婚約指輪(エンゲージリング) & 結婚指輪(マリッジリング) 最新トレンド&ニュース

2021.4.05

4月7日(水)より、銀座三越にて「ROYAL ASSCHER」がダイヤモンドカッターの軌跡展を開催

1854年にオランダ・アムステルダムに創業し、ダイヤモンド業界での功績と信頼により、
オランダ王室から「ロイヤル」の称号を授けられた「ROYAL ASSCHER(ロイヤル・アッシャー)」。
2021年4月7日(水)~20日(火)、銀座三越・新館2階「ジュエリー/クローズアップ」にて、
ダイヤモンドカッターの軌跡展が開催されます。

4月7日(水)より、銀座三越にて「ROYAL ASSCHER」がダイヤモンドカッターの軌跡展を開催

▲9個の大きなダイヤモンドと、複数の小さなダイヤモンドに姿を変えた「カリナン」。最大の「カリナンI世 (530.20ct)」は英国王室の王笏に、2番目に大きな「カリナンII世(317.40ct)」は大英帝国王冠に飾られている

ダイヤモンドカッターの軌跡展では、「ROYAL ASSCHER」が1908年に世界最大のダイヤモンド原石
「カリナン(3,106ct)」のカットに成功した際の貴重なツールを展示。

当時はコンピューターやレーザーカットなどの技術がない時代。
カットや研磨は、熟練した職人が蓄積した経験と知見をもとに、
極めて原始的な技法により、手作業で行っていました。

本展では、「カリナン」を調査するために特注で作られた100倍の拡大ルーペや、「カリナン」カットで使用された金属製スティック、ダイヤモンドを固定する土台、
あまりの硬さに折れてしまった刃など、貴重な当時のツールを、
実寸大の「カリナン」(レプリカ)と共に展示します。

また、「ROYAL ASSCHER」の偉業を称え、当時の英国王エドワードVII世より寄贈された銀杯も展示。
感謝の意とともに、大役を果たしたアッシャー社4名の名が手彫りされているこの銀杯は、
シャンパンクーラーとしても使用できるようになっており、シャンパンフルートを
放射線状にセットするようデザインされている、極めて贅沢な意匠が特長です。

☆°☆°☆°☆°☆°☆°☆°☆°☆°☆°☆°☆°☆°☆°☆°☆°☆°

「ROYAL ASSCHER」ダイヤモンドカッターの軌跡展
開催期間/2021年4月7日(水)~20日(火)
開催場所/銀座三越・新館2階「ジュエリー/クローズアップ」
住所/東京都中央区銀座4-6-16
営業時間/10:00~20:00
 ※営業時間は変更になる場合があります

☆°☆°☆°☆°☆°☆°☆°☆°☆°☆°☆°☆°☆°☆°☆°☆°☆°

数々のダイヤモンドの歴史に残る偉業を成し遂げてきたカッティングジュエラー「ROYAL ASSCHER」。
その貴重な軌跡を確かめに、ぜひ足を運んでみて。


マイナビウエディングでは、良質なダイヤモンド原石を見極める独自の基準と、
卓越したカットや研磨技術によって生み出される輝きで称賛を浴びる「ROYAL ASSCHER」の、
結婚指輪・婚約指輪、店舗情報、特典、クチコミなどをご紹介中。
お役立ち情報も満載なので、比較検討して賢い指輪購入を!



最新エンゲージ&マリッジリング満載! 「マイナビウエディング」 ジュエリーTOP

結婚指輪・婚約指輪の最新情報をお届け!ジュエリーニュース一覧を見る