婚約指輪(エンゲージリング) & 結婚指輪(マリッジリング) 最新トレンド&ニュース

2019.3.22

「ビジュピコ」の人気ブランドから新作登場! プロポーズ男子に嬉しいワザありリングケースも♪

人気のブランドを一度に試着できるブライダルリングのセレクトショップ「ビジュピコ(BIJOUPIKO)」。
オリジナルブランドも好評で、今回は中でも人気の4ブランドから、新作の結婚指輪・婚約指輪が発売!
さらにプロポーズを控えた男性にぴったりのリングケースが、リニューアルで登場です。

「ビジュピコ」の人気ブランドから新作登場! プロポーズ男子に嬉しいワザありリングケースも♪

◆左上/江戸巴(エドトモエ)

伝統の和を今に取り入れ、懐かしく新しい和を愉しむ江戸巴。
桜をイメージしたHANAKAGE(花影)のほか、
世界初のカット「さくらダイヤモンド」(※)を中央にセットした
MAIZAKURA(舞桜)、KOBOREZAKURA(零桜)、SOMEZAKURA(染桜)が登場です。
※桜の形をダイヤモンドの中央に浮かばせたオリジナルカット。通常のラウンドブリリアントカットが58面体であるのに対し、
さくらダイヤモンドは87面体。より多くの光をダイヤモンド内部に取り込みます

◆右上/One&Only.(ワンアンドオンリー)

ふたりで過ごす時間を表した、ナチュラルな雰囲気を醸し出すコレクション。
Lovers Walk(ラヴァーズウォーク)[散歩道]や、Gimmel Ring(ギメルリング)、
Signet Ring(シグネットリング)など、アンティークのような温かみのあるラインです。
※王族や貴族が自分のイニシャルや紋章などを刻印することで、印章の役割も果たしてきたリング。
こちらにはお好きなアルファベットを入れることが可能です。

◆左下/COCKTAIL(カクテル)

"カクテル=混ざり合うことで新しい色が生まれる"をコンセプトにした
COCKTAILからは、Parisien(パリジャン)Ⅲ、Martini(マティーニ)Ⅱが発売。
日本では0.2ct~0.3ctダイヤモンドの婚約指輪が主流ですが、
こちらは0.5ctの大粒ダイヤモンドの存在感が光るデザインです。

◆右下/Foulason(フレゾン)

愛の花飾りを贈り合う、そんな想いを込めたブランド名をもつ「Foulason」からは、
Gardenia(ガーデニア)、Sunflower(サンフラワー)、Amaryllis(アマリリス)が登場。
どれもブーケのような可憐さをもリングだから、0.5ct以上の大粒ダイヤモンドを留められる婚約指輪と
重ね着けすれば、いっそう華やかさが増すデザインとなっています。


●リングケース「ChestPocketBox(チェストポケットボックス)」

プロポーズといえば、正方形で厚みもあるリングケースが定番。
それだけに「ポケットに入れていると、サプライズの前に気づかれてしまうかも」
というお悩みをもつ男性も多いのでは。
この「ChestPocketBox」は、チェストポケット(胸ポケット)にピッタリ収まる薄型の長方形。
横に開けば、「Will you marry me(結婚してくれますか)?」の文字と共に
指輪が台の上に乗って浮き上がる仕掛けが! これならプロポーズもバッチリですね。


マイナビでは、プロポーズの方法から指輪の選び方まで
細かな点にもスタッフが相談に応じる「ビジュピコ」の
婚約指輪や結婚指輪、店舗情報、クチコミ、特典などを公開中。
男性おひとりのお客様も多数の「ビジュピコ」へは、
マイナビウエディングから来店予約をすればスムーズですよ♪



最新エンゲージ&マリッジリング満載! 「マイナビウエディング」 ジュエリーTOP

プロポーズニュース記事一覧

結婚指輪・婚約指輪の最新情報をお届け!ジュエリーニュース一覧を見る