アーフェリーク白金/テイクアンドギヴ・ニーズ|Editor's Report

東京都/白金台駅

Editor’s Report

プロ目線&本音で編集部が会場をレポート

ふたり、家族、ゲストみんながグッときちゃう!? 生まれ変わった白金の貸切大邸宅を3つの視点からリアルレポート

『アーフェリーク 白金』は 、セレブや芸能人からも愛されている2つのウエディングステージが合わさって誕生した大邸宅。
空間のリニューアルテーマは“パリ・クレール通りのブティックホテル ”。
これは、邸宅が佇む白金のプラチナ通りが、「パリの中でも知る人ぞ知る大人の街」のパリ・クレール通りに似た雰囲気を持っていることから付けられたテーマなのだとか。
たしかに白金駅へ降り立つと、街の空気感からして非日常感たっぷり。プラチナ通りも緑豊かな並木道にセンスの良いお店が並び、どことなくパリの香りが漂います。
高揚する気分でプラチナ通りを進むと、見えてきました、白亜の洋館……!

このリニューアルには、「新郎新婦、ゲスト、そこに集うすべての人にとって史上最高の結婚式を」という想いも込められている、ということも事前に聞いていたプレミアムクラブ編集部一行。
「どんな点が最高?」「グッとくる?」
“会場見学時のプレ花嫁”、“ウエディング当日の新婦母”、“ウエディング同日の新婦友人”と三者になりきり、それぞれの視点で“グッとくるポイント”をレポートしてまいります!

【視点①プレ花嫁A美:会場見学時にプレ花嫁目線で感じるグッとポイント】洗練されたパーティ会場をキャンバスに描かれるふたりらしさ。当日の空間が今から楽しみ!

チャペル、バンケット、ガーデンと、扉を開けてもらい説明を聞く度に、とにかく「ステキ~」と感動しっぱなし。パリのブティックホテルさながらの洗練された空間に立つと、普段着でもなんだかいつもより自分がクラスアップしたように感じるから不思議! 
そして、ウエディング当日をさらに楽しみにさせてくれるのが、プロのコーディネート術。私たちへのヒアリングをもとに提案される「ウエディングテーマ」&「テーマを具現化したコーディネート」。披露宴会場にはタペストリーやスワッグを吊るせるゴールドのポールがあったり、装飾の高さを自在に変えられるボックスが用意されていたり、高砂(新郎新婦が着席するスペース)を彩るアイデアが満載で、この美空間が当日はどんな風に私たちらしくよりステキなものになるのかしら……と、ワクワクが止まらない!

【視点②ママB子:ウエディング当日の母親目線で感じるグッとポイント】子供からの人生最高のプレゼント。「家族にも特別な日を」その気持ちに涙、涙、涙……。

家族にとってもハレの日である結婚式。我が子が旅立つ歓びと寂しさ、少しばかりの緊張感がないまぜになる親心はちょっぴり複雑なもの。
そわそわしながら親族控室で待っていると、スタッフさんに呼び出され、そこにはハレの日の衣装に身を包んだ子どもたち(新郎新婦)の姿が……!
これは、「結婚式を通して家族の絆をもっと深めたい」「家族に感謝を伝えたい」という新郎新婦に『アーフェリーク白金』が提案している“ファミリーミート”という儀式なんだとか。
さらに、写真を撮ったり、言葉を交わしたり、たっぷりと時間を過ごした後は、美しい披露宴会場へ案内されて“ファミリームービー”の上映が始まるという粋な計らいまで。大画面で観る、ふたりの成長、家族のたくさんの思い出。「あんなに小さかったあの子が……」そんな想いを家族で分かちあった後、挙式へと進んでいくとあって、ふたりの誓いのシーンでは感動もひとしお。
「こんな式場を選んで、感謝の気持ちを伝えてくれるなんて、いつのまにかしっかりと大人に育ってたんだな……」。
子どもたちの気持ちがうれしくて、笑顔の中にも涙が止まらない……!

【視点③参列経験の多いC恵から見た、ゲスト目線のグッとポイント】ふたりだけじゃなく、ゲスト映えもばっちり! “オールウェイズ撮影タイム”で想い出いっぱい

白金という立地、大邸宅の外観にときめきながら扉を開けば、ミュージシャンが生演奏とともにお出迎え。プラチナ通りに面した開放感たっぷりのラウンジでは、ソファでくつろぐ人、シックなバーカウンターからのドリンクで乾杯する人、音楽に耳を傾ける人の姿が。手持ちぶさたになりがちなウェイティングタイムすら特別なものにしてくれる大人空間を選んだ新郎新婦のセンスに感服してしまう!
移動するたび美空間が現れて目を奪われっぱなしだけど、特にパーティ空間のインパクトは大。プール、ガーデンはもちろん、一番驚いたのはふたりの高砂席。背後にある謎のボックスは記念撮影にも使えるんだって。他の人の視線を気にしながら友人同士で腰かけたり、ボックスに手を置いてみたり。とびきりおしゃれ! いい感じに力が抜けていて、それでいてこなれた動きがあって、「新郎新婦を囲んでピース」っていう定番写真とは一線も、二線も、三線も画す写真を撮れそう! 参列経験が増えてくるとトキメク空間って少なくなってくるけれど、『アーフェリーク 白金』には他にも絵になる空間がたくさん。いつもの何倍、何十倍も撮影して、楽しさも想い出もいつもの数倍に!?

訪れた人の数だけある「アーフェリーク 白金」の魅力。ふたりの「グッとポイント」をぜひ見つけて

花嫁、親、ゲスト三者三様の胸の高鳴り、伝わりましたでしょうか? 
ふたり、そしてこの日この場所に集うみんなのドキドキ、ワクワク。グッとくる気持ちの積み重ねが、かけがえのない一日を作っていくんですね。
「新郎目線がないぞ!」。そう思われたプレ花婿さんもいるかもしれませんが、そこはぜひ、彼女と一緒に会場へ。 エレガントかつスタイリッシュである『アーフェリーク 白金』は男性評価も実はバツグン。きっと彼には彼の、あなたにはあなたのツボが見つかるはず。センスの良いショップやカフェのある白金はデートにもぴったりですから、ぜひ、ふたりでグッとくるポイントを見つけてみてくださいね。

この会場をお気に入りに追加

ブライダルフェア一覧

見学・相談予約

Recommended

編集部おすすめ情報

Feature

最旬ウエディングトレンドが満載