誰かを想う温かい気持ち(口コミ・体験談) | The Opera(オペラ) ●オー・ド・ヴィーグループ

誰かを想う温かい気持ち
Yさん & Eさん

結婚式会場:The Opera

挙式日:2020年2月9日(日) 挙式スタイル: 人前式 
招待人数: 70名

この先輩カップルをお気に入りに追加

  • 「準備から一緒にゲストとつくる結婚式」

    新婦の仕事は結婚式関係です。大変なこともありますが、それ以上に結婚式には素敵なことがいっぱいあります。両親にも自身が選んだ仕事の魅力を知ってもらいたい、今まで私達に携わってくださった方々に感謝して、その大切な人達を紹介したい…そんな想いで結婚式を挙げることにしました。
    アイテムづくりや飾りつけなどの準備からゲストが関わってくださったので、一緒につくる結婚式ができました。
    演出や物の意味も大切にしたいと考えていました。例えば、再入場の時はゲストのテーブルもお色直しをしようとお花を飾っていきました。ゲストに伝えたい花言葉のお花をチョイスして♪メニューも文字だけで伝えるのではなく、もっとワクワクしてほしいと絵本のようなメニュー表を作成。お皿に込められたエピソードは手書きで紹介しました。
    私達は時と共に深みを増す革が好きです。リングピローの結び目や席札などに革製品を使い『二人の好き』もプラスしました。

  • 「歩んできた道に感謝を込めて誓いを」

    晴れの姿は一番に大切な家族に見てもらいたいと思い、挙式前に家族とのファーストミートをしました。感動的な時間でした。
    バージンロードのサイドに幼い頃の写真を飾り『今』がある感謝を伝えました。
    新郎は両親に感謝の言葉を伝えて3人で入場。
    誓いの言葉はまず兄弟から見た私達をゲストに紹介。その後、新郎姉から新婦に、新婦妹から新郎に託す願いを問いかけてもらうオリジナルの宣誓にしました。
    結婚証明書は新婦妹の手作りです。私達の似顔絵の上にはゲストに彩られたお花が溢れ、とても幸せな気持ちに。

  • 「新婦家族を繋ぐエピソード料理」

    幼い頃に、新婦が好きで残していた赤いウィンナーを父が食べてしまった…そんな家族の思い出がありました。父は覚えてないかも?と話しながら、当日はサプライズでお肉料理に赤いウィンナーを添えて用意。その一皿が運ばれてきた瞬間、父は「あっ!」と驚き、そして大粒の涙が。司会の方が「覚えてますか?」と質問しても、頷くことが精一杯。思い出を共有しながらゲストと一緒に楽しむお料理は笑いあり感動ありの素敵な時間になりました。

先輩カップルフォトギャラリー

マイナビウエディング限定特典

口コミ・体験談をすべて見る

口コミを投稿する

この会場を見た人はこのエリアも見ています