コロナ感染症対策でもオシャレに...(スペシャル) | TRUNK HOTEL(トランクホテル)

コロナ感染症対策でもオシャレに楽しむ工夫がたくさん!マイナビウエディングサロンスタッフが絶賛したTRUNK(HOTEL)の対策

TRUNK(HOTEL)では、「What a Wonderful World Being with You (あなたが一緒の世界はすばらしい) 」をコアメッセージに、従業員・入館者のヘルスチェックや館内消毒など、安全策をしっかり行った上で、新郎新婦とゲストが結婚式を楽しめるよう多彩な演出を実施。
実際にマイナビウエディングサロンのスタッフが現地で体験をして、魅力的に感じたTRUNK(HOTEL)での対策方法をご紹介します!

①検温・消毒だけじゃない! エントランスでの徹底された情報管理

この画像をクリップ

TRUNK(HOTEL)では入館時、非接触型体温計による検温とチェックリストを用いた入館者の管理を徹底しています。入館される方全員に、足踏プッシュ式サニタイザーでの手指の消毒、マスク着用をお願いしています。
また、緊急時に備え個人のスマートフォンで個人情報等の入力をお願いするほどの徹底ぶり。
個人情報を入力した際に発行されるスマートフォンの画面はスクリーンショットをして、館内にいる間は携帯してもらうようお願い。再入館時やテラスへ移動する際など、随時スタッフが確認をしてくれるので、全員が安心して各施設を利用できます。

②オリジナルマスクの配布

この画像をクリップ

マスクを着用していない方はご入館できませんが、お持ちでない方にはTRUNK(HOTEL)のオリジナルデザインが施されたマスクを配布してくれます。もしマスクを忘れてしまった際も安心ですね!

③ソーシャルディスタンス確保の様々な取り組み

この画像をクリップ

TRUNK(HOTEL)ではゲストが以前よりも空間を楽しめるように工夫をしています。
座席数は大幅に減らしていますが、寂しさを感じさせないよう観葉植物などで空間をデザイン。
2m間隔を推奨するフロアステッカーの中には、「Enjoy no matter what(何があっても楽しもう)」、「Take care of each other(お互い思いやろう)」といったメッセージ付きで、ついつい探してしまいます。

④館内の随所に施された楽しめる工夫

この画像をクリップ

TRUNK(LOUNGE)のバーカウンターにある一見お酒とも思えるボトルの中身が、実はハンドサニタイザー!
また、エレベーターサインやスタッフが着用しているTRUNK(HOTEL)オリジナルのマスクには「DO NOT DISTURB SPREAD(拡散しないで)」という、ホテルのドアノブ標識でよく使用される「DO NOT DISTURB(起こさないで)」のパロディがデザインされているなど、目で見て楽しい工夫がたくさん!
ぜひみなさんも実際にTRUNK(HOTEL)に訪れて、ゲスト目線で体験してください!

イチオシのブライダルフェア

マイナビウエディング限定特典

口コミを投稿する

この会場を見た人はこのエリアも見ています