婚約指輪(エンゲージリング) & 結婚指輪(マリッジリング) 最新トレンド&ニュース

2019.11.09

行定勲監督がカップルの心情を繊細に描く「銀座ダイヤモンドシライシ」の新CMが公開

常時8,000ピース以上のダイヤモンドと数百種類のリングのデザインをそろえ、
「世界にひとつの、自分だけのリングが欲しい」という花嫁たちの声に応えてきた
ブライダルジュエリーブランド「銀座ダイヤモンドシライシ」。
三浦貴大さんと土村芳さん出演によるオリジナルCMの前日譚となる
新CM『紙の指輪』篇が、2019年11月1日(金)より全国で好評オンエア中です。

行定勲監督がカップルの心情を繊細に描く「銀座ダイヤモンドシライシ」の新CMが公開

映画『世界の中心で、愛をさけぶ』『春の雪』などの恋愛映画のほか、
『GO』『リバーズ・エッジ』など若者の焦燥感などを描いた作品でも、
その繊細な人物描写が国内外から高い評価を得ている行定勲監督。

前回のCM『彼は走っている』篇では、指輪を握りしめて彼女の元へ走る彼(三浦さん)と、
サプライズの指輪をもらって笑顔を見せる彼女(土村さん)の姿が印象的でした。
新CM『紙の指輪』篇は、その前日譚、いわば"エピソード・ゼロ"を描いたものになっています。

デートの待ち合わせ場所で偶然見かけた婚約指輪のショーケース。
その後向かった喫茶店で、無意識に指輪を思い、ストローの紙を指に巻いてしまう彼女と、
その様子に気づいて「本物の指輪を絶対に渡すぞ」と心の中で決意を固める彼。
ふたりのなにげない表情が、視聴者の共感を呼ぶストーリーが完成しました。

「僕は映画監督が撮っているCMというのが好きで。今回の撮影でも
(行定監督は)その前後の作り込まれている設定まで話してくださったので、
現場でもそういう風に撮っているのだろうなと感じていました」という三浦さん。

土村さんは「すごく純粋なふたりだと思うので、その姿を見て応援したくなる気持ちが芽生えてくだされば。
また実際の"ふたり"には、(プロポーズへの)いいきっかけになるようなCMになっていると思います」とコメント。

三浦さんと土村さんについて、「なんともいえない味わいの普遍的なカップル像を好演してくれた」と話し、
「三浦くんが"走る男"であるというところに僕は愛着があって。そこに至る物語でも彼はきっと走っているだろうと思い」、
新CMのストーリーを思いついたという行定監督。

それは「たくさんのカップルたちの日常にあるストーリーとともに、永年変わらずに歩み続けたい」
という「銀座ダイヤモンドシライシ」の想いそのもの。
CMが気になった人は、その想いを確かめに、ぜひ店頭へ足を運んでみて。


マイナビウエディングでは、日本国内45店舗、海外7店舗を構える
日本最大級のブライダルジュエリーブランド「銀座ダイヤモンドシライシ」の、
婚約指輪・結婚指輪、店舗情報、特典、クチコミなどを多数掲載中。
プレ花嫁にピッタリのお役立ち情報も満載なので、ぜひ事前にチェックを♪



最新エンゲージ&マリッジリング満載! 「マイナビウエディング」 ジュエリーTOP

プロポーズニュース記事一覧

結婚指輪・婚約指輪の最新情報をお届け!ジュエリーニュース一覧を見る