日本工業倶楽部|Editor's Report

東京都/東京駅

Editor’s Report

プロ目線&本音で編集部が会場をレポート

会場に合わせたドレス選びは大人のたしなみ!

日本工業倶楽部の空間の素敵さに圧倒されたプレミアムクラブ編集部。

でも、この空間に自分が立つとしたらどんなドレスが似合うのか、なかなか想像できないかも。華やかで風格のある空間に負けてしまうのでは?そんな疑問をもった編集・Oが、空間に合わせたドレスの選び方、花嫁の魅力の引き出し方を、日本工業倶楽部を熟知したプランナー・新屋さんに直撃しました。

結婚式のアイテムの中でも、ドレスは最重要! 特に大人花嫁にとっては、自分の好みだけでなく、選んだ会場にマッチするのか、ゲストからどう見えるのかなども、気になるポイントです。

そんな不安も一緒に解消すべく、日本工業倶楽部のブライダルプランナー新屋さんに、会場に合わせたドレス選びのポイントについて教えてもらいました!

Q:会場にも新婦にも似合うドレスって、一体どんな風に提案するのでしょうか?

A:花嫁自身の「どこを引き立てるべきか?」というチャームポイントはもちろん、コンプレックスなど「気になるところ」も念頭に置いて、まずはしっかりヒアリングを行います。雰囲気や体型も考慮して、花嫁がそのドレスを着ることでさらに輝けるようなアドバイスをするようにしていますね。


Q:デザインや素材などの、細かなアドバイスも最初からされるのですか?

はい。デザインや素材は欠かせない要素です。デザインでは、かたちが似ていても生地によって、たとえばミカドなのか、タフタなのか、オーガンジーなのかによって雰囲気がまったく違ってくるんですよ! もちろん小物類の場合でも同じです。ベールやヘッドドレスひとつとってみても、合わせるものによってがらりと印象が変わってきますね。

Q:例えば私は個人的にシンプルなドレスが好みなのですが、ドレスが会場の迫力に負けてしまったりしませんか?

A:シンプルなドレスをお好みであれば、アクセサリーやベール等の小物類やドレスのアレンジなどで、華やかさや存在感をプラスするようなアドバイスをしていますね。

それから……、シンプルと言ってもご新婦様によって捉え方が違うということはよくあることなんです。たとえば、ビッグライン(※)やトレーンが長くても、刺繍やレースなどがなければシンプルなドレスとイメージしていたり、逆に刺繍やレース、リボンがあるものでスカートのボリュームが少ないユミラインなどをシンプルと考えられていたりと、イメージはさまざまです。ですので、まずはご新婦様が持っているイメージを正確に理解するように努めています。その上で、ドレスを選んで小物を合わせていくのがポイントですね。アイテムはドレスを引き立ててくれるものなので、セットで楽しんでいただくのもおすすめですよ。

※ビッグライン: ぴったりした上半身に対して、ウエストにギャザーを寄せボリュームを出し、スカートをふんわりと広げたラインのこと。

Q:ウエディングサロンで試着した場合に、会場でどう見えるかを想像することって難しいと思うのですが、どのようにイメージを共有しているのですか?

A:当日の動きなども含めてご説明します。これはふたりが結婚式で何を大事にされているかによって変わってきますね。例えば、階段でトレーンが美しく見えるように写真を撮りたいのか、宴内で楽器を弾きたいのか、ファーストダンスを踊りたいのか、宴内でゲストのテーブルを回りたいから動きやすいことが大事なのかetc.……。当日の動線やスペースのことも含めてお話しています。

Q:ゲストからの見え方も大人花嫁は気にするところですが、どんな風に見えるドレスがおすすめでしょうか?

A:天井が高く会場が広い大会堂と大ホールは、遠目からでも目を引く存在感のあるドレスでゲストの目を楽しませることができます。ドレス自体に光沢感のあるものや、キラキラ光るスパンコールやビーズ刺繍のあるもの、立体的なモチーフがあるものなどが素敵だと思います。
また少人数のパーティであれば、ゲストとの距離が近いので繊細な刺繍やレースが施されているものなどは、間近で見た時に感動を与えてくれると思いますよ。

Q:最後に、プランナーさんから見た、ここ「日本工業俱楽部」の魅力とは?

A:重厚感のある外観と、明るく美しい館内ですね。クラシカルな雰囲気があるのに、古い印象を一切受けないというのが一番の魅力だと思います。
また、フロアや部屋によっても全く違った印象があり、贅沢なシャンデリアや調度品なども含め、どこもフォトジェニックな空間が素晴らしく、新郎新婦様と一緒にどんな結婚式をするのか考えるのが本当に楽しみな会場なんです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
建設当時のまま保存された歴史を感じる大ホールや、大正時代から受け継がれる調度品に囲まれた少人数バンケットなど歴史ある空間が広がる「日本工業倶楽部」。その細部まで美意識が感じられる造りは、訪れる人の目を楽しませるだけでなく、そこに立つ花嫁も一層華やかに見せてくれる。そんな会場で着るドレスだからこそ、自分の好みだけでなく、会場での見え方、ゲストの目……いろいろなことに思いを馳せながら、空間も含めてドレスもプロデュースしてもらえたら、自信を持って当日に臨めそう。
日本工業倶楽部の空間だけでなく、そこでどう見えるのかまで把握してアドバイスしてくれるプランナー・新屋さんの姿勢にもふれ、感激した編集・Oでした。

この会場をお気に入りに追加

ブライダルフェア一覧

見学・相談予約

050-5878-3861

Recommended

編集部おすすめ情報

Feature

最旬ウエディングトレンドが満載

キャンペーン