結婚式場探しならマイナビウエディング > ブライダルエステ > 時期(期間) 記事一覧 > ブライダルエステは、生理中でも受けられる? OKとNG事例を徹底解説

シェア

人気記事ランキング

最新記事

失敗例 時期(期間)

ブライダルエステは、生理中でも受けられる? OKとNG事例を徹底解説

41920948_S.jpg

ブライダルエステの予約日に生理の日がかぶってしまったら……施術は受けてもいいもの? それとも、受けられない? どっちだろうと悩む花嫁に、OK事例とNG事例を詳しくご紹介します。とはいえ、「受けられるなら、気にすることないかも!」と楽観的に考えるのは早合点。生理中は刺激に敏感になりやすく、ブライダルエステの効果が半減してしまうことも。受けられる場合でも気をつけなければいけないことがたくさんあります。注意点から、サロンへの連絡方法もチェックして生理中のエステの受け方を学びましょう!

1.生理中のブライダルエステ…内容によってはOKなケースも!

生理中は肌が敏感になりやすく、ニキビや吹き出物がでやすくなったり、むくみやすくなったり、と普段の状態とは異なるもの。できることなら、ブライダルエステの予約日を別日にずらすのが、ベストな選択肢。とはいえ、結婚式前の準備や仕事、環境の変化で何かと忙しい花嫁のスケジュール。「今回リスケすると……次の予約が先になって結婚式前にバタバタするかも」と不安に思う方も多いはず。そんな花嫁に朗報! 生理中であっても、施術部位に下腹部が含まれていなければOKなケースもあるようです。

■フェイシャルや上半身の施術ならOK!?
顔やデコルテ、背中、二の腕などの上半身のトリートメントであれば、生理中でも受けられるサロンが多いようです。ですが、施術中は横になるので、シーツやベッドを汚さないように、それなりの対策が必要かも。とはいえ、どこのサロンでもOKなわけではなく、サロンの方針によってはお断りされるケースもあるため、自分が通っている店舗に施術が可能かどうか、確認する必要があります。

■受けることはできるけど…気をつけたい肌トラブル
生理中であっても、フェイシャルや上半身の施術なら関係ないかと言うと、それは別問題。あくまでも“受けることはできる”だけであり、全く問題ないわけではありません。生理中はホルモンバランスの関係で肌が敏感になったり、体調がすぐれなくなったりすることもあるため、人によっては施術の効果が出にくくなることもあるのです。そのため、「フェイシャル後はいつも肌ケア実感が高いのに、今日は何だか変化が分からない……」「二の腕のマッサージがいつもより痛かった気がした」など、普段は感じない違和感を覚える人も。

また、生理中のシェービングは顔や背中などの上半身であっても、受けることができない確率が高め。肌が敏感になっていることから、普段は何もトラブルが起きなくても、施術後に乾燥や肌荒れなどが起きやすくなる可能性が高いからです。サロンによって受けられるか受けられないか、その対応は分かれがちですが、肌トラブルを避けるためにも生理中のシェービングは控えた方が無難です。

2.こんなケースはNG! 生理だと受けられないブライダルエステ

お断りされるケースのほとんどは、施術部位に下腹部が含まれていたり、アグレッシブな施術メニューであったりすることが多め。また、花嫁の体調や肌のコンディション、体質などでもNGになることがあります。

■下半身の施術やボディコースはNG率高し!
下半身の施術は、肌ケアでも痩身であってもお断りしているサロンが多いようです。特に痩身コースの場合、生理中はその引き締め効果を実感しにくくなるため、生理でないときに受けるのが花嫁にとってもベスト。というのも、生理中はホルモンの影響で痩せにくくなったり、普段は大丈夫な施術であっても刺激に感じたりする可能性が高いものです。サロンによっては受けられることもありますが、事前に確認を取っておきましょう。

■刺激の強い施術メニューの場合、日程変更が賢明
ハンドマッサージの揉みほぐしや、吸引系の痩身マシンでの施術など、刺激が強いメニュー内容の場合、血流が良くなることで出血量が増加することがあります。そのため、施術中や施術後に貧血気味になったり、体調が悪くなったりする可能性も……。エステどころではなくなってしまうので、サロンのOKが出た場合でも、体調やメニュー内容によっては日程を変更するのが賢い選択です。また、施術当日の体調面は無理することなく、サロンにきちんと伝えるようにしましょう。

■生理中にどんなエステも受けない方が良い花嫁タイプ
肌質や体質によっては、生理中のブライダルエステは基本的に避けたい花嫁も……。もともと乾燥肌や敏感肌であったり、ニキビや吹き出物で悩んでいたり、体調がすぐれない方は、無理せずブライダルエステの日程を変更するのが大切です。肌がデリケートな場合、使用する化粧品やマシンによる施術の刺激によって、肌にかゆみや赤みが出てしまうことや、ピリピリした刺激を感じることもあるからです。それこそ、肌の悩みを抱えている方に至っては、今の肌トラブルを悪化させてしまうリスクも少なくありません。ボディ系のトリートメントは体の巡りを良くする効果があるため、出血量が増えてしまう可能性もあります。

生理中に無理やりブライダルエステを受けても、肌荒れしてしまっては元も子もありません。またストレスがかかる状態でのエステは、その美容効果も半減してしまうもの。日程をずらして、万全の体調でのぞむのが一番です。

3.エステの予定と生理がかぶったら…必ずサロンに申し出ること

生理であることを隠して施術を受けようとするのはご法度。ブライダルエステの施術はどれも横になって受けるものなので、万が一シーツやベッドを汚してしまったら、サロンに迷惑がかかってしまいます。もちろん、サロンへのデメリットだけでなく、肌荒れや体調不良の可能性もあり、花嫁にとっても生理中のブライダルエステはリスクが高いもの。自己判断で解決しようとせず、きちんとサロンに「生理がかぶってしまったのですが……」と申し出ることが大切です。サロン側でスケジュールを調整してくれたり、施術プランを変更してくれたりすることもあるので、必ず相談をしましょう。

■生理がかぶると分かったタイミングで連絡を!
人気サロンともなると、次の予約が取れるのが2〜3週間後というのも当たり前。なので、自分のスケジュールとサロンの空き状況を照らし合わせていくと、次の予約が1ヶ月後なんてケースも……。「結婚式までに間に合わない!」なんてことにならないためにも、ブライダルエステの予約日と生理の日がかぶると分かった時点で、サロンに連絡を入れておくのが賢明です。この場合、メールやLINEなどの連絡手段よりも、電話が確実。直前や当日のスケジュール変更だと、サロンによってはキャンセル料が発生する場合もあるのでご注意を。

生理中にブライダルエステが受けられるかどうかは、施術によってというよりもサロンの方針次第で変わるもの。結婚式まで日がなかったり、仕事や準備でスケジュールが埋まってしまっていたりすると「ブライダルエステの予定を組み直すのが大変……」そんな事情もあるかもしれませんが、生理であることをサロンに内緒でブライダルエステを受けてしまうことで、肌荒れしたり、具合が悪くなったりと後々トラブルに発展しかねません。生理がかぶってしまったら、必ずサロンに報告して、受けられるかどうかの相談をしましょう!

この記事を読んだ人にオススメ

< メンズも! カップルでも! 旦那様と一緒に受けたいブライダルエステ  |  一覧へ戻る  |  妊婦さんだって受けられる!? マタニティのブライダルエステ事情と選び方 >