白い金、ホワイトゴールドの特徴

白い金、ホワイトゴールドの特徴


金75%、銀15%、パラジウムかニッケル10%のものがホワイトゴールド。日本で作られているホワイトゴールドはほとんどパラジウムでの合金です。プラチナに変わる白い貴金属として流通しています。外見がプラチナに似ていて、高級感あふれる素材感が特徴。

手にとってみるとプラチナよりも軽いので、指輪の着用感が苦手だけれどプラチナの色味も捨てがたいと思う人が選ぶことが多いようです。金額もプラチナよりお手頃なので、プラチナに次ぐ人気があります。経年劣化による変色もしにくい素材です。18Kホワイトゴールドにプラチナを含有させたものはブラックゴールドと呼ばれています。またプラチナより硬いので加工がしやすく、凝ったデザインのものが多く制作されています。ヨーロッパやアメリカではプラチナよりもホワイトゴールドが人気だとか。ただ、プラチナと違いホワイトゴールドは白く見せるためのメッキが施されているので乱暴に扱うとメッキが剥がれて地金が見えてしまう可能性もあります。