おふたりらしさあふれるオリジナ...(口コミ・体験談) | 横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ

参列者以外の人たちからも祝福を受けることができ、それもロビー挙式ならでは。

おふたりらしさあふれるオリジナルアイテムで印象に残る一日に
中川陽介様 田中早苗様

結婚式会場:メザニンロビー

挙式日:2012年10月13日(土) 挙式スタイル: 教会式(チャペル式) 
招待人数: 80名

この先輩カップルをお気に入りに追加

  • 「挙式の内容・感想は?」

    たくさんの人たちに祝福されたロビー挙式は、思い出として輝き続ける

    ウエディングフェアで、ロビー挙式ができると聞いて、妻が「ここでやりたい」と言ったとき、私は恥ずかしいからと反対だったんです。両親に話したら、「人の記憶に残るものが一つあった方がいいんじゃない?」と、妻と同意見で……。模擬挙式を見学する機会があったんですが、ゲスト目線で挙式を見ることで、考えが変わりました。当日はやっぱり恥ずかしかったですが、妻はもちろん、両親やゲストも喜んでくれたので、ロビー挙式にしてよかったと思いました。数ヵ月経った今でも友人たちからは「印象に残る素晴らしい挙式だった」と言われます。ゲストのほとんどがロビーで挙式ができること自体に驚いていましたし、インパクトは大きかったみたいですね。参列者以外の人たちからも祝福を受けることができ、それもロビー挙式ならではのよさだと思います。

  • 「披露宴・パーティの内容・ご感想は?」

    披露宴を盛り上げた、バルーンを使ったゲストへのサプライズ

    私たちは、二次会を行わないと決めていたので、ゲストが参加して楽しめるような披露宴にしたいと考えていました。そこで、ウエディングフェアで見たバルーンを使うことにしたんです。大きなバルーンの中に小さなバルーンを入れて、各卓にセットしました。キャンドルサービスの代わりにバルーンを割って各卓をまわったんですが、割れる音に驚いたり、小さなバルーンを拾ったりで、
    ゲストも初めての体験で、楽しんでくれました。メインのバルーンには、小さなバルーンのほかにいくつかハート型のを混ぜたんです。ゲストにはハートのバルーンのことを知らせず、前に出てきてもらって、バルーン争奪ゲームをしました。ハートのバルーンを拾った方に、プレゼントを渡したんですが、「本当に、もらっていいの?」って驚いていましたが、とても喜んでもらえました。ゲストへのサプライズですね。

  • 「料理やケーキ、シェフとのお打ち合わせなどはご満足いただけましたか?」

    ウエディングケーキと和洋折衷料理は、ゲストにも大好評!

    ウエディングフェアや試食会でオリジナルケーキの一例を見て、少しずつこだわりが出てきたのがウエディングケーキでした。ふたりの出会いがゴルフだったので、シェフの佐藤さんには、ゴルフ場の写真を見せながら、イメージを伝えました。グリーンの上に私たちのほかに、石川遼選手とお世話になったウエディングコンシェルジュの国吉さんの人形を置いたんですが、想像以上の素晴らしい出来栄えにとても感動しました。ゲストも、まさかゴルフ場のケーキが登場するとは思っていなかったようで、写真を撮っている方が多かったですね。
    料理は、「中華がおいしい」と聞いていたので、中華にしようと決めていましたが、試食をしたときに、ところどころにフレンチを入れてもいいかなと。ゲストには、私たちがおいしいと思った料理をお腹いっぱい食べて帰ってほしいと思っていたので。ゲストのほとんどが残さず、食べてくれました。その中でもチャーハンが好評でしたね。もう1回食べたいという方が多くて。唯一残念だったのは、当日、私たちが料理をほとんど食べられなかったことです。

  • 「挙式披露宴の演出(アイテムなど)の内容・ご感想は?」

    ゲストの会話を盛り上げた、手作りの席プレート

    基本的には、スタッフのみなさんにお任せだったんですが、1ヵ所だけ手作りのものを取り入れたいと思い、各卓の席プレートに貼るデザインを私が考え、作りました。最初はゴルフ場の名前や、勤務している幼稚園でも作ったことのある動物も考えたんですが、ゴルフ場は一部の方しかわからないなと(笑)。動物もインパクトに欠けるので、それならアンパンマンのキャラクターにしてみようと思いまして。席次を見ながら「何でこのテーブルがドキンちゃんなの?」と、ゲストの間でも会話が盛り上がっていましたね。
    BGMや映像、照明は、サウンドコーディネーターの佐藤さんにお任せだったんですが、持ち込みのBGMと合わせ、場面ごとにあったスムーズな演出をしていただきました。
    最後に、両親へのプレゼントとして木製の時計を渡しました。一枚の板から3つの時計が作られているもので、それは、両家の両親、私たちの3家族が一つに繋がっているという意味を込められています。

  • 「ホテルスタッフへのご感想は?」

    さすがプロ!と思わせてくれる、細やかな心遣いに感謝

    結婚式まで時間的に余裕があったので、私は、いろいろな衣裳を着てみたいと思っていました。衣裳選びをするとき、担当の遠藤さんが「田中さまなら、こんなドレスが似合うと思いますよ」と言って、数種類のドレスを用意してくださったんです。行くたびに、私に似合いそうなドレスがあらかじめ選んで用意してあって。着てみると私の好みにぴったりのものばかりで、その中から選びました。主人の衣裳は、1着目からサイズがぴったりで、1回で決まっちゃったんですよ。私たちを一目見ただけで、似合う衣装を選んでくださるなんて、さすがプロの目は違うなと思いました。
    司会はウエディングフェアで最初に会った村上さんにお願いしました。ほかの方を薦めて、自分をアピールしないところが気になったので頼んだら、村上さんは驚いていましたが、快く「お任せください」と言ってくださって。当日は村上さんのテキパキとした進行のおかげで、スムーズに進みました。感謝しています。

  • 「未来のカップルにぜひアドバイスをお願いいたします。」

    スタッフとは一つのチームに。何でも相談できる信頼関係を築くことが大切

    私たちは、何もないところから始まりましたが、素晴らしい結婚式ができたのは、スタッフのみなさんとのしっかりとした信頼関係が築けたから。そこに尽きますね。お互い信頼することで、一つのチームが作れた。全体の構成からみて合うもの、合わないもの、こういった意見が言えるのもチームだからできることだと思うんです。だから、自分たちのやりたいことやこだわりたいものが全体の構成からみて合わないとウエディングコンシェルジュに言われたら、それを受け入れる勇気を持ってほしい。自分たちがよいと思っても、スタッフやゲストから見たら、よくないかもしれない。自己満足にならないためにも、スタッフのアドバイスには、どんなことでも耳を傾けてほしいですね。
    あと、どんなに時間が短くても、打ち合わせの約束は守ること。守れなければ、結婚式当日にやりたかったことができなくなり、結果的に不満が残ります。新郎新婦だけでなく、ゲストやスタッフが最後に「よかったね」って笑顔になって終われてこそ、初めて満足が得られると思います。

先輩カップルフォトギャラリー

マイナビウエディング限定特典

口コミ・体験談をすべて見る

口コミを投稿する

この会場を見た人はこのエリアも見ています