東海・甲信越・北陸エリアの結婚指輪の人気ランキング 2016年版

PICK UP コンテンツ

マイナビウエディング 2020年春夏カップル応援キャンペーン!指輪購入で最大10万円分の電子マネーをもれなくプレゼント!
mrg_tki_kse_hkr_2016.jpg
2016年の1月から12月までの1年間に、東海・甲信越・北陸エリアのユーザーから人気の高かった結婚指輪(マリッジリング)をご紹介! ランキング順に並んでいるのでトレンドがひと目でわかる上、デザインを比較しやすいのがうれしい。指輪をあまり着け慣れていないカップルでも違和感なく着けられるものや、こだわりがさりげなく感じられる指輪など、多彩なラインナップです。指輪選びに迷っているなら、ぜひチェックして!

No.1

【No.1】ケイウノ ブライダル|パルピト

パッと見は定番のストレートタイプのようでいて、ふたつのリングを並べると愛らしいハートマークが浮かび上がる仕掛けが。たくさんのカップルから絶大な支持を得ているマリッジリングです。かなり細身なので、職場などで存在感の強いリングは着けられないという人にもぴったり。

>>パルピトの詳細はこちら



No.2

【No.2】銀座ダイヤモンドシライシ|OR オーアール

根強い人気の細身ストレートタイプ。その中でもエリアを問わず高い支持を得ているのが、この「OR」です。セミオーダーでオプションを加えられるのも、人気の秘密。それぞれでアレンジをして個性を出すのも素敵です。無期限のアフターケアなど、手厚いサービスもうれしい。

>>ORの詳細はこちら



No.3

【No.3】PAVEO CHOCOLAT|BRISE/ブリーズ

“とろける愛の喜びは とけないショコラ”をキャッチフレーズにする「パヴェオ ショコラ」の中でも、とくに人気のある結婚指輪。シンプルなストレートタイプですが、流れるように入ったラインが躍動感を漂わせます。希少性の高いパラジウムでもオーダーが可能。
No.4

【No.4】Amour Amulet| MILL MERCIS / ミルメルシー

手持ちのリングと合わせても、スタイリッシュに着けられるファッション性の高いリング。多面体にカットされたアームが、指を動かすたび光を反射して輝きます。たくさんの感謝を意味する「MILL MERCIS」というハートフルなリング名に、お互いへの想いを託して。
No.5

【No.5】GINZA TANAKA (ギンザタナカ)|タナカプレミアムライン

永遠に変わらない価値と、輝きの追求から誕生したリングです。輝きの秘密は、純度99.9%の「ロイヤルピュアプラチナ」であること。また美しさだけでなく着け心地を追求したフォルムも特徴だから、ふたりの毎日にそっと寄り添ってくれるはず。傷や変形に強いのもポイント。





No.6

【No.6】SIENA ROSE | 叶えるリング きれいめ

色合いや質感など、ふたりが本当に求めている理想を叶えられるオーダーリングです。中でもゴールドとプラチナが融合して生まれた「ロゼチナ」は、花嫁に人気の素材。「着ける人自身の魅力が自然と引き出されるように」と、国内の職人が一つひとつ丁寧に仕上げています。

>>叶えるリング きれいめの詳細はこちら

No.7

【No.7】俄(にわか)|ことほぎ KOTOHOGI

日本の美意識が息づく「俄(にわか)」のリングは、一つひとつが“作品”のよう。「ことほぎ」の名を持つマリッジリングも、シンプルなデザインだからこそ高い品質が際立ちます。「ふたりのもとへ寄せられた祝いの言葉」がイメージソース。この先の人生のお守りとなりそうです。

>>ことほぎの詳細はこちら

No.8

【No.8】EXELCO DIAMOND (エクセルコ ダイヤモンド)|Le voile ルヴォワール

花嫁のベールをモチーフにした美しいデザインが、乙女心に響くリング。メレダイヤとミル打ちが1本に連なるデザインで、エタニティのような輝きを楽しめます。メンズは蝶ネクタイをした襟がモチーフ。新郎が花嫁のベールを上げる”新たな人生の幕開け”を表現しています。

>>Le voileの詳細はこちら




No.9

【No.9】A・D・A| フラール 031/032

アーム自体は細身ながら、上下に繊細なミル打ちが施されているので程よいボリューム感も。ベーシックですがデザイン性が高いので、おしゃれに着けることができます。ピンクゴールドやホワイトゴールドなど、素材も選択可能。男性からの人気も高いリングです。


No.10

【No.10】A・D・A|フラール 035/036

ベーシックな細身のマリッジですが、斜めに入ったウエーブがさりげなく個性を主張します。ダイヤモンドのセッティングも、指をすっきり見せてくれると好評。素材はもちろんマットなど仕上げも好みでチョイスできるので、それぞれに一番似合う指輪をオーダーして。




編集部の注目ポイント
着けやすい細身が好評。パラジウムや「ロゼチナ」など素材も多彩
シンプルでありながら、細やかな技法で作られたリングに注目が集まった東海・甲信越・北陸エリア。細身タイプは、指輪を着け慣れていない男性でも気軽に使えると好評のようです。マテリアルではプラチナを筆頭に、希少性のあるパラジウムや、ゴールドとプラチナが融合した「ロゼチナ」なども人気。