ホテルニューオータニ|Editor's Report

東京都/赤坂見附駅

Editor’s Report

プロ目線&本音で編集部が会場をレポート

眺めるだけじゃもったいない!まだまだあります、庭園の使い方・活かし方

400年の歴史と1万坪の広さを誇るホテルニューオータニの日本庭園。世界的口コミサイトでTOP5に選ばれた非常に有名な庭園ですが、ホテル内には実は他にもあまり知られていない特別な庭園があるんです。そこで、ニューオータニの庭園の魅力を余すことなく使う方法をご紹介します!

ロケーションフォトの充実ぶりには目を見張るものが! ふたりの負担も軽く、名ショットがたくさん撮れる!

ホテルニューオータニでぜひおすすめしたいのは前撮りなどのロケーションフォト。一般的に言われているロケーションフォトのメリットは、「結婚式当日とは違う衣装を着られる」「ヘア&メイクのリハーサルも兼ねられる」「撮影を別日に行うことで式当日をゆっくりと過ごせる」など。さらに、ホテルニューオータニなら、メイクルームや衣裳室をホテル館内に完備し、敷地内の庭園をはじめとするフォトスポットで撮影できるというメリットも。つまり、「ドレスだから洋風の建物で…」「和装なら庭園のある場所へ移動して…」とスケジューリングする必要がまったくなし。すべて同じ敷地内で行なうことが出来、ホテルのことを熟知したスタッフに任せれば安心。実はこれって、ふたりの負担も軽くなる大きな利点なんです。また、ホテルの日本庭園の広さはなんと1万坪! ドレスはもちろん、前撮りで特に人気の高い和装も、名所としてのおなじみの太鼓橋や大滝、枯山水、清泉池をはじめどこを切り取っても絵になるスポットで撮影ができます。そしてここだけの話、ホテル内ということもあり費用が意外にリーズナブル! 一流ホテルとは思えないコスパの良さも見逃せないポイントです。

「レッドローズガーデン」は絶対にチェックすべし! 春・秋だけ体験できる超スペシャルなウエディング!

四季折々の風情を楽しめる日本庭園。毎日、専属の庭師がていねいに手入れを行っているため、細部に至るまで美しく保たれています。どの季節に足を運んでも人々がのんびりと散策を楽しんでいる日本庭園はいわば365日がベストシーズンです。
一方で、ホテルニューオータニの知る人ぞ知るもう一つの庭園「レッドローズガーデン」は、バラが見頃となる春と秋にかぎってセレモニーを挙げられる、季節限定のチャペル。
ウッドテラスからスロープを降りると、赤いバラのみが一面に咲き誇り、その数はなんと32種3万輪! それが都心の一等地の、しかもホテルの敷地内にあるんです。春と秋にだけ体験できる超プレミアムなウエディング。ぜひぜひチェックしてみてください。

都心の秘密の花園で特別感たっぷりのパーフェクトなウエディングを!

見渡すかぎり赤いバラに包まれた景色が圧巻のレッドローズガーデン。挙式ではゲストがウッドテラスで見守る中、新郎新婦がバラが咲き誇るガーデンをゆっくりと進んで行きます。思い浮かべるだけでうっとりとしてしまいます。
大切なゲストに見守られながらの誓いの儀式。鳴り響く祝福の鐘。フラワーシャワー。そしてブーケトス。そのすべてがふたりを祝福するように花開くバラのなかで叶うロマンティックな舞台。特別感あふれるここだけのセレモニーが実現します。
バラの赤、葉のグリーン、空の青、そしてドレスの白。美しい色が織りなすコントラストは花嫁をこの上なく美しく魅せてくれます。バラの花言葉は「美と愛」。まさに結婚式にふさわしいパーフェクトな舞台ですよね。
フォトジェニックなレッドローズガーデンは、ロケーションフォトにも訪れていただきたい場所です。
レッドローズガーデンでの前撮りやセレモニーはホテルニューオータニだけの特権です!

プレミアムクラブ編集部もベタ惚れ♪ 限定のスペシャルモデルプランをチェックして

プレミアムクラブ読者の皆さんにぜひその魅力を味わってもらおうと、編集部からホテルに特別にお願いして【プレミアムクラブ限定モデルプラン】をご用意。これはチェック必須です!
散歩するもよし、眺めるのもよし、挙式してよし、撮影してよし。とにかく魅力満載のホテルニューオータニの2つの庭園。
結婚式が終わったとき、「ゲストも楽しんでもらったし、自分たちも楽しかった!」といった感想が多く寄せられるのがホテルニューオータニの特徴。「ゲストに喜んでもらってこそ」と考えているのであれば、ぜひおふたりもホテルの象徴でもある庭を自分たちのホームとしてぜひ堪能してください。式が終わったあと、何年たっても何十年たっても、いつでもふたりで散策しながらあのときの思い出に浸れる。そうした“その後のお楽しみ”もお約束します。

この会場をお気に入りに追加

ブライダルフェア一覧

見学・相談予約

050-5827-8473

Recommended

編集部おすすめ情報

Feature

最旬ウエディングトレンドが満載