ふたりらしいリゾートウエディングを《挙式、パーティ、宿泊すべての手配が可能》
緑美しい丘に佇み、澄んだ空気と美しい木漏れ日に包まれるウエディングステージ。挙式はホテルからほど近くにある『軽井沢高原教会』『石の教会 内村鑑三記念堂』の軽井沢を代表する2教会で、パーティはプライベートガーデンやテラス付きをはじめ願うスタイルがかなう10もの会場で。豊かな自然のなか、軽井沢ウエディングの魅力が凝縮した一日をふたりとゲストに贈ります。
招待ゲスト数は10〜210名。アットホームにもにぎやかにも、ナチュラルにもスタイリッシュにも、ふたりの願いを盛り込んだおもてなしを提案。木立に佇む39のスイートとコテージにゲストとともに宿泊もでき、旅の歓びがプラスされた至福の滞在型ウエディングに。

>>電話やWEBによるオンライン相談フェアも開催中

挙式スタイル 教会式(チャペル式)
収容人数 着席2名~210名
軽井沢高原教会 (軽井沢/中軽井沢駅)
詳細を見る
100年以上にわたり多くの幸せを紡いできた教会で、本質的で心あたたまる挙式を
軽井沢らしい緑に囲まれた小道を進んだ先に姿を現すのが、木造の『軽井沢高原教会』。教会内は、静謐で心安らぐ雰囲気で満ちています。
ここでかなうのは、ふたりだけでなくそれぞれの家族とともに新しい絆を祝う挙式。
教会専任の牧師先生からは、聖書から新郎新婦のために選んだ一節やふたりを支え育ててきた家族へのねぎらいの言葉が贈られ、通り一編ではない、ふたりだからこその誓いが実現します。夫婦となったふたり、ふたりを愛し育んだ家族や兄弟。高原の教会ならではのひっそりとした静けさのなか、ひとりひとりの心をつなぐような温かなセレモニーに、この場に集った全員の気持ちは自然とひとつに。
挙式後は、高原特有の澄んだ空気と通り抜ける風の心地よさを感じながら、実り多き幸せを祈るライスシャワーの祝福を受けて。
軽井沢の豊かな自然とともに過ごした幸福な時間は生涯胸に残るはず。

>>電話やWEBによるオンライン相談フェアも開催中

挙式スタイル 教会式(チャペル式)
収容人数 着席2名~80名

< 少人数結婚式(10~30名)の流れとオススメの演出をゲストの人数別にご紹介  |  一覧へ戻る  |  【九州版】アフターコロナの結婚式づくり ~悩んでいるすべてのプレ花嫁~ >