【1.25次会って何?=会費で...(スペシャル)
Casa Asteion(カーサ アスティオン)

【1.25次会って何?=会費でできる!挙式×披露宴】  Casa Asteionからの新しいご提案

Casa Asteion(カーサ アスティオン)では、従来のご祝儀制の挙式・披露宴の内容や、おもてなしはそのままに、ゲストの皆様に会費でご参加いただける新しいスタイルをご提案しております。
一般的には、ご祝儀で行う挙式・披露宴を「1次会」、会費で行うカジュアルなパーティーを「1.5次会」と区別しますが、「1.25次会」はその中間をイメージしたスタイル。私たちCasa Asteionからの新しいご提案です。
挙式・披露宴の費用をなるべく抑えたい、ゲストに金銭的な負担をかけずに行いたい、でも料理や演出のクオリティは落としたくない。そんなよくばりなおふたりにおすすめのスタイルです。

そもそも、結婚式の「ご祝儀制」と「会費制」の 違いって?

「ご祝儀制」の披露宴は、日本の伝統的な結婚式のスタイル。
ゲストは新郎新婦へのお祝い金をご祝儀袋に包んで持参し、新郎新婦はお礼として、食事や引き出物を用意するといったおもてなしをします。
ご祝儀の金額はゲストが決め、その額は人によって違います。

「会費制」は、主催者である新郎新婦が一律の会費を設定し、参加するゲストが受付で支払うシステムです。
どんな披露宴にするかについての決まりがなく、自由度が高いのが特徴です。

パッケージプラン一覧はこちら

会費制のメリット/その①           ゲストの金銭的な負担が軽くなる

ご友人や職場の同僚などからもらうご祝儀の相場は30,000円程度ですが、会費制ウエディングならそこまでかからないので、ゲストの金銭的負担が軽くなります。
また会費が一律なので、「どのくらい包めばいいの?」など、ゲストを悩ませる心配もありません。
ゲストの負担が減ることで、披露宴に参加しやすくなります。
会費制は、ゲストも主催者側にもメリットがあるスタイルです。

見学会・相談会スケジュール一覧はこちら

会費制のメリット/その②           費用の全体像や自己負担額がわかりやすい

ご祝儀制の場合は、結婚式当日にならないと、収入総額がわかりません。
一方会費制ウェディングなら、金額が式前に明確になります。
「会費×ゲスト数」で会費総額を計算すれば、結婚式の自己負担額も式前に明らかになるので、結婚式全体にかかる費用が把握しやすくなります。

パッケージプラン一覧はこちら

イチオシのブライダルフェア

マイナビウエディング限定特典

  • 詳細を見るブライダルフェア一覧
  • 見学・相談予約
  • ?見学・相談予約について
  • 電話する050-5347-7984
  • 資料請求 空き確認・お問い合わせ
口コミを投稿する

この会場を見た人はこのエリアも見ています