ブーケやブートニアを準備する

ブーケやブートニアを準備する

花嫁が持つブーケは挙式・披露宴会場の雰囲気や装花とコーディネートすると、統一感が生まれ、よりオシャレに美しく見えるものです。そのためブーケは、会場装花を担当しているフローリストに依頼するのが一般的ですが、どうしてもお願いしたいフラワーデザイナーが外部に居たり、手作りしたい場合は、そもそもブーケを持ち込みできるか否か、持ち込みできる場合は持ち込み料の有無を会場側と確認をしましょう。

花嫁が持つブーケと、花婿の胸に飾るブートニアは、挙式・披露宴からさかのぼって1カ月前を目安にオーダーを済ませておきましょう。当日着るウェディングドレスなどの衣装の写真(自身が試着したときの写真なら、よりベター)をフローリストに持参し、希望するブーケのイメージを伝えます。ブーケのイメージが固まっていない場合は、SNSや海外の写真集、雑誌などからお気に入りをいくつかピックアップして、打ち合わせでより具体的な内容が詰められるように準備をしましょう。実際に着る予定のウェディングドレスや、プレ花嫁さんが持参したブーケのイメージなどを元に、フローリストではプロならではの視点でアドバイスや提案をしてくれるはず。また、花婿のブートニアはブーケを基準にコーディネートするのが一般的です。

近年では、ブーケの役割もさまざまに変化し、挙式演出に取り入れる花嫁も増えてきています。代表的なブーケトスをはじめ、ブーケプルズ、ダーズンローズセレモニーなど、結婚式・披露宴での演出も踏まえてブーケを考えると、より印象的な使い方がかなうかもしれません。