言葉の壁を超える絆が生まれた時...(口コミ・体験談) | FUNATSURU KYOTO KAMOGAWA RESORT (国登録有形文化財)

言葉の壁を超える絆が生まれた時間。日本らしさ、京都らしさを意識した桜の季節のウエディング
Iさん ♥ Rさん

挙式日:2019年4月7日(日) 挙式スタイル: 人前式 
招待人数: 30名

この先輩カップルをお気に入りに追加

  • 「会場・ロケーションともに「一番京都らしさが感じられる場所」で、ふたりらしい結婚式を」

    おふたりがご希望されていたのは、何より日本・京都らしい結婚式。鴨川沿いにある当館に初めていらしたときには、「今まで見たなかで一番京都らしさが感じられる場所ですね」とおっしゃってくださいました。おふたりは新婦さまのご出身地である中国でも結婚式を行われる予定でしたが、おふたりが執り行う中国のご結婚式は親御さまが内容を決められるそうです。だからこそ日本での結婚式はおふたりで創りたいとおっしゃっていました。中国での結婚式にはご参列が難しいゲストのみなさまへのお披露目と、これまでの感謝を伝えたい、とのご希望でした。
    特にこだわっていらしたのは、和装です。結婚式は春のご予定でしたので、特に桜の季節をご提案し、桜・和柄のモチーフでコーディネートを統一することに。桜をあしらったリングピローなど、新婦さまが手作りされたものも多くあります。イラストが大変お上手で、おふたりの似顔絵や桜柄のウエディングツリーなどもその一部。華やかであると同時に、おふたりらしさが詰まったアイテムになりました。

  • 「家族の一員である愛犬のモチーフを、当日もそこかしこに。プレートに描かれたイラストには、ゲストから歓声が」

    もうひとつこだわっていらっしゃったのが、愛犬である“てんてん”です。打ち合わせでも「てんてんはふたりの家族」と、いつも笑顔でお話しされていて。当館で前撮りをしていただいた際には、愛犬にもお洋服を着せ、お出かけスタイルで連れてきてくださいました。おふたりは和装をお召しになり、当館を背景にお散歩するシーンなどを撮影されました。
    当日はゲストのみなさまにもてんてんを感じていただけるよう工夫を。ウェルカムスペースに置いたてんてんのお人形も、新婦さまのイラストを元に作られたものです。さらにおふたりに「デザートプレートに、てんてんのイラストを入れるのはいかがですか?」とご提案したところ、大変喜んでくださって。パティシエがチョコペンを使い、てんてんの写真を見ながら、ケーキ皿の縁にひと皿ずつ手描きで仕上げました。みなさまにサプライズでお配りしたところ、「これって、もしかして?」とすぐに気づいてくださり、お話が弾むきっかけにもなったようです。

  • 「ふたりらしさを取り入れた、和婚人前式。カラフルな紙風船シャワーではゲストも笑顔に」

    挙式は館内チャペルにて、和婚人前式という形で執り行われました。140年以上、特別な時間を過ごす場所として世代を超えて愛されてきた当館だからこそ、和装でのご結婚式を執り行っており、 みなさまにご好評をいただいているスタイルです。ご親族のお子さまにリングピローを運んでもらったり、新婦さまがお父さまと一緒にご入場されたり。お母さまに花嫁支度として末広を胸元に収めていただく「扇の儀」は、中国にはないような母娘の絆を感じられるシーンということで、お母さまも大変喜んでくださいました。当日はかなり緊張されていたおふたりでしたが、「神聖な挙式にしたい」とおっしゃっていたご希望をかなえられたのではないかと思います。
    アフターセレモニーとして選ばれたのは、紙風船シャワーです。ゲストのみなさまにその場で膨らませていただいたのですが、中国のゲストの方々も楽しんでくださっていたようです。みなさまの笑顔がこぼれる、にぎやかな演出となりました。ウエディングツリーに使った桜型のスタンプもそうですが、言葉だけでなく見た目ですぐにわかりやすい演出という、海外ゲストへのご配慮でもありました。

  • 「ふたりがゲストをひとりずつ紹介。オリジナル演出で生まれた、ゲスト同士のあたたかな交流」

    「みなさまへのお披露目」というテーマから、披露宴中におふたりからゲストをおひとりずつご紹介するオリジナル演出も。おふたりの人生にとって大切な方々を、ご自身のお言葉で伝えたいというお気持ちからでした。新婦さまには当日一体どんなことをするのかを、事前に中国のゲストの方にお伝えいただいておりました。特に親御さま用には中国語で進行表をお作りいただいていたので、当日は大変スムーズでした。
    また、当館には当日親御さまのお世話を担当させていただく係がいるのですが、新婦さまがご用意くださったシートを使うなどしてご対応しました。英語で対応可能なスタッフもおりますのでときには英語で会話し、滞りなく進めることができました。

  • 「両親へ贈る誕生米には、赤ちゃん時代の写真を添えて。これまでを思い出し涙する、感動的な場面に」

    さらにおふたりが初回打ち合わせのときから繰り返しおっしゃっていたのが、親御さまへの感謝を伝えたいということでした。ご両親への贈り物ということで、おふたりがご用意されたのが体重米です。生まれたときの体重と同じ重さのお米を抱いていただくことで、誕生時のことを思い出してほしい、と。赤ちゃんを包むおくるみのように梱包されたところに、仕上げとしてあしらわれたのがおふたりの赤ちゃん時代のお写真です。おふたりから渡されると、中国にはないような演出ということもあり、新婦さまのお父さまも涙されるほど喜んでくださいました。
    中国のゲストの方には、和食ではお口に合わない方もいらっしゃるかもしれないと、お料理はフレンチをお選びになりました。お帰り際にわざわざスタッフに「おいしかったよ」とお伝えくださる方もいらして、ゲストのみなさまにもご満足いただけたようで、たいへんうれしかったです。

  • 「訪れたくなる大切な場所が、またひとつ。新婦から届いたうれしいメッセージ」

    当日は言葉の壁を感じないほど、みなさまに楽しくお過ごしいただけたかと思います。ご婚礼後には新婦さまより、わざわざお手紙まで頂戴しました。準備期間から当日まで楽しかったことや、愛犬と一緒にいられるように感じられて安心できたことなどをお伝えいただきました。「日本でまた帰りたくなる場所が増えました」とおっしゃっていただき、とても光栄に思います。当館はレストランとしても営業しておりますので、また京都にいらした際はぜひお越しいただきたいと存じます。

先輩カップルフォトギャラリー

マイナビウエディング限定特典

口コミ・体験談をすべて見る

口コミを投稿する

この会場を見た人はこのエリアも見ています